ワーケーション中の顧客対応はどうする?メリットやデメリット、おすすめサービスをまとめて紹介します

目次

「ワーケーション中の顧客対応ってどうしたらいいんだろう…」

と感じている方。

ワーケーションとは、観光地などで休暇を取りながら仕事をする働き方です。旅行を楽しむ時間が増えるため、「仕事にメリハリが生まれる」「新しいアイディアが思い浮かびやすい」などメリットも多いです。

顧客対応は「セキュリティ対策がしっかりしたサービスを導入する」など体制を整えておくことで、滞在先でもいつも通り仕事をすることは可能です。

とはいえ、具体的にどのようなサービスを使えば良いのかは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • ワーケーションとは、観光地など非日常的な場所で仕事をする働き方
  • ワーケーションの導入事例
  • 顧客対応におけるワーケーションのメリット
  • 顧客対応におけるワーケーションのデメリット
  • ワーケーション中の顧客対応におすすめのサービス3つ

を紹介します。

「いきなりワーケーション中にスムーズな顧客対応をするのは難しい」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずはワーケーションについて、ざっくりと理解しましょう!

ワーケーションとは、観光地など非日常的な場所で仕事をする働き方


ワーケーションとは、観光地やリゾート地などオフィス以外の場所で仕事をする働き方です。「仕事(Work)」と「休暇(Vacation)」をかけ合わせた言葉で、旅行や家族と過ごす時間が増えやすくなります。

日本におけるワーケーションは、対象者によって以下の2つに分けられます。

  • フリーランス型:個人事業主など企業に所属していない人
  • 雇用型:企業と雇用関係にある社員

今回は、雇用型について解説しますね。

ワーケーションの目的は、オフィスから離れて長時間労働を防ぐこと

ワーケーションの目的は「長時間労働を防ぎ、プライベートの時間を増やすこと」です。

日本社会は、有給休暇の消化率がそれほど高くありません。自分から仕事に時間を割く人も多く、プライベートとの区別があいまいです。

そこで意図的にオフィスから離れて、仕事と休暇を融合。プライベートの時間を増やすことを目的にスタートしました。

2020年、新型コロナウイルスの影響で日本政府がワーケーションを推奨

ワーケーションは2020年、新型コロナウイルスの影響で特に注目されています。

その理由は、主に以下の2つ。

  • テレワークの導入によって、仕事場の選択肢が増えている
  • 観光業やリゾート地の需要を喚起する

働き方改革の推進、さらに2020年は新型コロナの感染拡大を避けるため、多くの企業がテレワークを導入しました。オフィス以外でも仕事をすることが増え、ワーケーションにも取り組みやすい状態です。

また観光客の減少によって、地方の宿泊施設などは大きな打撃を受けています。再び観光業を盛り上げるために、ワーケーションが提案されているのです。

続いては、実際にワーケーションを導入した企業の事例を紹介しますね。

ワーケーションの導入事例


次はワーケーションの導入事例として、

  • 日本航空株式会社(JAL)
  • 株式会社JTB
  • 沖縄県

の3つを解説します。

事例1:JALがテレワークの一環として導入

JALは2017年、テレワークの一環としてワーケーションを導入しました。

目的は「社員が早朝や夕方以降を自由に過ごし、業務への活力につなげること」です。

期間は7〜8月の2ヶ月間。2017年は34人がワーケーションを実施し、海外で仕事をする社員も存在しました。

出典:JAPAN AIRLINES「JALは、テレワークを推進し、働き方改革を進めます」
http://press.jal.co.jp/ja/release/201707/004350.html

出典:総務省「日本航空株式会社」
https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/telework/furusato-telework/search-case/pdf/29-3.pdf

事例2:JTBがスノーピークの子会社とコラボし、ワーケーションスペーションを提供

株式会社JTBはスノーピークビジネスソリューションズと協業し、法人向けオフィス「CAMPING OFFICE HAWAII」を提供しています。

JTBのホノルル支店内にあるスペースを解放し、社員が休暇でハワイを訪れたときに活用。利用した人からは「オフィスは静かで集中しやすく、業務がはかどりました」と好評です。

