顧客管理システム(CRM)おすすめ比較15選!5つの分類別に紹介

目次

「顧客管理システムを導入したいけど、サービスがあり過ぎて選べない」
「自社に最適な顧客管理システムは、どうやって選べばいいのかな?」
とお悩みではありませんか。

ひとくちに顧客管理システムといっても、特徴や備わっている機能はさまざまです。そのため、自社に合うサービスの検討に悩む方も少なくないでしょう。

そこでこの記事では、

  • 顧客管理システムの選び方のポイント6つ
  • 5つの分類ごとのおすすめ顧客管理システム15選

の流れで、顧客管理システムを探している方におすすめの情報をまとめて解説します。

今すぐ分類ごとのおすすめの顧客管理システムを知りたい方は、以下をクリック(またはタップ)してご確認ください!

  1. 電話に活かせる顧客管理システム(CRM)
  2. マーケティングに強い顧客管理システム(CRM)
  3. 営業に強い顧客管理システム(CRM)
  4. 顧客育成に強い顧客管理システム(CRM)
  5. 多機能な顧客管理システム(CRM)

(※「クリック」または「タップ」でサービスの紹介までスクロールします。)

なお、電話に活かせるCRMをお探しの方には「カイクラ」がおすすめです。カイクラには、受電と同時に顧客情報が表示される機能や自動通話録音機能も搭載。通話録音機能があればクレームの抑制や対応にも役立ちます。

実際、導入した企業からは電話応対がしやすくなったとの声を多くいただいております。詳しい導入事例や機能詳細は、以下からご確認ください!

\導入社数2000社以上!/
カイクラの詳細を見る
▲無料ダウンロード資料あり

顧客管理システム(CRM)を選ぶときのポイント6つ

顧客管理システム(CRM)とは、顧客情報を管理して活用しやすくするシステムです。

利用できると非常に便利ですが、サービスによって特徴や機能が違うため選ぶのが難しい一面も。

「せっかく導入したのに、自社に合わないCRMだった……。」なんてことにならぬよう、ここではCRMを選ぶときのポイント6つを紹介します。

  • 【ポイント1】自社の課題解決につながる機能があるか
  • 【ポイント2】操作性が高く導入しやすいか
  • 【ポイント3】クラウド型/オンプレミス型のどちらか
  • 【ポイント4】サポート体制はしっかりしているか
  • 【ポイント5】セキュリティに強いシステムか
  • 【ポイント6】既存のツールやサービスと連携できるか

詳しくみていきましょう。

【ポイント1】自社の課題解決につながる機能があるか

システムの導入を検討している方は、何かしらの問題や課題を解決したいのではないでしょうか。システム導入をするうえで、自社の課題が解決できることは非常に重要です。

たとえば、

  • 電話応対の負担が大きいのであれば、電話に活かせるシステム
  • 顧客の売上を分析する必要があれば、分析機能がついたシステム
  • 顧客管理と案件管理で困っているのであれば、情報を一元管理できるシステム

など。

自社の抱えている課題をあらためて認識し、課題解決に必要な機能があるのか、これから必要になる機能があるのかなど、確認しておくことがおすすめです。

【ポイント2】操作性が高く導入しやすいか

「操作性が高く、導入しやすいか」も重要です。

課題解決できる機能があるシステムでも、使い方がわかりづらかったり、操作しづらかったりすると、せっかく導入しても課題の解決につながらない場合も少なくありません。

従業員のなかには、機械やサービスの扱いに慣れてない人がいる場合もあるため、誰でも使いやすく業務効率があげられるサービスであるか、確認しておくことが重要です。

営業資料を取り寄せて画面の例を確認してみたり、実際にでも環境などを触らせてもらえないか相談してみたり、使い勝手を確認するのがおすすめです!

