iPhoneで通話録音する方法6つを一挙紹介!録音の可否も検証済み!

iPhoneには通話録音機能が搭載されていません。そのため「iPhoneで通話録音をする方法が知りたい」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

iPhoneで通話録音できる方法はあります。しかし、一部の方法は録音が難しい場合もあるため、確実に通話録音できる方法を押さえておくことが大切です。

そこでこの記事では、iPhoneで通話録音ができる方法を紹介します。

通話録音アプリをダウンロードして、本当に録音できるかを検証した結果も紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

なお、ビジネスでの通話録音の場合はコミュニケーションプラットフォームの『カイクラ』がおすすめです。

カイクラの通話録音機能は固定電話とスマホで利用でき、発信も着信も自動で録音されるので、録音を忘れて重要な内容を失念することはありません

カイクラの通話録音機能を詳しく知りたい方は、ぜひ以下よりご確認ください。

\業務効率化と顧客満足度アップを実現!/
カイクラがよくわかる資料はこちら
▲たった4つの回答で無料ダウンロード可能

目次

iPhoneで通話録音する方法はある?


iPhoneでは、標準機能として通話録音が搭載されていません。

これは技術的にできないのではなく、iPhoneを設計開発している米Apple社の本拠地であるアメリカでは、一部の州で同意のない通話録音が法律で禁じられているからです。

そのためiPhoneで通話録音をしたい場合は、通話録音アプリや外部機器の使用が必須です。

とはいえ「どんなアプリや外部機器を使ったらいいかわからない」という人もいるのではないでしょうか。

ここからは、iPhoneで通話録音をする6つの方法を詳しく紹介していきます。

iPhoneで通話録音する方法6つ


通話録音機能が標準搭載ではないiPhoneですが、通話を録音する方法はあります。

なお「1.標準機能のボイスメモを使用する」「2.画面収録機能を活用する」は手軽な方法ですが、制限もあります。

確実な方法から知りたい方は、スキップしてご一読ください。それでは詳しくみてみましょう。

【方法1】標準機能の「ボイスメモ」を使用する

まずは、iPhone端末のボイスメモで通話録音をする方法です。

ボイスメモを使用する場合は、通話中にアプリを起動して録画ボタンをタップするだけで録音できます。

▲ボイスメモアプリによる録音

ただし、ボイスメモアプリは通話を録音する目的で設計されていません。

ボイスレコーダー(ICレコーダー)の機能に近く、iPhone端末のマイクに入力される自身の声は拾いますが、通話相手の声は録音できません

その点で通話録音の手段として十分とは言えないでしょう。

また、iPhone端末のバージョンによっては、ボイスメモアプリで通話中の録音ができないケースもあります。

通話録音の際に以下のような表示が出たり、アプリが強制終了したりするアクシデントも起きやすいです。

▲通話中の録音ができない

なお、以下の記事でiPhoneのボイスメモにできることを解説していますので、詳しく知りたい方はぜひご一読ください。

あわせて読みたい
iPhoneのボイスメモで通話録音できる?手順をやさしく解説 顧客との連絡にiPhoneを利用していて、通話を録音して保存・管理したいと考えたことはありませんか? Android端末には、通話を録音するためのアプリが最初から備わって...

【方法2】画面収録機能を活用する

もうひとつの標準機能であるiPhoneの画面収録も、通話録音に活用することが可能です。

通話中のiPhoneの画面を音声付き動画として記録します。

▲画面収録機能による録画画面

ただし、画面収録機能で活用できるのはLINE通話などインターネット回線を使用した通話に限られ、通常の通話は録音できません。

このことから、画面収録機能は限定的な通話録音方法と言えるでしょう。

【方法3】ボイスレコーダー(ICレコーダー)を活用する

iPhoneの標準機能に頼らない方法として、外部デバイスのボイスレコーダー(ICレコーダー)で通話を録音する方法があります。

ボイスレコーダーの場合、通話をスピーカーフォンにしたり、イヤホン型のマイクを装着したりすることで双方の音声を拾って記録できるので、iPhoneの標準機能に左右されることなく通話録音ができます