出典:株式会社JTB「日本型ワーケーションとは?貴社にふさわしいのはどのタイプ?」
https://www.jtbbwt.com/business/trend/detail/id=1385

事例3:沖縄県が2〜5月の花粉症シーズンにワーケーションを受け入れ

沖縄県名護市など、地方自治体もワーケーションに取り組んでいます。

沖縄県は花粉の量が少ないことを強みに、花粉症に悩む人を対象としたワーケーションを企画。2018年9〜11月にかけて、実証実験に取り組みました。

期間中は市内のウィークリーマンションを滞在先とし、名護市役所が運営する「名護マルチメディア館」の一室も仕事場として解放しています。

沖縄県は滞留人口の増加や空き施設の活用などを期待しましたが、参加者からは「交通手段が少なく、移動に時間がかかる」「オープンスペースでWeb会議などは難しい」という声も。

まだまだ改善点はありますが、花粉症シーズンのワーケーション受け入れは大きな需要があるはずです。

顧客対応におけるワーケーションのメリット


続いては、ワーケーションのメリットとして、

  • 仕事にメリハリが生まれる
  • 新たなアイディアが思い浮かびやすい
  • 滞在先は自社と同じ環境で働ける

の3つを解説しますね。

メリット1:社員は有給休暇を取りやすくなり、仕事にメリハリが生まれる

ワーケーションはリゾート地などが仕事場となるため、以前よりも休暇をしっかりと楽しむことが可能です。

休暇を思いっきり楽しむことで、精神的にゆとりが生まれることも。仕事にも集中しやすくなり、メリハリが生まれます。

メリット2:非日常の空間で仕事をするため、新たなアイディアが思い浮かびやすい

ワーケーションは観光地やリゾート地などが仕事場となります。非日常な空間が刺激となり、新たなアイディアが浮かびやすくなることも少なくありません。

その結果、顧客に対してより良い提案ができ、事業やプロジェクトの成功に近付く可能性もあります。

メリット3:宿泊施設は設備が整っているので、自社と同じ環境で働ける

観光地の宿泊施設には、Wi-Fiやデスクなど仕事環境が整っていることも多いです。

また地方自治体がワーケーションの受け入れに取り組んでいる場合、オフィスの代わりとしてコワーキングスペースなどを用意していることも。

先ほどの事例でも、沖縄県は「名護マルチメディア館」を解放していました。

自分で仕事環境を整える必要がなく、到着してすぐに仕事をスタートすることも可能です。

顧客対応におけるワーケーションのデメリット


次は、顧客対応におけるワーケーションのデメリットや課題として、

  • 顧客対応に手間がかかる
  • 情報の取り扱いに注意する必要がある
  • コミュニケーションツールなどの導入コストが発生する

の3つを解説しますね。

デメリット1:担当者が不在となることが増え、顧客対応に手間がかかる

ワーケーション中は、オフィスに出勤する必要がありません。担当者不在がゆえに急な顧客対応が難しくなり、電話など取り次ぎの手間が発生します。

ワーケーションの導入前に、スムーズに顧客対応できる体制を整える必要があります。

デメリット2:顧客情報や資料など、情報の取り扱いや管理に注意する必要がある

ワーケーション中は顧客情報や資料など、社外でチェックすることが多くなるかと思います。情報漏えいのリスクが高まるため、厳重に管理することが欠かせません。

資料にパスワードを付けるなど、セキュリティ対策に力を入れましょう。

デメリット3:新たなツールの導入費用が発生する

ワーケーションは社外や社内の人と離れて仕事をするため、コミュニケーションを取る回数が増えます。スムーズに仕事をするには新たなツールを導入するのがおすすめですが、費用が発生します。

例えば、

  • 連絡が取りやすいように仕事用スマホを支給する
  • 情報漏えいのリスクを下げるために有料のメッセージツールを使用する
  • データ共有ができるサービスに登録する

