自動車ディーラーはきついって本当?きついと言われる5つの理由と打開策を紹介

「自動車ディーラーの営業職はきついって噂を聞いたけど本当?」
「自動車業界でうまくやっていけるか不安」

と、お悩みではありませんか。

一口に「きつい」と言っても、その大変さは人それぞれ異なります。ある人にとってはきつく感じる業務が、別の人にとっては苦にならないこともあるからです。

自分に合った仕事かどうかを判断するには、具体的な業務内容を知ることが重要です。

本記事では、自動車ディーラーの営業職がきついと言われる理由や仕事のやりがいなどを詳しく解説します。仕事がきつくて悩んでいる方へ向けた打開策もあわせて紹介していますので、ぜひ最後までご一読ください。

シンカでは、自動車ディーラー向けの資料を無料で配布しています。自動車業界を取り巻く課題や売上をアップする秘訣などをまとめていますので、自動車業界にご興味のある方はぜひご活用ください。

自動車ディーラー向け!
売上アップの新戦略とは?
▲無料ダウンロード資料あり

【PR】次世代型電話業務DXツール「カイクラ」

  • 継続率、驚異の99.8%
  • 煩雑な電話業務が圧倒的にラクチンに
  • 自動通話録音・文字起こし、AI要約でトラブル回避

\ 利用社数2,600社以上 /
公式サイトを見る

目次

自動車ディーラーの営業職とはどんな仕事?

自動車ディーラーとは、自動車メーカーと特約店契約を結んだ正規販売店のことを指します。

自動車ディーラーには、主に「営業担当者」「自動車整備士」「事務・受付」の3つの職種がありますが、本記事では「営業担当者」の仕事に焦点を当てて説明します。

営業担当の主な仕事は、顧客に新車や中古車を販売することです。基本は顧客への接客対応がメインですが、販売に伴う事務作業や試乗車のメンテナンス、自動車保険や自動車ローンの提案など、多岐にわたる業務を担当します。

営業スタイルは、「来店型営業」と「外回り営業」の2パターンがあります。来店型営業は、店舗に来た顧客へ直接接客するものです。もう1つの外回り営業では、既存顧客を訪問して車の調子を確認し、点検作業の手配や買い替えの提案などを行います。

ディーラーのなかでもとくに営業職は「きつい」と言われやすい職種です。ここからは、その理由を解説します。

自動車ディーラーの営業がきついと言われる理由5つ

自動車ディーラーの営業職が「きつい」と言われる具体的な理由を5つ紹介します。

  1. ノルマ・目標設定が厳しい
  2. 過度な接客やクレーム対応
  3. 残業や土日出勤がある
  4. 書類作成など想定外の事務作業
  5. 上司や同僚との人間関係

営業職として長く働くためには、先輩がきつかったと感じた点やつらい場面を知っておくことが重要です。順にみていきましょう。

【理由1】ノルマ・目標設定が厳しい

自動車ディーラーの営業職がきついと言われる理由の1つに、厳しいノルマや目標設定があります。

営業職には、必ず達成しなければならない具体的な売上目標や契約数が設定されており、これを営業ノルマと呼びます。自動車ディーラーの場合、「月に◯台成約」という目標が定められることが多いです。