しかしボイスレコーダーを使用する場合は、機器の購入費用がかかります。

また、電話以外の雑音も拾いやすいため、通話録音に特化した製品やクリアな音質を維持できる製品から探すとよいでしょう。

【方法4】携帯キャリアの通話録音サービスを取り入れる

携帯キャリアの通話録音サービスを利用することもひとつの方法です。

ドコモやソフトバンクなどの携帯キャリアでは、契約の電話番号における受発信通話を録音し、サーバー保存ができるサービスを展開しています。

また、端末がAndroidでもiPhoneでも関係なく録音が可能です。いざというときに「iPhoneだから録音できない」という事態に陥らない確実な方法と言えるでしょう。

ただし通話録音サービスを利用するには別途申込が必要となり、利用料が発生します。

更に携帯キャリアによって費用感や機能性が異なるので、利用する前に費用やできることを把握しておくことが大切です。

なお、携帯キャリア別の通話録音方法を解説したこちらの記事もぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
社用携帯を録音する重要性とは?その効率的な方法も紹介 「社用携帯を録音したいけど、よい方法は?」 「携帯電話の通話を管理したい」 社用携帯の通話録音は、聞き間違いの防止や重要な会話の保存ができるので、「言った言わ...

【方法5】通話録音アプリをインストールする

App Storeで配信されているiPhone向けの通話録音アプリを導入すると、比較的簡単に通話録音ができます。

ただし、iOSのバージョンによっては作動しないアプリやエラーが出るアプリ、作動するものの録音できないアプリもあります。

また種類も控えめで、有料なのに録音できないアプリも少なくありません。

アプリをインストールする際には、口コミやレビューのチェックはもちろんですが、トライアルなどで実際に使用してみることも大切です。

作動しなかったりエラーが出てしまったりすることもあるため、通話録音アプリとして使えるか判断しやすくなります。

【方法6】通話録音ができる外部システムを導入する

簡単かつ確実に通話を録音するには、外部システムを導入することも良策です。

電話システムを一例にすると、iPhoneやAndroidに関係なく携帯の通話録音機能がついているサービスがあります。

特にiPhoneを社用携帯として使用している場合は、社員の通話管理にも役立ちます。

通話録音のデータは「いつ誰と何をどのように話したか」という記録として、トラブル対応などの際に証拠になるからです。

後で「録音できていない」という失敗を防ぐためにも、通話録音を確実に行うことが必須になってきます。

コミュニケーションプラットフォーム「カイクラ」は、電話の受発信が自動で録音されるので録音ボタンの押し忘れミスが起きません。

どのような状況でも確実に録音・管理することを優先するなら、「カイクラ」の導入が役立ちます。

通話録音ができるシステムを知りたい方は、ぜひこちらから詳細をご覧ください。

\電話業務の悩みを携帯通話録音で解決!/
カイクラの詳細を見る
▲お使いの携帯番号のまま使える!

ここまで、iPhoneの通話録音の方法を解説しました。

iPhoneの標準機能を活用すると録音に機能に制限があったり、エラーが出たりして録音できないこともあります。

しかし携帯キャリアの録音サービスはコストがかかるため、手頃なアプリで簡単に通話録音をしたい方もいるでしょう。

そのような方のために、次におすすめの通話録音アプリを紹介します。

検証!iPhoneの通話録音アプリ9つの中で録音できたアプリは?


今回検証したアプリは「通話録音」で検索して出てきた上位9アプリです。

なおアプリでの通話録音は、どのアプリも共通で以下の流れでした。

グループ通話は、アプリから転送電話に発信すると出てきます。

今回9アプリを調査しましたが、以下の理由で録音できないアプリが6つありました。

▼録音できなかった理由

  • グループ通話が押せず「追加」になり、通話録音が始まらない
  • グループ通話は推せるが、録音データがアプリに残っていない

9アプリのうち、録音できたアプリは以下の3つです。

アプリ名 特徴・料金
1.TapeACall
  • 2.4点獲得
  • 3つの中で無料お試し期間が長く料金も安い
2.iPhone用の通話録音とボイスレコーダー
  • 4.3点獲得
  • 音質が良い
3.コールレコーダーiCall
  • 4.0点獲得
  • 録音方法の説明動画がわかりやすい

ここからは、実際に通話録音ができた3つのアプリを紹介します。

【アプリ1】TapeACall

出典:TapeACall

「TapeACall」の特徴は、お手頃な価格で通話録音ができることです。

他の2アプリに比べ若干の音質の悪さはありますが、何より安いので「通話録音アプリってどんなものか試してみたい」という人におすすめです。

アプリ名 TapeACall
レビュー 2.4★
最終更新 2023年12月
無料 ○(7日間・その後自動で有料に移行)
有料
1ヶ月 450円〜
1年間 3,400円〜