【ポイント3】クラウド型/オンプレミス型のどちらか

顧客管理システム(CRM)には、クラウド型とオンプレミス型の2種類があります。

クラウド型は導入コストも比較的安く済む傾向があり、自宅や出張先など社外からも利用できる特徴があります。

一方で、オンプレミス型は、システムのサーバーを会社に設置しているため社外での利用ができません。また、自社仕様にカスタマイズできるメリットがありますが、サーバーの設置費用や場所が必要になるため、導入コストが高くなってしまうのが特徴です。

テレワークの導入を検討している方や、出張などで外出先からシステムを利用したいと考えている方は、クラウド型のシステムをおすすめします。

【ポイント4】サポート体制はしっかりしているか

システムを導入するのであれば、サポート体制がしっかりしていることも重要です。

サービスのなかには、導入後のサポートがないものもあります。また、サポートの範囲もサービスによってさまざまです。

  • システムの導入や機械の操作に慣れていない
  • サービスの機能が多く、導入後に相談する可能性が高い

などの場合は、24時間相談できるサポートの手厚い顧客管理システムを選ぶことをおすすめします。

【ポイント5】セキュリティに強いシステムか

セキュリティも、導入を検討するうえで重要なポイントです。

セキュリティが強いシステムでないと、情報が漏洩するリスクが考えられるからです。

顧客情報が漏洩してしまうと、自社の信用が下がってしまうほか、損害賠償などの問題が発生してしまう可能性もあります。そのため、情報が漏洩しないよう、セキュリティの強いシステムを選びましょう。

【ポイント6】既存のツールやサービスと連携できるか

最後のポイントは、「既存のツールやサービスとの連携できるか」です。

すでに何かしらの管理ツールを導入している場合は、既存のツールとこれから導入しようと検討しているサービスが連携できるのか確認しておくことをおすすめします。

連携できないツールの場合、改めて情報を入力しないといけなかったり、導入しても思ったより効率化できなかったりと、思ってたような効果が得られないこともあります。

そのため、既存のツールやサービスと連携が可能か確認しておきましょう。

電話に活かせる顧客管理システム(CRM)3選

まずは、電話に活かせる顧客管理システム(CRM)を紹介します。

コールセンターやカスタマーサクセスに注力している企業、営業などで電話応対をしている企業におすすめの顧客管理システム(CRM)です。

ツール名 特徴
カイクラ ・受電と同時に顧客情報が表示される
・自動で通話を録音してくれる
・担当者や過去のやりとりが確認できるメモ機能
MiiTel ・通話のスコアリング機能がある
・引き継ぎに便利な応対メモがある
・固定電話がいらずIP電話で対応できる
楽テル ・過去の顧客とのやりとりが検索できる
・架電業務に役立つリスト機能
・自宅からでも顧客情報などの共有ができる

それぞれ詳しく紹介します。

1.株式会社シンカ「カイクラ」

ツール名 カイクラ
料金 初期費用16万1,000円〜/月額費用2万1,000円〜
※人数に限らず、1拠点(店舗)あたりの料金です
クラウド型orオンプレミス型 どちらも対応
サポートの有無 あり
他サービスとの連携 可能

カイクラは、電話応対に活用できる顧客管理システムです。

たとえば、受電すると以下の画像のように詳しい顧客情報が表示され、過去に誰がどういった対応をしたのか詳しく知ることが可能です。

出典:カイクラ

誰からかかってきているのかわからない電話応対は、従業員のストレスにつながっていることも少なくありません。

実際に、カイクラを導入した企業からは「事前にどの顧客からかかってきているかわかるようになって、従業員からも対応がしやすくなった」との声をいただいております。

カイクラの詳細や導入事例は、以下をご覧ください!

\業務効率化と顧客満足度アップを実現!/
カイクラがよくわかる資料はこちら
▲たった4つの回答で無料ダウンロード可能

2.株式会社RevComm「MiiTel」

ツール名 MiiTel
料金 1ID当たり5,980円(初期費用は0円)
クラウド型orオンプレミス型 クラウド
サポートの有無 あり
他サービスとの連携 可能

MiiTelは、コールセンターや営業の際の電話応対にも活用できる顧客管理システムです。

MiiTelの特徴は、以下の通りです。

  • 通話のスコアリング機能があり、電話応対の品質向上に役立つ
  • 引き継ぎに便利なメモ機能があり、共有漏れが防げる
  • IP電話で対応できるため、在宅での業務が可能

