【2024年】iPhoneで通話録音ができる無料アプリ3選!方法も紹介

「iPhoneで通話録音したいけど、方法がわからない」そう考えていませんか?

iPhoneのデフォルト機能では、通話録音できない仕様となっています。そのため通話録音するためには、ほかの手段を使うしかありません。

そこで本記事では、無料でiPhoneの通話録音ができる方法について紹介します。実際にiPhoneを使って通話録音できるかを検証していますので、ぜひ参考にしてください。

なお、ビジネスで通話録音したい場合には「カイクラの通話録音機能」サービスがおすすめです。

スマホと固定電話で通話録音ができ、自動テキスト化やAIによる要約も可能です。自動で録音してくれるため、録音漏れや聞き洩らしの心配もありません。

ビジネスでの通話録音をお考えの方は、お気軽に下記よりカイクラの詳細をご確認ください。

\電話業務の悩みを携帯通話録音で解決!/
カイクラの詳細を見る
▲お使いの携帯番号のまま使える!

目次

iPhoneで通話録音はできるの?

iPhoneには通話録音機能が標準搭載されていないので、アプリやシステムを利用しないと通話録音はできません。

これは、iPhoneを開発しているApple社があるカリフォルニア州では、すべての当事者の同意を得ない通話録音は法律で禁止されているためです。

そのため、iPhoneで通話録音をしたい場合は、通話録音できるアプリを使うしかありません。

ただ、本当にデフォルト機能では録音ができないのでしょうか?

次の章では、実際にiPhoneで検証した結果を紹介します。

iPhoneで通話録音できるか試した方法3つ

本当にiPhoneでは通話録音ができないのか確認するために、下記の3つの方法で検証しました。

  1. ボイスメモ
  2. 画面収録機能
  3. 通話録音アプリ

通話録音アプリについては、無料で使えるかどうかについても紹介しますのでぜひご確認ください。

それぞれ詳しく解説します。

【方法1】ボイスメモ

まずは、iPhoneに搭載されているボイスメモで通話録音できるかを検証しました。

ボイスメモは、通話中にアプリを起動して録音ボタンをタップすることで録音が開始されます。

▲ボイスメモアプリによる録音

ただし、ボイスメモアプリは通話録音をする目的で作られていません。

iPhone端末のマイクに入力される自分の声は拾われて録音できますが、通話相手の声は録音できない仕様になっています。

そのため、通話録音機能としては使えません

また、iPhone端末のバージョンによっては、通話中にボイスメモを起動しようとすると下記の表示が出て、録音ができないケースもあります。

▲通話中の録音ができない

電話が終わった直後に、記憶している通話内容をボイスメモで残すことは可能です。

ボイスメモを活用して通話内容を記録しておきたい場合には、記憶が新しいうちにボイスメモとして残しておくようにしましょう。

【方法2】画面収録機能

もうひとつiPhoneの標準機能である画面収録でも、通話録音ができるかどうか検証しました。

通話中のiPhoneの画面を、音声付き動画として記録する方法です。

▲画面収録機能による録画画面

画面収録機能を使う方法では、通話録音ができませんでした。

またLINE通話などインターネット回線を使用した通話でも、録音できません。

LINE通話の録音については、下記の記事でも検証を交え詳しく紹介しています。

LINE通話の通話録音についても知りたい方は、下記よりご確認ください。

あわせて読みたい
LINEで通話録音する方法をデバイス別に紹介!録音の違法性も解説 「LINEの電話をするとき、通話を録音できないかな……」 と思うことはありませんか? とくにスマホで利用することが多いLINE通話では「会話した内容を録音してメモ代わり...

【方法3】通話録音アプリ

iPhoneで通話録音する方法として、通話録音アプリの導入があります。

通話録音アプリは、無料のものから有料のものまであり「どれを使ったらいいのか」と迷う方もいるのではないでしょうか。

「ダウンロードしたけど録音ができなかった」という口コミも多くあり「本当に録音できるのか?」など疑問を抱くアプリも見かけます。

そこで実際に通話録音アプリを使って録音できるかどうかを、無料期間があるものに限定して検証しました。

検証結果については、次の章で紹介します。

検証してわかったiPhoneで通話録音できる無料アプリ3選

実際に、iPhoneを使って通話録音アプリを検証しました。

今回検証したのは、下記の3つです。

  1. TapeACall
  2. iPhone用の通話録音とボイスレコーダー
  3. コールレコーダーiCall

それぞれ、実際に録音できたかどうかの検証結果も一緒に紹介します。

1.TapeACall

出典:TapeACall

アプリ名 TapeACall
レビュー 2.4★
最終更新 2023年12月
無料 ○(7日間・その後自動で有料に移行)
有料
1ヶ月 450円〜
1年間 3,400円〜