【アプリ2】iPhone用の通話録音とボイスレコーダー

出典:iPhone用の通話録音とボイスレコーダー

「iPhone用の通話録音とボイスレコーダー」の特徴は、録音や編集などを管理できることです。

発信・着信の通話録音はもちろん、バックグラウンド再生や文字起こしもできます

シンプルなUIで初心者でも操作しやすいです。

アプリ名 iPhone用の通話録音とボイスレコーダー
レビュー 4.3★
最終更新 2023年12月
無料 ○(7日間・その後自動で有料に移行)
有料
1週間 650円〜
1ヶ月 1,080円〜
1年間 6,400円〜

【アプリ3】コールレコーダーiCall

出典:コールレコーダーiCall

「コールレコーダーiCall」の特徴は、使いやすさです。

アプリでの通話録音は「通話中にアプリから発信→グループ通話に参加」という方法なので、慣れるまではわかりにくいと感じる人がいるかと思います。

コールレコーダーiCallは、アプリ起動時に通話録音の解説動画が流れるのですが、とてもわかりやすかったです。

UIもシンプルなので、アプリでの通話録音に慣れていない人におすすめです。

アプリ名 コールレコーダーiCall
レビュー 4★
最終更新 2023年12月
無料 ○(3日間・その後自動に有料に移行)
有料
1週間 680円〜
1ヶ月 1,000円〜
1年間 5,300円〜

iPhoneの通話録音ができる外部サービス4選


iPhone向けの通話録音アプリを紹介しましたが、アプリ以外にも通話録音ができる外部サービスがあります。

外部サービスなら、端末の種別やバージョンに関係なく通話録音が可能です。

どのサービスも機能がそれぞれ異なりますが、視覚的な操作性と機能性を重視するなら「カイクラ」がおすすめです。ぜひ参考にしてください。

【サービス1】株式会社シンカ「カイクラ」

コミュニケーションプラットフォーム「カイクラ」は、法人における電話業務にまつわるトラブルの回避や対応品質の改善を実現できるツールです。

固定電話はもちろん、iPhoneでも利用できます。

カイクラの特徴は、以下のとおりです。

  • 固定電話とスマホと固定電話で通話を自動録音できる
  • クラウド管理なので外出先でも音声データを確認できる
  • 対応履歴や通話履歴などの顧客データをクラウドで一元管理できる

アプリやボイスレコーダーでは、通話録音の前にアプリを起動したり機器を用意したりする手間が必要ですが、カイクラは発信も着信も自動で録音してくれます

「うっかり録音を忘れてしまった」という事態にならないうえ、AIによる自動テキスト化もできるので音声でも文字でも内容を確認可能です。

利用すればするほどAIが学習し精度が上がるため、要点がわかりやすくなります。

通話録音機能の詳細は、以下よりご確認ください。

\電話業務の悩みを携帯通話録音で解決!/
カイクラの詳細を見る
▲お使いの携帯番号のまま使える!

ツール名 カイクラ
特徴
  • 固定電話とスマホで通話を自動録音できる
  • クラウド管理なので外出先でも音声データを確認できる
  • 対応履歴や通話履歴などの顧客データをクラウドで一元管理できる
  • 通話録音データをテキスト化・AI要約ができる
料金
  • 初期費用:5,000円~
  • 月額費用:5,500円~(5台分、以降1台ごとに500円)

※別途、キャリア会社へのお支払い

【サービス2】 株式会社RevComm「MiiTel」


出典元:MiiTel

「MiiTel」は、インターネット通話ができるクラウド型のIP電話システムで、通話録音機能があります。

また通話音声の解析や目的にあわせた分析機能があり、コールセンターなどの電話業務の効率化が可能です。

MiiTelを契約すれば、スマートフォンへの電話転送や通話録音もできます。

アプリ「MiiTel Phone Mobile」をiPhoneにインストールすることで、会社の電話同様に外出先でも通話が録音されます。

サービス導入が必須ですが検討する価値はあるでしょう。

ツール名 MiiTel​​
特徴
  • 全ての電話内容を自動で録音できる
  • URLのコピペで簡単に共有できる
  • 2倍速再生で効率的に確認できる
料金
  • 初期費用:0円〜
  • 月額料金:5,980円/ ID〜

