顧客管理ランキング20選!特徴・強み・料金を比較【まとめ表もあり】

「おすすめの顧客管理システムを知りたい」
「顧客管理システムの導入を検討しており、選び方を知りたい」

このように考えている方もいるのではないでしょうか。

顧客管理システムを活用すると、情報共有や管理を効率化できるため、仕事の生産性向上が期待できます。一般的に顧客管理システムにはセキュリティ対策が施されているため、情報漏洩リスクの低減も可能です。

本記事では顧客管理システムについて、以下の内容をご紹介します。

  • 顧客管理システムの選び方
  • おすすめの顧客管理システム
  • 顧客管理システム導入時によくある疑問と回答

顧客管理システムの導入を前向きに検討されている方は、ぜひご一読ください。なお「先におすすめの顧客管理システムを知りたい」という人には、顧客接点クラウド「カイクラ」をおすすめします。

顧客情報の一元管理はもちろん、電話の自動録音や通話内容の自動テキスト化など、生産性アップをサポートする機能がカイクラに搭載されています。サービスの詳細について気になる方は、ぜひ以下をチェックしてください。

\導入社数2000社以上!/
カイクラの詳細を見る
▲無料ダウンロード資料あり

「おすすめ顧客管理システム一覧をチェックしたい」という方は、以下をチェックしてください。

>>すぐにおすすめ顧客管理ランキング20選を見たい方はこちらをクリック

顧客管理システムの選び方5つ

顧客管理システムの選び方は、以下の5つが挙げられます。

  1. 必要な機能がそろっているか
  2. 簡単に操作できるか
  3. 費用は適切か
  4. セキュリティ体制は万全か
  5. 手厚いサポートが期待できるか

顧客管理システムを選ぶときは、価格だけでなくセキュリティや求めている機能を満たしているかどうかが重要です。どういうことか、詳しく見てみましょう。

【選び方1】必要な機能がそろっているか

顧客管理システムを選ぶときは、必要な機能が揃っているかどうかチェックすることが重要です。

顧客管理システムといっても、様々なサービスがあります。中には特定の業界や職種に特化したシステムもあるため、「求めている機能が入っていない」となるケースも考えられます。

事前に自社業務の効率化に必要な項目を洗い出し、釼当先の顧客管理システムが機能を満たしているか、購入前のチェックがおすすめです。

【選び方2】簡単に操作できるか

簡単に操作できるかといった観点も、顧客管理システムを選ぶうえで重要になります。

たとえば多機能でも操作しにくいツールを導入した場合、実際に使用する従業員が適切に操作できず、うまく運用できないリスクがあります。操作性が悪いと次第にツールを利用しなくなり、導入したけれどだれも使用していない状態になるケースもありえるものです。

顧客管理システムの中には、導入前の無料トライアルを実施しているところもあります。導入前に操作性が良いかどうかのチェック実施をおすすめします。

【選び方3】費用は適切か

予算内で導入できるかどうかも、顧客管理システムを選ぶときに問題となります。

よいシステムを発見しても、予算をオーバーしてしまい社内稟議が通らない。このようなケースも考えられます。まずは予算内で必要な機能を満たしている顧客管理システムがあるか、探してみましょう。

一方で「予算を多く獲得できたため、不要なオプションまで契約した」というケースも考えられます。利用しない機能にお金を払うのは、もったいないものです。不要なオプションの契約ではないか、導入前に改めて確認しましょう。

【選び方4】セキュリティ体制は万全か

セキュリティ体制が充実化しているかどうかも、顧客管理システムを選ぶうえでのポイントとなります。

万が一システムから情報漏洩が発生すると、顧客からの信頼を失い、事業への悪影響は避けられません。検討している顧客管理システムが自社のセキュリティポリシーを満たしているか、導入前に照らし合わせてみることをおすすめします。

【選び方5】手厚いサポートが期待できるか

サポートが手厚いかどうかも、顧客管理システムを選ぶうえで大切なポイントとなります。

たとえばシステム導入時にサポートを受けられると、短期間で的確に導入・運用開始しやすくなります。また導入後にトラブルが発生してもすぐに問い合わせて対応してもらいやすいと、事業活動への悪影響を抑えられるものです。

ここまで、顧客管理システムの選び方をご紹介しました。紹介した内容をまとめると、以下の通りです。

  1. 必要な機能がそろっているか
  2. 簡単に操作できるか
  3. 費用は適切か
  4. セキュリティ体制は万全か
  5. 手厚いサポートが期待できるか