ノルマや目標の難易度はメーカーや販売店によって異なりますが、ノルマを達成しなければ評価につながらない点においてはどの会社でも共通しています。

また、以下のように自動車販売以外においてもノルマを課せられるケースがあります。

  • 自動車保険の契約
  • JAF(ロードサービス)
  • 車検・点検

契約のためには新規来店客への営業はもちろん、既存顧客に新たな提案をするなどの積極的な行動が求められます。

ノルマ達成が当然な雰囲気の職場では、毎月の数値目標によるプレッシャーから、営業職の仕事がきついと感じる人がいるかもしれません。

【理由2】過度な接客やクレーム対応

2つ目の理由は、接客に対するストレスです。自動車ディーラーの営業は、日々さまざまな顧客へ接客するため、顧客とのコミュニケーションにストレスを感じる人がいます。

接客の現場では、例え理不尽なクレームへの対応や過度なサービスの要求であっても、冷静かつ柔軟な対応をしなければなりません。

しかし、ストレスをうまく発散できずに自分の感情を抑え続けていると、ストレスが蓄積していき疲弊してしまいます。

以下は、過度な接客やクレームの例です。

  • 台風の影響で納車時期が予定より遅れて怒られる
  • 接客中に暴言を浴びせられる
  • 「オプション(20万円)くらいサービスして!!」と要求される

たとえ自社ではどうしようもない場合でも、わかってくれる顧客ばかりではないことを知っておきましょう。

また、自動車ディーラーはその場限りの一時的な接客では終わらず、顧客と長期的な関係を築くことが多いので、コミュニケーションはより重要視されます。

たとえば、納車までの半年間に週1回程度の連絡を取ったり、納車後は定期訪問して車検や買い替えの提案を行ったりします。

【理由3】残業や土日出勤がある

自動車ディーラーは、世間一般が休みとなる土日祝日に出勤し、平日休みであることが基本です。そのため、一般企業と同じ勤務形態で働きたいと考える人にとっては、きついと感じる可能性があります。

また、顧客の都合にあわせる必要があるため、以下のケースも起こり得ます。

  • 終業時間になっても顧客対応のために残業する
  • 車の引き渡しは営業時間外でも顧客の空いている時間帯にあわせる
  • 自分が休みの日に顧客から連絡があったら対応する

残業や休日出勤が続くと、家庭と仕事のバランスを取ることが難しくなったり、リフレッシュの時間を取れずにストレスを抱えてしまったりすることがあります。

自動車ディーラーの営業職として働く上では、自分のオフの時間を守りながら上手に立ち振る舞うスキルを身につける必要があることを知っておきましょう。

h3【理由4】書類作成など想定外の事務作業

営業職がきつい理由として「仕事の種類の多さ」も挙げられます。ディーラーの営業は、接客と並行して書類作成などの事務作業も担当するため、想定外の時間を取られることになるからです。

たとえば、成約後に取り扱う書類だけでも、以下のように多岐にわたります。

▼取り扱う書類の例

  • 新車注文書
  • 登録委任状
  • 自賠責譲渡証
  • 割賦契約書
  • 保管場所証明書
  • 下取り委任状
  • JAF入会申込書
  • 自動車保険加入申込書

これらはすべて契約に必要不可欠なものであり、営業担当は各書類の内容を十分に理解し、確認しなければなりません。

【理由5】上司や同僚との人間関係

最後にきつい理由として挙げるのは、職場での人間関係がきついと感じてしまっている場合です。

これは自動車ディーラー業界に限った話ではありませんが、上司や同僚との関係性が良好ではない場合、ストレスを感じる場面が多くなります。

また、以下のように営業成績へのこだわりが強すぎるあまり、職場の雰囲気が悪くなってしまうケースも少なくありません。

  • 毎月の営業ノルマに職場が殺伐とし、同僚同士足の引っ張り合いや陰口される
  • 上司からの叱咤激励がストレスと感じる

職場の人間関係は、メンタル面に影響を及ぼす可能性があります。

上司や同僚との良好なコミュニケーションを築き、互いに支え合える関係性を構築することが、営業職としてのストレス軽減につながります。

自動車ディーラー営業のやりがいと魅力4つ

自動車ディーラーの営業職は、確かに仕事量が多く大変だと言われていますが、同時にやりがいのある仕事でもあります。ここでは、やりがいと魅力を4つにまとめました。

  1. 高収入を得られる可能性がある
  2. 成約時の達成感を得られる
  3. 従業員価格で新車・中古車が購入できる
  4. 自動車に関する専門的知識が身に付く

仕事のやりがいや魅力的な部分を理解することは、モチベーションを維持する上でも重要です。それぞれ詳しくみていきましょう。

【魅力1】高収入を得られる可能性がある

自動車ディーラーの営業職の大きな魅力は、「やればやるだけ給料に反映される」点です。

多くの自動車ディーラーでは、営業成績に応じたインセンティブ制度を導入しています。つまり、契約数が多ければ多いほど、月収がアップする可能性があります。

自分の頑張りが直接収入に反映されるため、大きなやりがいを感じられるのは、仕事を続けるモチベーションにもつながり魅力的です。

「ノルマ」にはネガティブなイメージがありますが、同時により高い目標に挑戦するための動機付けにもつながっています。自分の頑張り次第で収入アップが見込める環境は、営業職の大きな魅力の1つと言えます。