※別途、キャリア会社へのお支払い

【サービス3】 株式会社ギークフィード「YouWire」


出典元:YouWire

「YouWire」は組織向けに開発された通話録音システムで、固定電話やスマートフォンの通話録音が可能です。

自動録音はどの電話でも標準機能となっており、スマートフォンの場合携帯キャリアに関係なく簡単に通話を記録できます。

またYouWireには、対面での会話を録音するICレコーダー機能もあります。録音データを保存するサーバーは、クラウド型かオンプレミスから選択が可能です。

ツール名 YouWire
特徴
  • 全ての電話内容を自動録音できる
  • マルチキャリアの録音ができる
  • 大規模な設備投資なしで導入できる
料金
  • 要問い合わせ〜

【サービス4】株式会社プロディライト「INNOVERA」


出典元:INNOVERA

「INNOVERA」はクラウド型の電話システムで、全通話対象の録音機能がついています。

会社の電話を携帯電話やパソコンで送受信ができ、遠隔のコールセンター業務や出先での電話対応にも役立ちます。

通話は全て自動で録音。データはクラウド型サーバーに6か月間保管されますが、標準装備のため追加料金は発生しません

iPhoneからは「INNOVA App」をインストールすることで手軽に発着信と録音が可能です。

ツール名 INNOVERA​​
特徴
  • 全ての電話内容を自動で録音できる
  • スマホやPCから市外局番を発着信できる
  • 自動応答(IVR)・通話のテキスト化ができる
料金 要問い合わせ

また、以下の記事でiPhoneとAndroidの通話録音、法人向けサービスをまとめているので、複数のサービスを比較したい方はぜひご一読ください。

あわせて読みたい
iPhoneを通話録音して業務効率化!おすすめサービス・アプリ15選を紹介 本記事では、AndroidやiPhoneで通話録音をする方法を紹介します。また、仕事上の電話を録音しておきたい人向けのサービスも紹介しているので、ぜひご覧ください。

iPhoneで通話録音が必要なシーン3つ


iPhoneで通話録音する方法を、ケース別に紹介します。

特に非通知表示の電話がかかってきたときは身構えてしまいますが、通話録音ができれば何かあった時でも証拠として残せるので安心です。

具体的な方法をみてみましょう。

【シーン1】仕事の電話を通話録音する

ビジネスの電話を通話録音したい場合は、個人で対応するのではなく企業全体で通話録音システムを導入するのがおすすめです。

法人向け通話録音システムの場合は従業員全員が利用できるうえ、通話録音以外にも便利な機能が数多く搭載されています。

たとえば、コミュニケーションプラットフォーム「カイクラ」では、スマホの通話録音を自動でおこなうため聞き漏らしの心配はいりません。

「言った・言わない」のトラブル防止につながり、効率的に業務を進められます。

電話業務の効率化に課題を感じている方は、以下より詳細をご確認ください。

\電話業務の悩みを携帯通話録音で解決!/
カイクラの詳細を見る
▲お使いの携帯番号のまま使える!