次は、おすすめの顧客管理ランキング20選をご紹介します。具体的な顧客管理システムのおすすめを知りたい方は、ぜひご一読ください。

おすすめ顧客管理ランキング20選

ここからは、おすすめの顧客管理システムとして紹介されることの多いサービスを20個紹介します。おすすめシステムの名称と特徴について、以下の表にまとめました。

※ツール名をクリックすると、サービス詳細を紹介している見出しに移動します

システム名 特徴
カイクラ 顧客情報の一元管理や電話業務の効率化による生産性アップが魅力的
kintone バラバラに散らばった情報を一つにまとめる、使用しやすい顧客管理システム
Zoho CRM 顧客管理だけでなく、営業支援やマーケティングオートメーションをサポートする機能が揃っている
KnowledgeSuite 複数の機能が利用できるオールインワンサービス
MicrosoftDynamics365 Microsoft製品との連携に強い営業支援システム
SalesCloud 営業・販売に必要なシステムが揃った顧客管理ツール
Sansan 営業を強くするデータベースを活用し、的確でタイムリーなアプローチが行える
Senses マーケティングから顧客管理まで幅広く支援するシステム
UPWARD 使いやすさにこだわった営業DXツール
GENIEE SFA/CRM(旧ちきゅう) シンプルかつ比較的安価な国産の営業管理システム
Fullfree カスタマイズの柔軟性が魅力的な顧客管理システム
eセールスマネージャー シンプルで使いやすい営業支援システム
FreshsalesSuite 1画面でさまざまな顧客情報を把握できる
GEOCRM GPS位置情報を活用した顧客管理システム
i-CRM 中小企業向けのオールインワン顧客管理システム
Hubspot あらゆるビジネスシーンで活用しやすい顧客管理システム
SATORI CVへの誘導やリードの一元管理など、マーケティング管理機能に強い
Synergy! 必要な機能を厳選した国産の顧客管理システム
ホットプロファイル 営業活動のDX推進に焦点を当てた営業支援システム
楽楽販売 高い柔軟性と豊富な機能が魅力の販売管理システム

各サービスの詳細について、さっそく見てみましょう。まずは一番おすすめの顧客管理システム「カイクラ」をご紹介します。

【おすすめ1】カイクラ

出典元:カイクラ

ツール名 カイクラ
特徴 顧客情報の一元管理や電話業務の効率化による生産性アップが魅力的
料金 月額21,000円
初期費用161,000円
※1拠点あたりの料金です

顧客接点クラウド「カイクラ」は、顧客管理の強化と電話業務の効率化に強いシステムです。具体的にできることは、以下の通りです。

  • カイクラ上で顧客情報を一元管理できる
  • 予約管理システムやグループウェアなど、既存システムとの連携もできる
  • 通話の自動録音や通話内容の自動テキスト化に対応
  • クラウドPBXやVPNと組み合わせることで、社員のスマホを内線電話にできる
  • PCだけでなく、スマホやタブレットでも利用できる

顧客接点クラウド「カイクラ」を利用すれば、顧客情報を一元管理できます。メールやSMSなど異なるツールでの取引内容も管理できるため、情報共有をスムーズに行えます。

カイクラで情報を一元管理することで、的確な顧客への提案だけでなく、円滑な業務の引き継ぎも可能です。たとえば担当者が不在の場合でも、カイクラを確認すれば顧客ごとの過去のやりとりをすぐに確認できます。

これによって代理の担当者が業務を引き継いでも、顧客との過去の取引内容がわかるため、円滑に対応できます。カイクラでは主に、以下のシステムと連携できます。

このほかにも、カイクラには顧客管理や電話業務を効率化するための機能が豊富にあります。詳細が気になる方は、以下をチェックしてみましょう。

\業務効率化と顧客満足度アップを実現!/
カイクラがよくわかる資料はこちら
▲たった4つの回答で無料ダウンロード可能

【おすすめ2】kintone

出典元:kintone

ツール名 kintone
特徴 バラバラに散らばった情報を一つにまとめる、使用しやすい顧客管理システム
料金 ライトコース:780円/月
スタンダードコース:1,500円/月