【魅力2】成約時の達成感を得られる

続いての魅力は、「自分の接客によって自動車が売れた」達成感です。

自動車は多くの顧客にとって高額な買い物であるため、顧客はさまざまな角度から検討を重ね、慎重に購入を決断します。そのなかで成約を得たことは、営業担当として適切な接客や提案ができた、言い換えれば、「自分が信頼してもらえた」「自分の仕事ぶりが認められた」証です。

また営業職には、自分の成果が売上や成約率などの数値として客観的に評価できるメリットがあります。数字という明確な指標があるため、自身の成長度合いや努力の成果がわかりやすく、やりがいへとつながります。

【魅力3】従業員価格で新車・中古車が購入できる

会社によって異なりますが、福利厚生として従業員割引が利用できる場合があります。

これにより、新車や中古車を通常価格よりも安く購入できたり、部品購入やメンテナンス費用・点検・車検が割引できたりするメリットがあります。

また、車好きの人にとっては、新型車にいち早く乗れたり、さまざまな車種を試乗したりできる機会が多いことも自動車ディーラーで働く魅力の1つです。

【魅力4】自動車に関する専門的知識が身に付く

自動車ディーラーの営業職は、常に自動車に関する専門知識や最新情報が求められる仕事です。

自社の車の基本的な性能はもちろん、他社メーカーの車両との比較や事故対応に関する知識など、幅広い分野に精通している必要があります。

自動車ディーラーの営業職は、単なる販売員ではなく、自動車のプロフェッショナルとしてお客様に寄り添う仕事です。車に関する専門知識を磨き続けられる環境は、車好きにとって何よりも魅力的だと言えます。

自動車ディーラーの営業職がきつくなったらどうする?解決のアプローチ5つ

「ディーラーの営業職はきつい」と思いながら働き続けることは、心身の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

ここでは、知っておきたい5つの解決アプローチを紹介します。

  1. 自分に合ったストレス発散方法を見つける
  2. 信頼できる相談相手を持つ
  3. 悩みを分解して考える
  4. 営業力のスキルアップ方法を考える
  5. 仕事を効率化して生産性を上げる

自分に合った方法を見つけ、実践することが重要です。ひとつずつ説明しますので、参考にしてみてください。

【アプローチ1】自分に合ったストレス発散方法を見つける

営業職は、仕事量の多さや接客での理不尽な対応など、日常的にストレスが溜まりやすい職業です。

そのため、心身の健康を維持するためには、適度に息抜きをしてストレスを溜め込まないようにすることが重要となります。

ストレス発散の方法として一例をお伝えします。

  • 定期的な休息やリラックスタイムを心がける
  • 気軽にできる趣味を見つける
  • 趣味に没頭できる時間を設ける
  • スポーツで汗を流す
  • 友人や家族などと楽しい会話をする

何でストレスを発散できるかは人それぞれ異なりますので、大切なのは自分の生活スタイルや性格に合ったストレス発散法を見つけることです。

また、ストレス発散の時間をあらかじめ確保しておくことも重要です。日々の仕事に追われていると、つい後回しにしてしまいがちですが、計画的に時間を作るよう心がけましょう。

【アプローチ2】信頼できる相談相手を持つ

1人で思い悩み続けてしまうと、思考がネガティブに固まり、精神的につらくなることがあります。

そのようなとき、上司や同僚、友人など、悩みを打ち明けられる相談相手や頼れる存在がいるとモチベーション維持につながるでしょう。

たとえ職種が異なる人でも誰かに聞いてもらうだけで、気持ちが整理されたり、自分では思いもよらなかった視点からのアドバイスがもらえたりすることもあります。

信頼できる相談相手の存在は、きつい時期を乗り越える大きな力になります。

【アプローチ3】悩みを分解して考える

一口に「仕事がきつい」と言ってもその内容や程度は人によって異なります。「何がきついのか」「どのくらいきついのか」を具体的に把握することが、適切な対処法を見つける第一歩となります。