【シーン2】友人や家族との電話を通話録音する

友人や家族などプライベートの電話で通話録音したい場合は、アプリを利用するかスピーカーで出力してICレコーダーで保存するなどの方法があります。

ICレコーダーにも複数の種類があり、なかにはiPhoneとBluetoothで接続してレコーダー本体で通話できる製品もあります。

ICレコーダーを購入しなければいけませんが、確実で手軽な録音方法です。

また、SNSのLINEを利用して通話する場合は、画面録画でも対応できます。

電話をかける場合でもかかってきた場合でも、すぐに対応できる点がうれしいポイントです。

【シーン3】不審な電話を通話録音する

非通知番号の不審な電話がかかってきた場合は、万が一のために通話内容を録音しておきたいと考える人もいます。

アプリやボイスレコーダー(ICレコーダー)を使用して録音する必要があり、基本的にはケース2と変わりません。

ただし、不審な電話は突然かかってくるものなので、とっさに録音する必要があります。

ボイスレコーダーが手元になければ持ってくる必要があるため、瞬間的に用意する場合はアプリがおすすめです。

ここまでiPhoneの通話録音の方法を詳しくみてきました。「とはいえ、通話録音って問題ないの?」と感じる方もいるのではないでしょうか。

ここからは、通話録音するときの注意点について紹介します。

iPhoneで通話を録音するときの注意点3つ


iPhoneで通話録音するときの注意点を3つ紹介します。法律に触れる項目もあるので、ぜひチェックしてください。

【注意点1】相手の許可を得てから録音をする

通話録音自体は違法ではありません。

しかし、相手の許可を得ない録音は「勝手に録音された」など企業の倫理観が問われる事態になる恐れもあります

企業間や顧客とのトラブルを避けることにもつながるので、必ず相手の許可を得てから録音をするようにしましょう。

【注意点2】録音データの管理を徹底する

通話録音は、相手の個人情報や企業の機密情報につながるデータです。

そのため、録音データの漏えいは個人情報の漏えいを意味し、万が一録音データが流出した場合は企業の信頼損失を招く恐れもあります。

情報漏えいに伴うトラブルを防ぐためにも、録音データの管理方法を検討し厳重に管理しましょう。

▼管理方法例

  • スタッフに情報管理の研修を行う
  • データ管理において責任者を設ける など

【注意点3】通話録音が違法な国もある

日本では、通話録音自体は違法ではありません。しかし国によっては、通話録音が違法になる国もあります。

▼違法になる国の一例

  • ドイツ
  • アイルランド
  • 英国
  • アメリカ(一部州)

参考:Hub Spot

国や州によって法律が違うため、電話相手が海外にいる場合は必ず事前に法律を確認の上、通話録音を行いましょう。

ここまでは通話録音に関する注意点を紹介しましたが、「そもそも通話録って相手にわかるの?」と気になる方もいるのではないでしょうか。

次の章では、通話録音によくあるQ&Aを取り上げます。

気になる!通話録音に関するQ&A5つ

シンカにお問い合わせいただいたなかで、通話録音のよくある質問とその回答を紹介します。

これらを参考に、通話録音を実施する際は正しい知識を持って取り組みましょう。それではひとつずつ紹介します。

【Q1】通話録音していることは相手にわかりますか?

通話録音の実施は通話相手にわかる場合とわからない場合があります。わかるのは録音することを案内する仕組みのサービスが多い、以下の方法です。

  • 通話録音サービス
  • 電話システム

本来、通話録音の実施は、相手に告げない限り気づかれることはほとんどありません。

しかし注意すべきなのは、通話内容が相手の個人情報に該当する場合があることです。そのため、通話録音データを相手の許可なく利用することは避けましょう。

通話録音が相手に気づかれるかは、詳しく解説した以下の記事もご確認ください。

あわせて読みたい
通話録音すると相手にわかる?わかる方法とわからない方法を解説 メモ代わりや、万が一通話相手とトラブルになったときの証拠としても利用できる通話録音。 しかし、顧客からのクレーム対応やトラブル防止のために録音したいと思ったと...

【Q2】通話録音は違法ですか?

通話録音自体は違法ではありません。

しかし、稀に通話録音によって問題が起きることもあるため、個人情報を含む通話録音データの扱いには細心の注意を払いましょう

録音データに個人情報が含まれる場合、企業としてのコンプライアンスが問われる事態にならないためにも、通話時に告げることが重要になってきます。

以下の記事では、個人情報保護法に基づく録音データの扱いを詳しく解説しているため、適切な録音方法を知りたい方はあわせてご参照ください。

あわせて読みたい
通話録音は法律上問題ない?録音時の注意点も解説 「通話を録音したいけど法律的に問題はない?」 「通話録音のデータはトラブル対応時の証拠になる?」 と考えたことはありませんか? 「通話録音」という行為自体は、法...

【Q3】通話相手の声だけを録音できますか?

iPhoneの場合、通話相手の音声のみを録音する方法はありません。

端末環境にもよりますが、自分の声のみを録音するならiPhoneのボイスメモが活用可能です。

ちなみに通話録音アプリは、自分の声も含めた通話録音ができます。

ただし第三事業者(サードパーティ)が提供しているため、iPhoneとの相性がよくない場合もあります。

アプリの有効性を知るには、実際に試してみるのがおすすめです。

以下の記事では、通話を確実に録音する外部システムを紹介しているので、通話録音方法を模索している方はあわせてご一読ください。

あわせて読みたい
iPhoneで相手の声だけを通話録音できない!別の録音方法を紹介 「iPhoneで相手の声だけ通話録音する方法はあるの?」 「通話を録音してあとで内容を確認したい」 このようにお考えではありませんか。 結論を言うと、iPhoneで相手の声...