顧客管理システム「kintone」は、チーム全体での情報共有を効率化するツールです。

直感的に使いやすく、スマホやタブレットにも対応。社外からも安全にアクセスできるようセキュリティも整っています。Excelやメールの情報も一元管理・共有できるため、チーム全体の生産性アップにも貢献できそうです。

kintoneの詳細はこちら

【おすすめ3】Zoho CRM

出典元:Zoho CRM

ツール名 Zoho CRM
特徴 顧客管理だけでなく、営業支援やマーケティングオートメーションをサポートする機能が揃っている
料金 スタンダード:1,680円/月
プロフェッショナル:2,760円/月
エンタープライズ:4,800円/月
アルティメット:6,240円/月

顧客管理システム「Zoho CRM」は、お客様情報の管理だけでなく顧客対応の効率化やリード(見込み顧客情報)の収集・分析など、売上アップをサポートする機能が充実しています。

システムに記録されたデータを元に情報を分析。分析レポートを自動で生成し、営業活動の効率化を支援します。

Zoho CRMの詳細はこちら

【おすすめ4】KnowledgeSuite

出典元:KnowledgeSuite

ツール名 KnowledgeSuite
特徴 複数の機能が利用できるオールインワンサービス
料金 グループウェア:10,000円/月

オールインワンサービス「KnowledgeSuite」は、顧客管理や営業支援、グループウェアといった複数の機能を利用できるシステムです。

KnowledgeSuiteで提供されている各アプリケーションは、自由に追加・削除が可能。追加料金も発生しないため、柔軟な運用ができます。

KnowledgeSuiteの詳細はこちら

【おすすめ5】MicrosoftDynamics365

ツール名 MicrosoftDynamics365
特徴 Microsoft製品との連携に強い営業支援システム
料金 最初のアプリ:163,070円/月
2つ目以降:108,720円/月~

MicrosoftDynamics365は、顧客管理や営業支援を得意とするシステムです。ExcelやWordなど、Microsoft製品との連携が容易である点が特徴として挙げられます。

情報共有もスムーズに出来るため、企業内での連携もバッチリ。より効率的な営業活動を行いやすくなります。

MicrosoftDynamics365の詳細はこちら

【おすすめ6】SalesCloud

出典元:SalesCloud

ツール名 SalesCloud
特徴 営業・販売に必要なシステムが揃った顧客管理ツール
料金 Essentials:3,000円/月
Professional:9,000円/月
Enterprise:18,000円/月
Unlimited:36,000円/月

営業支援システム「SalesCloud」は、顧客情報の管理はもちろん商談管理や売上予測の作成など、営業活動をより効率的にする機能が豊富です。

Slackとの連携も可能で、より深く顧客との関係を深めることも可能。営業活動を強化したい企業向けのツールです。モバイルアプリにも対応しており外出先からデータ入力できるため、生産性アップが期待できます。

SalesCloudの詳細はこちら

【おすすめ7】Sansan

出典元:Sansan

ツール名 Sansan
特徴 営業を強くするデータベースを活用し、的確でタイムリーなアプローチが行える
料金 要問い合わせ

営業DXサービス「Sansan」は、営業支援に特化したツールです。メールや電話などの接触履歴を記録できるのはもちろん、蓄積したデータから新しい営業先を見つけられるような機能が備わっています。

顧客との接点を正確にデータ化し、データベースを構築。接点のある類似企業を見つけられるようになっています。企業データベースも標準搭載しており、業績や売上高などの企業情報が分かるため、アプローチしたい市場を見つけやすくなります。

Sansanの詳細はこちら

【おすすめ8】Senses

出典元:Senses

ツール名 Senses
特徴 マーケティングから顧客管理まで幅広く支援するシステム
料金 スターター:25,000円/月~
グロース:100,000円/月~
エンタープライズ:300,000円/月~

SFA・CRMシステム「Senses」は、リード獲得から顧客情報の管理まで幅広くカバーするシステムです。

案件をカンバン形式で確認できるため、順位付けを行いやすいのが特徴です。また機械学習を活用した営業支援も受けられます。実績管理・業績管理も視覚的に管理できるなど、「ビジネス全般をフォローする」機能が満載です。

Sensesの詳細はこちら

【おすすめ9】UPWARD

出典元:UPWARD

ツール名 UPWARD
特徴 使いやすさにこだわった営業DXツール
料金 STARTER:2,200円/月
STANDARD:5,500円/月
ENTERPRISE:カスタム