スコアリング機能から細かい電話応対の改善ができるため、電話応対の品質を向上させたい企業におすすめです。

MiiTelの詳細はこちら

3.株式会社ラクス「楽テル」

ツール名 楽テル
料金 月額費用7万円〜/初期費用15万円〜
クラウド型orオンプレミス型 クラウド型
サポートの有無 あり
他サービスとの連携 可能

楽テルは、主にコールセンターで活躍している顧客管理システムです。

楽テルの特徴は、以下の通りです。

  • 過去の顧客とのやりとりが検索できるため、スムーズな応対が可能
  • 受電時に役立つ機能だけではなく、架電業務に役立つリスト機能もある
  • クラウド型システムなので、自宅からでも顧客情報などの共有ができる

楽テルは、受電の電話応対だけではなく、架電の電話応対業務にも役立つ機能が揃っています。そのため、架電メインのコールセンターや営業の電話をよくかける企業にピッタリです。

楽テルの詳細はこちら

マーケティングに強い顧客管理システム(CRM)3選

次にマーケティングに強い顧客管理システム(CRM)を紹介します。

LTVの施策や分析、広告などもまとめて管理したいとお考えの企業におすすめです。

ツール名 特徴
Ambassador Relations Tool ・初期費用、月額費用0円で利用できる
・ステップメールなどの送信ができる
・顧客のスコアリングができる
Hub spot ・メールのトラッキング機能がある
・SNSの広告も作成できる
・広告の効果測定も可能
b→dash ・自社に合わせた管理画面にカスタマイズが可能
・複数チャネルに合わせたメッセージの配信が可能
・売上や顧客の状態などさまざまな分析が可能

それぞれ詳しく紹介します。

1.株式会社コンファクトリー「Ambassador Relations Tool」

ツール名 Ambassador Relations Tool
料金 初期費用、月額費用0円〜
クラウド型orオンプレミス型 どちらも対応
サポートの有無 なし
他サービスとの連携 あり

Ambassador Relations Toolは、さまざまなマーケティング機能も備わっている顧客管理システムです。

Ambassador Relations Toolの特徴は、以下の通りです。

  • 初期費用、月額費用0円で利用できる
  • アンケートメールやステップメールの作成、送信ができる
  • 顧客のスコアリングができるため、顧客にあった施策の実施が可能

低コストで本格的な分析や施策の運用ができるため、これからマーケティング面も強化したいと考えている企業におすすめです。

Ambassador Relations Toolの詳細はこちら

2.HubSpot Japan株式会社「Hub spot CRM」

ツール名 Hub spot CRM
料金 無料版あり、月額5,400円〜
クラウド型orオンプレミス型 クラウド型
サポートの有無 あり
他サービスとの連携 可能

Hub spot CRMは、無料で利用できる顧客管理システムです。

Hub spot CRMの特徴は以下の通りです。

  • メールのトラッキング機能があり、顧客の反応を分析しやすい
  • 顧客情報の管理だけではなく、SNSなどの広告も作成できる
  • 広告を作成した後の効果測定も可能

Hub spotは他にも関連のサービスを提供しているため、CRMの導入をきっかけに、低コストでまとめて関連サービスの導入を検討している企業におすすめなサービスになります。

Hub spot CRMの詳細はこちら

3.株式会社フロムスクラッチ「b→dash」

ツール名 b→dash
料金 月額5万円〜
クラウド型orオンプレミス型 クラウド型
サポートの有無 あり
他サービスとの連携 可能

b→dashは、CRMからマーケティング面まで一括して管理できるシステムです。

b→dashの特徴は以下の通り。

  • 自社に合わせた管理画面にカスタマイズが可能
  • 複数チャネルに合わせたメッセージの配信が可能
  • 売上や顧客の状態などさまざまな分析が可能

また、ECプラットフォームのShopifyとの連携もできるため、Shopifyを利用している企業や顧客管理からマーケティングツールなど、1つのサービスで全て補えるものを導入したいとお考えの企業におすすめです。

b→dashの詳細はこちら

営業に強い顧客管理システム(CRM)3選

ここからは、営業に強い顧客管理システム(CRM)を紹介します。

案件や商談管理など営業支援機能(SFA)も備わっているため、顧客対応の負担を軽減したいと考えている企業におすすめです。

ツール名 特徴
Canbus ・スマートフォンからも顧客情報の報告が可能
・従業員の勤怠管理も可能
・他の従業員と情報を共有できるチャット機能
eセールスマネージャー ・案件の進捗がわかりやすい管理画面
・管理、確認のしやすいスケジュール画面
・過去に導入した商材情報の共有
楽楽販売 ・リアルタイムで顧客情報の共有が可能
・自社に合わせたカスタマイズが可能
・請求書や帳簿などの定期業務の自動化が可能