そこで、悩みを細かく分解してきついと感じている要因を具体的に考えてみましょう。そうすることで、問題の本質が見えてきて、適切な解決策が見つかることがあります。

たとえば、悩みの原因が自分の力で変えられるものなのか、職場に起因していて自分では変えられないものなのかによって、対処法は大きく異なります。

以下は、原因が自分で変えられる悩みとその対処法の例です。

  • 仕事量が多くてつらい→時間を決めて行動する/ツールを使って情報整理する
  • ノルマが達成できなくてつらい→営業力を上げるためのスキルアップする
  • クレームが怖くてつらい→クレーム対応マニュアルを作成する/読み込む

一方、自分では変えられない悩みに対しては、以下の対処法が考えられます。

  • 土日祝日休めないのがつらい→土日祝日が休める職場への転職を検討する
  • 上司に叱責されるのがつらい→他の職場への転職を検討する

仕事のつらさの原因は、ひとつとは限りません。しかし、それぞれの要因を整理し、自分にできることとできないことを区別することが重要です。

まずは立ち止まって、悩みを細分化してみることをおすすめします。

【アプローチ4】営業力のスキルアップ方法を考える

きつい原因が「ノルマが達成できない点」である場合、自分の営業スタイルや接客方法のスキルアップを検討してみましょう。

実際、自動車ディーラーの営業職では、入社後3年ほどは営業ノルマの達成が難しいとされており、この下積み期間に営業方法や接客方法を学ぶ人が多くいます。

営業職に求められるスキルは、以下のように多岐にわたります。

  • 自動車販売に関する専門知識
  • プレゼン力や話術
  • ヒアリング力
  • 電話対応
  • クレーム対応の際のマインドセット

これらのスキルを向上させるためには、以下が有効です。

  • 営業成績の良い先輩の仕事ぶりを真似する
  • 営業スキルに関する書籍を読む
  • セミナーに参加する

なお、当サイトでも電話対応マニュアルを作成しています。丁寧な電話対応は顧客との信頼構築や営業成績の向上に役立つので、ご興味のある方はぜひダウンロードしてご活用ください。

\電話業務にかかる時間を1/3へ!/
カイクラの詳細を見る
▲電話対応による負担軽減!

【アプローチ5】仕事を効率化して生産性を上げる

自動車ディーラーの営業職の仕事がきついと思われる原因が「仕事量が多い」「残業が多い」である場合、業務の効率化を図ることで解決できる可能性があります。

とくに、電話対応に追われて他の業務が進められなかったり、集中力が途切れたりすることが多いのであれば、電話業務の効率化を検討するのがおすすめです。

1件あたりの通話時間は2〜3分であっても、1日50件の取り次ぎが発生すれば通算で2時間半も時間を費やすことになります。

また、電話対応が多いと「試乗予約の時間を伝達ミスしてしまった」などのトラブルが発生するリスクも高くなり、顧客の信用を失うことにつながりかねません。

電話業務を効率的に行うためのポイントは、以下3つが挙げられます。

  • 電話対応のマニュアルを作り徹底する
  • 電話の内容はすべてメモを用意し社内で共有する
  • 電話業務の効率化に役立つシステムの導入を検討する

また、電話の取り次ぎをスムーズにすることも業務効率化へとつながります。電話取り次ぎの改善ポイントやコツについては、以下の記事にてまとめていますので、電話対応のマニュアル作りのヒントにあわせてご一読ください。

あわせて読みたい
【例文あり】電話取り次ぎの悩み別解決法!4つのポイントも紹介 「電話の保留が長くて、顧客を怒らせてしまった」 「内線のつなぎ方がわからず、違う担当者につないでしまう」 「不在時のメモを読んでも、用件がわからない」 など、電...