UPWARDは営業パーソン向けに特化した、営業支援システムです。アプリ上で顧客情報を一元管理できるのはもちろん、活動データの見える化も推進できます。

たとえば営業マンの滞在先や滞在時間を自動検知するため、営業報告コストの低減が可能。また現在地付近の顧客もアプリが提案してくれるため、効率的な営業活動ができるようになります。

UPWARDの詳細はこちら

【おすすめ10】GENIEE SFA/CRM(旧ちきゅう)

出典元:GENIEE SFA/CRM

ツール名 GENIEE SFA/CRM(旧ちきゅう)
特徴 シンプルかつ比較的安価な国産の営業管理システム
料金 ライト:1,480円/月
スタンダード:2,980円/月
プロ:4,980円/月
エンタープライズ:9,800円/月

GENIEE SFA/CRMは顧客管理や商談管理、名刺管理などができる営業管理システムです。

シンプルな画面で直感的に利用できる点が魅力的。また利用料金も安価、かつ平均1~2ヶ月で導入から運用までスタートできるため、導入しやすいです。蓄積されたデータを活用したグラフの表示や、外部ツールとの連携にも対応しています。

GENIEE SFA/CRM(旧ちきゅう)の詳細はこちら

【おすすめ11】Fullfree

出典元:Fullfree

ツール名 Fullfree
特徴 カスタマイズの柔軟性が魅力的な顧客管理システム
料金 Fullfree:
ダウンロード:無料
CD:550円
Fullfree PRO:8,800円

顧客管理システム「Fullfree」は、基本無料かつ柔軟にカスタマイズできる点が魅力的です。

クラウド共有できるため、複数台での遠隔利用が可能。費用無料で自由にカスタマイズできます。またExcel互換の計算機能を備えており、同じ関数を約100個サポートしているため馴染みやすいです。

Fullfreeの詳細はこちら

【おすすめ12】eセールスマネージャー

ツール名 eセールスマネージャー
特徴 シンプルで使いやすい営業支援システム
料金 ナレッジシェア(閲覧のみ):3,000円/月
スケジュールシェア(グループウェアのみ):6,000円/月
スタンダード:11,000円/月

eセールスマネージャーは簡単・シンプルにこだわった営業支援システムです。

アプリ上で活動報告を行えば、他のデータベースとすぐに同期が可能。またモバイル端末でも利用できるため、外出先でもすぐに情報の共有・反映ができます。営業報告の工数削減ができるため、営業活動に注力しやすいです。

eセールスマネージャーの詳細はこちら

【おすすめ13】FreshsalesSuite

出典元:FreshsalesSuite

ツール名 FreshsalesSuite
特徴 1画面でさまざまな顧客情報を把握できる
料金 Growth:2,000円/月
Pro:5,100円/月
Enterprise:9,000円/月
※年間一括払いの場合

セールスマーケティングCRM「FreshsalesSuite」は、営業活動を効率化するツール・情報を一元管理できるシステムです。

メール・カレンダーなどの外部アプリと連携可能。タスクやメモも顧客情報と紐付けて管理できるため、営業効率アップが期待できます。一画面で顧客情報をすぐ把握できるため、使いやすさも期待できます。

FreshsalesSuiteの詳細はこちら

【おすすめ14】GEOCRM

出典元:GEOCRM

ツール名 GEOCRM
特徴 GPS位置情報を活用した顧客開拓システム
料金 スタンダード:1,800円/月
プロフェッショナル:2,400円/月

顧客管理アプリ「GEOCRM」はお客様との接触を繰り返して顧客カルテを作成し、営業の確度向上を支援するシステムです。

スマホの位置情報を通じて次に訪問すべき顧客をマップ上に表示し、顧客と接触したあとはアプリのヒアリングシートに記入。これを繰り返すことで顧客情報が蓄積し、見込み顧客から商談に繋げやすくなります。

GEOCRMの詳細はこちら

【おすすめ15】i-CRM

出典元:i-CRM

ツール名 i-CRM
特徴 中小企業向けのオールインワン顧客管理システム
料金 エントリー:29,000円/月
スタンダード:48,000円/月
プロフェッショナル:48,000円+お見積もり/月

顧客管理システム「i-CRM」は、SFA・MA機能も備えている顧客管理システムです。

様々な場所に散らばっている顧客情報をi-CRMで一元管理できます。また「商談確度の算出」や「メールを中心としたコミュニケーション機会の創出」など、営業・マーケティング活動を支援する機能が備わっています。

i-CRMの詳細はこちら

【おすすめ16】Hubspot

出典元:Hubspot

ツール名 Hubspot
特徴 あらゆるビジネスシーンで活用しやすい顧客管理システム
料金 Starter:5,400円/月
Professional:96,000円/月
Enterprise:384,000円/月