「TapeACall」を確認したところ、実際に通話録音が可能でした。7日間のお試し期間は無料で利用できます。

ただし、7日間の期限内に解約しないと自動的に課金されるので、必要がない場合は期限前に解約をしましょう。

TapeACallは他の2つより無料で使える日数が長いので、使い勝手をしっかりと試したい人におすすめです。

2.iPhone用の通話録音とボイスレコーダー

アプリ名 iPhone用の通話録音とボイスレコーダー
レビュー 4.3★
最終更新 2023年12月
無料 ○ (3日間・その後自動に有料に移行)
有料
1週間 650円〜
1ヶ月 1,080円〜
1年間 6,400円〜

「iPhone用の通話録音とボイスレコーダー」も確認したところ、実際に通話録音が可能でした。

3日間のお試し期間は無料で利用できます。

ただし、こちらも3日間の期限内に解約しないと、自動的に課金されるので継続しない場合には、期限前の解約を忘れないようにしましょう。

「iPhone用の通話録音とボイスレコーダー」は発信・着信の通話録音はもちろん、バックグラウンド再生や文字起こしもできます。

シンプルなUIで操作しやすいので、初心者の方や文字起こしが必要な人におすすめです。

3.コールレコーダーiCall

アプリ名 コールレコーダーiCall
レビュー 4★
最終更新 2023年12月
無料 ○ (3日間・その後自動に有料に移行)
有料
1週間 680円〜
1ヶ月 1,000円〜
1年間 5,300円〜

「コールレコーダーiCall」も確認したところ、実際に通話録音が可能でした。

「iPhone用の通話録音とボイスレコーダー」と同様に3日間のお試し期間は無料で利用できますが、継続しない場合は期限内に解約をしましょう。

iPhoneの通話録音アプリは「通話中にアプリから発信→グループ通話に参加」という流れで録音するのですが、慣れないうちはわかりづらい印象です。

しかしコールレコーダーiCallは、アプリ起動時に通話録音の解説動画が流れ、録音方法がとてもわかりやすく解説されていました。

UIもシンプルなので、アプリでの通話録音に慣れていない人におすすめです。

今回紹介した3つのアプリはどれも通話録音が可能でした。ただし、無料で使える期間は3日間〜7日間のお試し期間だけです。

それぞれ、料金にも違いがあるため、まずはお試し期間にどれにするか検討しましょう。

ここまでiPhoneで使用できるアプリを紹介しました。ここからは、iPhoneで通話録音する際の注意点について紹介します。

iPhoneで通話録音する際の2つの注意点

通話録音する際には、下記の2つに気をつけましょう。

  1. 通話相手に録音の許可をとる
  2. 録音したデータの管理と流出の予防を徹底する

それぞれ、注意が必要な理由について詳しく解説します。

【注意点1】通話相手に録音の許可をとる

通話録音する場合には、通話相手に許可をもらうようにしましょう。

相手のプライバシーを尊重するためにも、許可をもらってから通話録音をするのがおすすめです。

「許可をとる」といっても、難しいことはありません。

「録音していいですか?」と直接確認をしてみましょう。その際、「なぜ録音する必要があるのか」をあわせて伝えると、納得してもらいやすくなります。

【注意点2】録音したデータの管理と流出の予防

録音したデータの管理にも注意しましょう。

とくに重要な情報や個人情報を含む内容は、流出の危険性を考えて管理する必要があるからです。

通話録音アプリは、アプリ内に通話録音データが保存される場合が多いのにもかかわらず、セキュリティに関しての情報がほとんど記載されていません。

そのため、ビジネス利用だとセキュリティ面で不安が残ります。

個人でちょっとしたメモや思い出として通話録音を利用する場合は問題ありませんが、ビジネスの場合はセキュリティの観点からおすすめできません。

ビジネスで利用するなら、セキュリティ対策が万全のシステムがおすすめです。

たとえば「カイクラ」なら録音データをサーバーへ送信するときに暗号化したり、社外からアクセスできないように制限したりする機能が搭載されています。

また、クラウド上でデータを保管するため、クレーム時などチームでの通話録音の共有も簡単です。

PCやタブレットでも会話履歴の確認や通話録音の再生ができるため、オフィスでもリモートワークでも活用できます。

ビジネスでの利用を考えていて、セキュリティ面も安心なサービスをお探しな方は、下記よりお気軽にカイクラの詳細をご確認ください。

\電話業務の悩みを携帯通話録音で解決!/
カイクラの詳細を見る
▲お使いの携帯番号のまま使える!

iPhoneの通話録音でよくある3つの質問

ここからは、iPhoneの通話録音でよくある3つの質問を紹介します。

  1. 通話録音すると相手にバレる?
  2. 相手の声だけ録音できる?
  3. 通話録音は違法なの?