ここまで読み、「業務効率化は個人の力では難しい」とお考えの方もいるのではないでしょうか。

自身の営業スキルの向上はもちろん重要ですが、並行して「接客業務を効率化するためのツール」の導入を社内に提案することもおすすめです。

電話業務の効率化はもちろん、顧客ごとの状況や好みをメモとして残せるため、受付スタッフとの共有や顧客とのコミュニケーションがスムーズに行え、離反防止にもつながります。

ここからは、業務効率化につながるツールとして、顧客との会話をクラウド管理する次世代型コミュニケーションプラットフォーム「カイクラ」を紹介します。

業務効率化に役立つおすすめのツール「カイクラ」

「カイクラ」は、顧客とのやりとりを一元管理できるプラットフォームです。

受電時に顧客の情報や過去の通話履歴を表示したり、通話録音ができたりするので、電話対応で発生していた時間のロスや機会損失を防ぎ業務効率化に役立ちます。

ここでは、自動車ディーラーでの事例として、「カイクラ」導入で電話対応に変化があったトヨタカローラ香川株式会社様を紹介します。

同社では、店舗への電話が多く、その対応や担当者が不在の際の要件把握などに時間がかかっていました。しかし、カイクラ導入により効率よく電話対応ができるようになったそうです。

具体的な例を以下にて紹介します。

  • 受電時の顧客情報表示により、顧客の名前や車種、ナンバーなどを聞く必要がなくなり、取り次ぎ時間を短縮できた
  • 顧客からの問い合わせや折り返し電話の内容把握など、社内での情報共有がスムーズになった

「サービス入庫の場合は、電話着信時に『カイクラ』上でお客様のお名前や車の情報が表示され、一目でわかるので『少々お待ちください』という保留時間がありません。また、営業スタッフ宛のお電話だった場合でも、お客様のお名前が目で見られる状態ですので、間違う可能性がありません。聞き取りにくく、『すみません、もう一度よろしいでしょうか』と伺う場面もなくなったのです」

顧客一人ひとりにあわせたコミュニケーションは、顧客からの信頼感が向上し、良好な関係構築へとつながります。

カイクラの詳しい資料は以下から無料でダウンロードできますので、業務効率化に興味のある方はぜひご覧ください。

\利用社数2,600社以上!/
カイクラの詳細を見る
▲無料ダウンロード資料あり

まとめ:自動車ディーラーはやりがいもある!状況に適した解決方法を見つけよう

本記事では、自動車ディーラーの営業職が「きつい」と言われている理由を紹介しました。

自動車ディーラーの営業職は、営業ノルマの達成や長時間労働など、大変な面があるのは事実です。

しかし、その一方で、高収入を得られる可能性があったり、成約時の達成感を味わえたりと、やりがいのある仕事でもあります。

もし営業職がきつい場合には、自分に合ったストレス発散方法を見つけたり、相談相手の確保、営業力のスキルアップを行うのがおすすめです。

シンカでは、自動車ディーラー向けの資料を無料で配布しています。自動車業界を取り巻く課題や売上をアップする秘訣などをまとめていますので、自動車業界にご興味のある方はぜひご活用ください。

自動車ディーラー向け!
売上アップの新戦略とは?
▲無料ダウンロード資料あり

電話対応にかかる時間を40%削減!

カイクラを導入すれば、電話業務の効率化から顧客対応の品質改善まで一気通貫で行えます。

  • 通話の自動録音
  • 通話内容の自動文字起こし
  • 顧客情報の管理
  • 顧客対応内容の可視化
  • SMSのリマインド送信

これらを、電話番号を変えずに固定電話でも社用スマホでも実現できるのは「カイクラ」だけ!

カイクラを使えば、普段の煩雑な電話業務を効率化できます。

電話業務DXツール「カイクラ」の詳細を見る(https://kaiwa.cloud/)

この記事を書いた人

カイクラ編集部です。カイクラ.magは、株式会社シンカが運営するオウンドメディアです。 「音声を記録し、会話を企業価値に」をモットーに、「会話」に関する様々なテクノロジーや最新情報、企業の業務効率化や社内コミュニケーションの活性化事例など、すべての企業にとってお役に立てる情報を幅広く発信します。

目次