ひとつずつ詳しく紹介します。

1.株式会社システナ「Canbus」

ツール名 Canbus
料金 無料体験版あり、月額1万円〜
クラウド型orオンプレミス型 クラウド型
サポートの有無 あり
他サービスとの連携 可能

Canbusは、顧客管理と同時に従業員の管理も可能なシステムです。

Canbusの特徴は以下の通り。

  • スマートフォンからも顧客情報の報告が可能
  • 勤怠管理や経理処理など従業員側の管理も可能
  • 他の従業員と細かな情報を共有できるチャット機能がある

上記の通り、勤怠管理や経理関連の機能が揃っているため、顧客情報の管理をしつつ、従業員側の管理も見直したいと考えている企業におすすめです。

Canbusの詳細はこちら

2.ソフトブレーン株式会社「eセールスマネージャー」

ツール名 eセールスマネージャー
料金 月額3,000円〜
クラウド型orオンプレミス型 どちらにも対応
サポートの有無 あり
他サービスとの連携 可能

eセールスマネージャーは、案件管理や商品管理など営業に関連する機能が多い顧客管理システムです。

eセールスマネージャーの特徴は以下の通り。

  • 案件や商談の進捗がわかりやすく管理しやすい
  • 顧客が導入した(している)商材情報の共有も可能
  • スマホアプリにも対応しているので、出先から即情報の更新ができる

他にも営業周りで活躍する機能が豊富なため、CRMの導入とあわせて営業の強化を考えている企業におすすめです。

eセールスマネージャーの詳細はこちら

3.株式会社ラクス「楽楽販売」

ツール名 楽楽販売
料金 初期費用15万円、月額6万円〜
クラウド型orオンプレミス型 クラウド型
サポートの有無 あり
他サービスとの連携 可能

楽楽販売は、販売管理機能も備わっている顧客管理システムです。

楽楽販売の特徴は以下の通り。

  • リアルタイムで顧客情報の共有が可能
  • 自社に合わせたカスタマイズが可能
  • 請求書や帳簿などの定期業務の自動化が可能

特に物販など自社製品を販売している場合に便利な機能が揃っているため、物販をメインで扱っている企業におすすめです。

楽楽販売の詳細はこちら

顧客育成に強い顧客管理システム(CRM)3選

次に、顧客育成に強い顧客管理システムを紹介します。

メール配信やセールス、顧客とのコミュニケーションを強化したいと考えている企業におすすめです。

ツール名 特徴
SATORI ・リードの獲得や育成に強い
・成果につながりやすい顧客の分析
・セミナー開催の段取りも可能
Visionary ・キャンペーンの効果分析や顧客の購買分析
・お客様の声やアンケート機能の搭載
・顧客育成や販促につながるメール送信機能がある
Synergy! ・誰でも操作できるような操作性の高い管理画面
・不正侵入や不正アクセス検知機能など高いセキュリティを搭載
・電話、メール、サイトとサポートが手厚い

詳しく紹介していくので、ぜひご参考ください。

1.SATORI株式会社「SATORI」

ツール名 SATORI
料金 初期費用30万円、月額14.8万円〜
クラウド型orオンプレミス型 クラウド型
サポートの有無 あり
他サービスとの連携 可能

SATORIは、セミナーやメール配信など顧客の育成に優れている顧客管理システムです。

SATORIの特徴は以下の通り。

  • リードの獲得や育成に強い
  • 成果につながりやすい顧客の分析
  • セミナー開催の段取りも可能

顧客の育成に強いため、顧客接点の強化を検討している企業におすすめです。

SATORIの詳細はこちら

2.株式会社フュートレック「Visionary」

ツール名 Visionary
料金 初期費用10万円〜、月額10万円〜
クラウド型orオンプレミス型 どちらにも対応
サポートの有無 あり
他サービスとの連携 可能