【Q4】iPhoneで通話録音ができないのはなぜですか?

iPhoneを開発しているApple社があるカリフォルニア州では、すべての当事者の同意を得ない通話録音は法律で禁止されています。

そのため、iPhoneにも通話録音が標準機能として搭載されていないと言われています。

訴訟大国のアメリカならではとも言えますが、個人のプライバシー保護を重要視してこの措置が採られています。

参考:California LEGISLATIVE INFORMATION

【Q5】社用携帯で通話録音をするメリットってなんですか?

社用携帯の録音は、企業と社員双方にメリットがあります。

企業のメリットは以下です。

▼企業のメリット

  • 社員の利用状況から、労働状況の実態を確認しやすい
  • 通話内容から、利用明細書ではわからない電話の目的を正確に把握できる
  • 問題発生時(法令遵守)に録音データがあると対処しやすい

携帯電話の利用明細書からは電話番号と通話時間しか確認できませんが、録音しておけば通話内容も把握できます。

そのため、社員に社用携帯の利用に注意を促す際や、コンプライアンス強化のためにも役立ちます。

一方、社員のメリットは以下のとおりです。

▼社員のメリット

  • 騒々しい場所ですべて聞き取れない電話でも、後から確認できる
  • 重要な会話を聞き逃さず、機会損失を防止する
  • 言った言わないのトラブルが起きたときの証拠になる
  • 自身への業務メモになる
  • 伝達が必要な場合、相手への伝言メモになる

当たり前ですが、社用携帯にはメリットだけでなくデメリットもあります。

社用携帯のデメリットについて詳しく知りたい方は、ぜひ以下もあわせてご覧ください。

あわせて読みたい
社用携帯を録音する重要性とは?その効率的な方法も紹介 「社用携帯を録音したいけど、よい方法は?」 「携帯電話の通話を管理したい」 社用携帯の通話録音は、聞き間違いの防止や重要な会話の保存ができるので、「言った言わ...

まとめ:iPhoneでの通話録音方法はさまざまだが、企業はシステム化がおすすめ

iPhoneは標準機能で通話録音ができないため、アプリかボイスレコーダーを使用する方法が無難です。

また、通話録音アプリや携帯キャリアの録音サービスもあわせて検討しましょう。

一方で社用携帯やビジネスユースの通話録音を検討している方は、固定電話と携帯電話を一元的に管理できる通話録音システムを導入するのがおすすめ。

通話と同時に自動で録音が開始するシステムなら、録音し忘れる心配も無用です。

コミュニケーションプラットフォーム「カイクラ」は、iPhoneの自動録音が可能なので、スイッチの押し忘れはありません。

さらに顧客への対応履歴や通話履歴も把握できるため、取引状況をすばやく確認できます。

電話業務のトラブル防止や顧客対応の円滑化にもつながるため、顧客満足度の向上が期待できます。カイクラの詳細は、以下よりご確認ください。

\電話業務の悩みを携帯通話録音で解決!/
カイクラの詳細を見る
▲お使いの携帯番号のまま使える!

通話録音機能の活用でクレーム数を激減!

カイクラを導入すれば、電話業務の効率化から顧客対応の品質改善まで一気通貫で行えます。

  • 通話の自動録音
  • 通話内容の自動文字起こし
  • 顧客情報の管理
  • 顧客対応内容の可視化
  • SMSのリマインド送信

これらを、電話番号を変えずに固定電話でも社用携帯でも実現できるのは「カイクラ」だけ!

カイクラを使えば、自動で通話録音ができます。クレーム対策や営業のトーク改善にご活用いただけます。

「カイクラ」の通話録音機能の詳細を見る

この記事を書いた人

カイクラ編集部です。カイクラ.magは、株式会社シンカが運営するオウンドメディアです。 「音声を記録し、会話を企業価値に」をモットーに、「会話」に関する様々なテクノロジーや最新情報、企業の業務効率化や社内コミュニケーションの活性化事例など、すべての企業にとってお役に立てる情報を幅広く発信します。

目次