顧客管理システム「Hubspot」は、顧客管理はもちろんマーケティングやカスタマーサービスまで、さまざまな業務で利用できるツールです。

利用する業務ごとにツールを利用可能。たとえばSales Hubの場合、顧客とのコンタクト管理やタスク管理、ウェブチャットなど顧客管理に必要な機能を備えています。

Hubspotの詳細はこちら

【おすすめ17】SATORI

出典元:SATORI

ツール名 SATORI
特徴 CVへの誘導やリードの一元管理など、マーケティング管理機能に強い
料金 初期費用:300,000円
月額費用:148,000円

MAツール「SATORI」は、リード(見込み顧客)の獲得やコミュニケーション・一元管理に強いシステムです。

ランディングページの制作や、CVを促すお問い合わせフォーム設置やポップアップ・プッシュ通知などを利用できます。資料ダウンロードフォームの制作も可能です。他にも、メール配信やデータ管理もツール上で行えます。

SATORIの詳細はこちら

【おすすめ18】Synergy!

出典元:Synergy!

ツール名 Synergy!
特徴 必要な機能を厳選した国産の顧客管理システム
料金 15,000円/月
初期費用:118,000円

顧客管理システム「Synergy!」は、CRMの幅広い活動をサポートするツールです。

顧客管理に本当に必要な機能を残し、かつ使いやすさを考慮した画面デザインが特徴的です。またサポートセンターが無償で利用できるため、不具合があったときも安心できます。

Synergy!の詳細はこちら

【おすすめ19】ホットプロファイル

ツール名 ホットプロファイル
特徴 営業活動のDX推進に焦点を当てた営業支援システム
料金 要問い合わせ

営業支援システム「ホットプロファイル」は、「名刺管理」「営業支援」「見込み顧客発見」の機能を統合したツールです。顧客情報を一元管理して効率的な営業活動を支援します。

顧客データベースを自動作成することで、相手の情報を可視化・共有できます。またデータベースと連動してリアルタイムで営業報告・管理も可能です。

ホットプロファイルの詳細はこちら

【おすすめ20】楽楽販売

出典元:楽楽販売

ツール名 楽楽販売
特徴 高い柔軟性と豊富な機能が魅力の販売管理システム
料金 60,000円
初期費用:150,000円

販売管理システム「楽楽販売」は、さまざまな機能を備えつつ柔軟に利用できるツールです。

リアルタイムで情報共有できるのはもちろん、自社使用に機能をカスタマイズ可能。表示部分も柔軟に調節できるため、使い勝手の良さが期待できます。契約管理や営業案件の進捗管理もできるため、業務効率アップも狙えます。

楽楽販売の詳細はこちら

顧客管理システムの検討時によくある5つの質問と回答

ここからは、顧客管理システムの購入時によくある5つの疑問を、回答とあわせてご紹介します。まずはよくある5つの疑問をご紹介します。

  1. そもそも顧客管理では何ができるの?
  2. 顧客管理をするメリットには何があるの?
  3. 顧客管理システムの導入費用の相場は?
  4. 無料で導入できる顧客管理システムはある?
  5. ExcelやGoogleスプレッドシートでも顧客管理は可能?

各疑問について、回答をチェックしてみましょう。

【質問1】そもそも顧客管理では何ができるの?

顧客管理を行うことで、顧客にまつわる様々な情報をデータで蓄積できます。蓄積したデータは、営業活動の効率化や的確な提案に活用しやすく、売上アップが期待できます。

また顧客管理を徹底すれば、過去のやりとりや取引履歴をすぐにチェックしやすくなるため、仕事の属人化を防ぎやすいです。担当者の不在や退職などが発生しても、顧客管理の記録を確認すれば的確に顧客ニーズに応えやすくなります。

顧客管理について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

さらに顧客管理をサポートするシステムを導入することで、業務の効率化といったメリットも期待できます。

【質問2】顧客管理をするメリットには何があるの?