VisionaryはECサイトなどの顧客育成に強い顧客管理システムです。

Visionaryの特徴は以下の通り。

  • キャンペーンの効果分析や顧客の購買分析
  • お客様の声やアンケート機能の搭載
  • 顧客育成や販促につながるメール送信機能がある

顧客管理だけではなく、商品管理ができるため、自社商品やサービスを扱っている企業におすすめです。

Visionaryの詳細はこちら

3.シナジーマーケティング株式会社「Synergy!」

ツール名 Synergy!
料金 初期費用11.8万円〜、月額1.5万円〜
クラウド型orオンプレミス型 クラウド型
サポートの有無 あり
他サービスとの連携 可能

Synergy!は、セキュリティも高いうえ、顧客育成に役立つ機能が豊富な顧客管理システムです。

Synergy!の特徴は以下の通り。

  • メールやLINE配信、広告、Webなど顧客接点をもてる機能が豊富
  • 不正侵入や不正アクセス検知機能など高いセキュリティを搭載
  • 電話、メール、サイトとサポートが手厚い

メールやLINE、広告、Webと顧客1つのシステムで完結させたい企業におすすめです。

Synergy!の詳細はこちら

多機能な顧客管理システム(CRM)3選

最後に多機能な顧客管理システムを紹介します。

顧客管理システムの導入とあわせて、マーケティングツールや営業支援ツールまで全て揃えたい!と考えている企業におすすめです。

ツール名 特徴
Zoho CRM ・顧客情報や案件に関する情報をまとめて管理できる
・タスク管理やお礼メールなどのルーティン業務の自動化ができる
・施策の効果の分析ができる
kintone ・導入企業社数20,000社以上
・顧客対応、営業、分析などさまざまな業務に対応している
・システム構築の知識がなくてもドラック&ドロップで構築できる
Customer Rings ・顧客に関連する情報をまとめられる
・実施した施策の分析ができる
・顧客それぞれに合わせたメールやLINEの配信が可能

さらに詳しく紹介します。

1.ゾーホージャパン株式会社「Zoho CRM」

ツール名 Zoho CRM
料金 初期費用0円、月額1,440円〜
クラウド型orオンプレミス型 クラウド型
サポートの有無 あり
他サービスとの連携 可能

Zoho CRMは、国内だけではなく、国外でも利用されている顧客管理システムです。

Zoho CRMの特徴は以下の通り。

  • 世界250,000社以上に利用されている
  • タスク管理やお礼メールなどのルーティン業務の自動化ができる
  • 施策の効果の分析ができる

海外でも利用できるため、海外に拠点がある企業におすすめです。

Zoho CRMの詳細はこちら

2.サイボウズ株式会社「kintone」

ツール名 kintone
料金 初期費用0円、月額780円〜
クラウド型orオンプレミス型 クラウド型
サポートの有無 あり
他サービスとの連携 可能

kintoneは、専門知識がなくても簡単に自社にあったカスタマイズが可能な顧客管理システムです。

kintoneの特徴は以下の通り。

  • 導入企業社数20,000社以上
  • 顧客対応、営業、分析などさまざまな業務に対応している
  • システム構築の知識がなくてもドラック&ドロップで構築できる

自社にあったカスタマイズ性や連携可能なサービスが多いため、すでに自社でシステムの導入をしている企業におすすめです。

kintoneの詳細はこちら

また、kintoneは電話にも活用できるCRMとして紹介した「カイクラ」との連携も可能。

電話応対をする企業さまは、kintoneとあわせてカイクラの導入を検討してみるのもおすすめです。「カイクラ」の詳細は以下からご確認ください。

\導入社数2000社以上!/
カイクラの詳細を見る
▲無料ダウンロード資料あり

3.株式会社プラスアルファ・コンサルティング「Customer Rings」

ツール名 Customer Rings
料金 初期費用30万円、月額9.8万円〜
クラウド型orオンプレミス型 クラウド型
サポートの有無 あり
他サービスとの連携 可能