それぞれの質問について、回答します。

【質問1】通話録音すると相手にバレる?

どのような方法で通話録音するかにもよりますが、相手に「録音します」というアナウンスが流れない限りは、相手にバレることなく通話録音をすることは可能です。

ただし注意点でも言ったように、通話録音するときは相手の許可を得るのがマナーです。

あとから、トラブルにならないようにするためにも、許可をとってから録音することをおすすめします。

【質問2】相手の声だけ録音できる?

基本的に、マイクに入る音を拾って録音しているので、相手の音声だけを録音することはできません。

自分の声と相手の声を分けて、録音はできないと考えておきましょう。

どうしても相手の声だけにしたい場合には、録音したデータを別途編集するなどの作業が必要になります。

【質問3】通話録音は違法なの?

iPhoneを開発しているApple社があるカリフォルニア州では、すべての当事者の同意を得ない通話録音は法律で禁止されています。

そのため、基本的にiPhoneでは通話録音できる機能が標準で搭載されていません。

ただし、日本では通話録音が法律で禁止されているわけではありません。

通話録音が違法かどうかは、国によって法律が異なります。

国外の相手との会話を録音したいときは、相手の国の法律を確認した上で録音を検討しましょう。

ここまでは無料でiPhoneの通話録音をする方法を紹介しました。ですが、ビジネスで携帯の通話録音をする場合は、セキュリティ面で安心できる方法が安心です。

また、自動録音できるシステムなら録音漏れの心配もありません。

ここからは、通話録音におすすめのシステムを紹介します。

iPhoneで通話録音|ビジネスで活用したい場合はカイクラ

iPhoneで通話録音したい時には「カイクラ」の導入がおすすめです。

「カイクラ」では、以下の3つの機能で通話録音のお悩みを解決できます。

カイクラは、自動で通話録音できるので、録音漏れがありません。

またクラウドで一元管理されているため、これまでの顧客対応履歴や通話対応履歴をいつでも確認できます。

さらに「通話録音した音声の自動文字起こしやAI要約の機能が搭載されているので情報共有しやすい」というメリットもあります。

セキュリティ面でも、録音データをサーバーへ送信するときに暗号化したり、社外からアクセスできないように制限したりする機能が搭載されているため安心です。

カイクラの通話録音機能について詳しく知りたい方は、下記のボタンより詳細をご確認ください。

\電話業務の悩みを携帯通話録音で解決!/
カイクラの詳細を見る
▲お使いの携帯番号のまま使える!

まとめ:iPhoneで通話録音したい場合はセキュリティに不安があるアプリより有料のシステムを活用しよう

iPhoneには標準機能として通話録音は搭載されていないため、個人なら無料アプリを使う方法もあります。

ただしビジネスで通話録音を利用する場合には、セキュリティ面で安心できる有料システムがおすすめです。

「カイクラの通話録音機能」なら、セキュリティ面での安心はもちろん、情報を一元管理できるので、情報共有もしやすく自動で通話録音もできます。

ビジネスシーンで通話録音の必要性を感じている方は、下記よりお気軽に詳細をご確認ください。

\電話業務の悩みを携帯通話録音で解決!/
カイクラの詳細を見る
▲お使いの携帯番号のまま使える!

通話録音機能の活用でクレーム数を激減!

カイクラを導入すれば、電話業務の効率化から顧客対応の品質改善まで一気通貫で行えます。

  • 通話の自動録音
  • 通話内容の自動文字起こし
  • 顧客情報の管理
  • 顧客対応内容の可視化
  • SMSのリマインド送信

これらを、電話番号を変えずに固定電話でも社用携帯でも実現できるのは「カイクラ」だけ!

カイクラを使えば、自動で通話録音ができます。クレーム対策や営業のトーク改善にご活用いただけます。

「カイクラ」の通話録音機能の詳細を見る

この記事を書いた人

カイクラ編集部です。カイクラ.magは、株式会社シンカが運営するオウンドメディアです。 「音声を記録し、会話を企業価値に」をモットーに、「会話」に関する様々なテクノロジーや最新情報、企業の業務効率化や社内コミュニケーションの活性化事例など、すべての企業にとってお役に立てる情報を幅広く発信します。

目次