顧客管理を実施するメリットは、主に以下の3つが挙げられます。

  1. 過去のデータに基づいた的確な提案を行いやすくなる
  2. 情報共有が容易になり、生産性アップが期待できる
  3. 情報漏洩リスクを低減しやすい

システム上で過去のデータが蓄積されるため、相手の特性に合わせた提案を行いやすくなります。またシステムにアクセスすれば最新情報を共有できるため、業務効率化も期待できるものです。

一般的に顧客管理システムには、情報漏洩を防ぐため様々なセキュリティ対策が施されています。自社ツールや無料ツールよりも、情報漏洩リスクを低減しやすくなります。

【質問3】顧客管理システムの導入費用の相場は?

顧客管理システムの導入費用の相場は様々です。オプションの有無やシステムの種類、利用する拠点の数によって費用は大きく変動します。

参考までに、データをクラウド上で管理する顧客管理システムの場合、発生する費用の目安は以下の通りです。

  • 1ユーザーあたり:1,000円/月~
  • 1拠点あたり:20,000円/月~

顧客管理システムの導入費用を正確に把握するなら、導入を検討している顧客管理システムを提供している会社へ見積もりをとることをおすすめします。

【質問4】無料で導入できる顧客管理システムはある?

無料で導入できる顧客管理システムはあります。具体的なシステムは以下の記事でご紹介しているため、ぜひご一読ください。

なお無料システムは、顧客管理できるようカスタマイズの手間が発生したり、情報漏洩リスクが有料システムと比較して高くなったりするケースがあります。導入前にあらためて「顧客管理システムの選び方」を参考にしてください。

【質問5】ExcelやGoogleスプレッドシートでも顧客管理は可能?

ExcelやGoogleスプレッドシートといった表計算ソフトでも、顧客管理を行えます。

ただし無料ツールと同様、運用できるようカスタマイズする手間が発生したり情報漏洩リスクがあったりするものです。自社のプライバシーポリシーをクリアできるかも、チェックしておきたいポイントです。

Excelによる顧客管理について、詳しくは以下をご一読ください。

まとめ:顧客管理を徹底して生産性・売上向上につなげよう

ここでは、顧客管理システムの選び方やおすすめランキングをご紹介しました。ここで紹介した内容をまとめます。

  • 顧客管理システムを選ぶポイントは以下の5つ
    • 必要な機能がそろっているか
    • 簡単に操作できるか
    • 費用は適切か
    • セキュリティ体制は万全か
    • 手厚いサポートが期待できるか
  • 顧客管理システムのよくある疑問と回答は以下の5つ
    • 顧客管理でできることは、蓄積したデータを活用した顧客提案・業務改善など
    • 顧客管理を行うメリットは生産性アップや情報漏洩リスクの低減
    • 顧客管理システムの導入費用の相場はシステムやオプション、導入拠点数によって大きく異なる
    • 無料で導入できる顧客管理システムはあるが、運用できるようにカスタマイズする手間がある
    • ExcelやGoogleスプレッドシートでも顧客管理は可能だが、有料システムと比較すると見劣りすることもある
  • 顧客管理システムのおすすめは顧客接点クラウド「カイクラ」

顧客管理システムの導入には、導入費用や人件費などコストが発生するものです。本記事で紹介した選び方を参考に、自社業務にマッチした顧客管理システムを選んでみてください。

なお
「結局どのシステムが良さそうなのか知りたい」
「顧客管理とセットで、自社の電話業務も効率化したい」
と考えている方は、この機会に顧客接点クラウド「カイクラ」をチェックしてみませんか。

カイクラを導入すると、メールやSMSなど複数ツールで顧客とやりとりした内容を一元管理できます。

また電話の自動録音や通話内容の自動テキスト化、社員のスマホの内線電話化など電話業務を効率化する仕組みが豊富です。

機能の詳細については、以下から確認できます。気になった方はぜひチェックしてください。

\業務効率化と顧客満足度アップを実現!/
カイクラがよくわかる資料はこちら
▲たった4つの回答で無料ダウンロード可能

関連記事

  1. コミュニケーション手段や顧客情報の一元管理で業務の効率化を。おすすめの…

  2. 電話における顧客対応のポイントとは?向上のための対策もあわせて解説

  3. 問い合わせ管理システム比較15選!メリット・デメリットや選び方も解説

  4. SMSとLINE@ 顧客フォローでの活用方法

  5. 従業員満足度と顧客満足度は関係がある?満足度アップの具体的な方法も紹介…

  6. 顧客情報共有のデジタルシフトにおすすめのツール9選!実績多数、低価格、…

PAGE TOP