Customer Ringsは、マーケティング機能から分析機能、営業支援機能などさまざまな機能を備えた顧客管理システムです。

Customer Ringsの特徴は以下の通り。

  • 顧客に関連する情報をまとめられる
  • 実施した施策の分析ができる
  • 顧客それぞれに合わせたメールやLINEの配信が可能

多機能でありながら操作性も高いため、誰にでも扱え業務効率を高めたいシステムを導入したい企業におすすめです。

Customer Ringsの詳細はこちら

まとめ:顧客管理システムは自社に合うサービスを選べるかが大きな鍵

顧客管理システムは、日頃の業務や顧客対応の負担が軽減できるシステムですが、サービスによって特徴も機能もさまざまです。

そのため、自社に合う顧客管理システムを導入するためにも以下のポイントを踏まえてサービスを検討しましょう。

  • 【ポイント1】自社の課題解決につながる機能があるか
  • 【ポイント2】操作性が高く導入しやすいか
  • 【ポイント3】クラウド型/オンプレミス型のどちらか
  • 【ポイント4】サポート体制はしっかりしているか
  • 【ポイント5】セキュリティに強いシステムか
  • 【ポイント6】既存のツールやサービスと連携できるか

今回紹介したサービスを、以下の表に再度まとめました。気になるサービスがあれば、サービス名をクリックして資料を取り寄せることをおすすめします!

▼電話に活用できる顧客管理システム(CRM)

ツール名 特徴
カイクラ ・受電と同時に顧客情報が表示される
・自動で通話を録音してくれる
・担当者や過去のやりとりが確認できるメモ機能
MiiTel ・通話のスコアリング機能がある
・引き継ぎに便利な応対メモがある
・固定電話がいらずIP電話で対応できる
楽テル ・過去の顧客とのやりとりが検索できる
・架電業務に役立つリスト機能
・自宅からでも顧客情報などの共有ができる

▼マーケティングに強い顧客管理システム(CRM)

ツール名 特徴
Ambassador Relations Tool ・初期費用、月額費用0円で利用できる
・ステップメールなどの送信ができる
・顧客のスコアリングができる
Hub spot ・メールのトラッキング機能がある
・SNSの広告も作成できる
・広告の効果測定も可能
b→dash ・自社に合わせた管理画面にカスタマイズが可能
・複数チャネルに合わせたメッセージの配信が可能
・売上や顧客の状態などさまざまな分析が可能

▼営業に強い顧客管理システム(CRM)

ツール名 特徴
Canbus ・スマートフォンからも顧客情報の報告が可能
・従業員の勤怠管理も可能
・他の従業員と情報を共有できるチャット機能
eセールスマネージャー ・案件の進捗がわかりやすい管理画面
・管理、確認のしやすいスケジュール画面
・過去に導入した商材情報の共有
楽楽販売 ・リアルタイムで顧客情報の共有が可能
・自社に合わせたカスタマイズが可能
・請求書や帳簿などの定期業務の自動化が可能

▼顧客育成に強い顧客管理システム(CRM)

ツール名 特徴
SATORI ・リードの獲得や育成に強い
・成果につながりやすい顧客の分析
・セミナー開催の段取りも可能
Visionary ・キャンペーンの効果分析や顧客の購買分析
・お客様の声やアンケート機能の搭載
・顧客育成や販促につながるメール送信機能がある
Synergy! ・誰でも操作できるような操作性の高い管理画面
・不正侵入や不正アクセス検知機能など高いセキュリティを搭載
・電話、メール、サイトとサポートが手厚い

▼多機能な顧客管理システム

ツール名 特徴
Zoho CRM ・顧客情報や案件に関する情報をまとめて管理できる
・タスク管理やお礼メールなどのルーティン業務の自動化ができる
・施策の効果の分析ができる
kintone ・導入企業社数20,000社以上
・顧客対応、営業、分析などさまざまな業務に対応している
・システム構築の知識がなくてもドラック&ドロップで構築できる
Customer Rings ・顧客に関連する情報をまとめられる
・実施した施策の分析ができる
・顧客それぞれに合わせたメールやLINEの配信が可能

関連記事

  1. 法人営業における顧客満足度をあげるためには?営業の流れに沿って対策を紹…

  2. 接客でおもてなしをするメリットとは?具体的な方法や参考事例まとめ

  3. 法人に電話が必要になるのはいつ?固定電話や法人電話それぞれの利点も解説…

  4. 法人に電話営業が効果的な2つの理由とは?商談につながる5つのコツも解説…

  5. 働きがいのある会社の取り組みとは?具体的な例やメリットも合わせて紹介

  6. 顧客体験(CX)とは?経験価値の質を高める方法や差別化の成功事例を紹介…

PAGE TOP