などです。

企業の負担が増えるため、数あるサービスの中からコスパの良いものを選びましょう。

またワーケーション中の顧客対応には、メッセージや情報共有などさまざまな機能が付いたサービスがおすすめです。

次で詳しくお伝えしますね。

ワーケーション中の顧客対応におすすめのサービス3つ


ここからは、ワーケーション中の顧客対応におすすめのサービスとして、

  • kintone
  • Tayori
  • カイクラ

の3つを紹介します。

おすすめ1:サイボウズ株式会社「kintone」

kintoneは、コミュニケーションツールやデータを一元管理できるサービスです。

  • これまでの導入実績は1万社以上にものぼる
  • サービス内で新たなシステムを構築でき、ワーケーションに最適な方法を考案できる
  • 社員のタスクや担当をブラウザ上で確認できてわかりやすい

ひとつのサービス内でやり取りを完結したい企業におすすめです。

おすすめ2:株式会社PR TIMES「Tayori」

Tayoriは、カスタマーサポートを円滑にすることを目的としたツールです。

  • お問い合わせやFAQのフォームを簡単に作成できる
  • お問い合わせの回答状況を「未回答」など設定でき、過去のやり取りも確認できる
  • パスワードによる閲覧制限ができ、情報漏えいのリスクが少ない

カスタマーサポートの部署を持つ企業におすすめです。

おすすめ3:株式会社シンカ「カイクラ」

カイクラは、顧客情報や対応履歴などを一元管理できるサービスです。

  • 通話は録音できるうえに、クラウド上で常に最新の対応履歴を共有できる
  • すべてブラウザ上で利用できるので、アプリのダウンロードは必要ない
  • 「カイクラFaceTalk」によって、簡単にビデオ通話をスタートできる

ワーケーション中もスムーズな電話対応を心がけたい企業におすすめです。

詳しくは、導入事例を参考にしてみてください。

ワーケーション中の顧客対応はクラウドで管理できるツールを使うとスムーズ

今回は、ワーケーション中の顧客対応について解説しました。

おさらいすると、ワーケーション先での顧客対応は以下のメリットがあります。

  • 仕事にメリハリが生まれる
  • 新たなアイディアが思い浮かびやすい
  • 滞在先は自社と同じ環境で働ける

ワーケーション中の顧客対応におすすめのサービスとして、以下の3つを紹介しました。

  • kintone
  • Tayori
  • カイクラ

今回紹介したサービスを参考にしながら、ワーケーション先でもより良い顧客対応を目指しましょう。

またワーケーション中の顧客対応は、コミュニケーションツールにこだわるのもおすすめです。

詳しくは「変化している社外コミュニケーション。顧客・見込み客とのやり取りでおすすめの方法を紹介します」をご一読ください。

リモートワーク時代の顧客対応のあり方を変える!顧客接点クラウド「カイクラ」

関連記事

  1. 【徹底解説】顧客管理とは?顧客に今必要な情報を届ける今時のCRMとオス…

  2. 顧客とのコミュニケーション強化で売上アップを。ポイントやおすすめツール…

  3. クラウドPBXとは?特徴や従来のPBXとの違い、テレワークでの顧客対応…

  4. 電話対応歴をFAQチャットボット化して顧客対応を効率化!導入のポイント…

  5. 新型コロナで地方出張ができない企業が導入したい、おすすめオンライン商談…

  6. 変化している社外コミュニケーション。顧客・見込み客とのやり取りでおすす…

リモートワークにおける固定電話活用調査2020 詳しくはこちら
顧客を逃さず、売上UP「SMS活用法」とは?/SMSマーケティングの基本5か条をDL
通話録音クラウドの導入で業務効率UP!ビジネスを加速!詳しくはこちら

最近の記事

オススメの記事

  1. ニュース・業界動向

  2. テレワーク

  3. テレワーク

×
PAGE TOP