音声テックとは?導入メリットや特徴など徹底解説

ラジオやポッドキャストといった音声サービスは、私たちの日常生活に浸透しています。
これらの音声コンテンツの新しい形が、音声テックとして今注目されています。
ベンチャー企業や大手企業が音声テックのメリットや特徴を活用し、事業を促進していこうとしているのです。

音声テックとは何なのか、導入にはどのようなメリットがあるのかなどを解説していきます。
自社に導入するか検討している方や、音声テックに興味がある方は参考にしてください。

音声テックって何なのか知りたい

音声テックとは、音声に関する新たなコンテンツやデバイス技術を開発していくことです。

テックという言葉自体には、技術や開発といった意味があり、実は音声だけに限らず、テックは現在盛んに行われています。ビジュアルを使ったテックの進歩はかなり進んできています。
例えば、VRやオンラインゲームなどは、数年前とは比べものにならないほど技術が進んでいるのではないでしょうか。
スマートフォンやゲーミングパソコンのハード系の進歩と同時に、映像系のテックは加速的に進歩しています。

テックの進歩が進む中で、音声テックの変化もめざましいものがあります。
スマートスピーカーやスマートフォンを使って、音楽を気軽に楽しむ技術が開発されてきました。

アプリを使うことで世界中のラジオを聴けますし、ポッドキャストの視聴者も増え続けています。
映像と違って音声だから仕事や勉強の邪魔にならないため、年齢に関係なく音声コンテンツには人気があります。
AIが進化していくと、スマートスピーカーの役割もさらに生活の中で大きくなっていくと考えられています。

スマートスピーカーの進歩と音声テックは、これからも切り離すことが出来ない関係性であり続けるでしょう。

音声テックが注目されているのはなぜ?

音声テックの大きな魅力は気軽にエンターテインメントを楽しめることです。
通勤や通学の時に映像を見ずに、ただ聞き流すだけで色々なコンテンツを楽しめます。
音楽を聴くだけでなく、ニュースをチェックしたり好きなアーティストのインタビューを聴いたり出来ます。

最近はユーチューバーが増えていますが、個人で音声コンテンツを作る人たちも増えていくでしょう。
個人で簡単に映像制作ができる時代になっていると同時に、音声コンテンツの制作も気軽に出来るようになってきています。
高度な処理技術が可能なパソコンやアプリが安価になってきていますし、収録マイクの価格も値段が下がってきています。

音声テックはビジネスの世界でも注目されています。
なぜなら音声でインターネット検索をする人が増えてきているからです。
検索キーワードをわざわざキーボードを使って打たずに、音声で検索をする人が増加しています。
そうすると、見つかったホームページも音声で解説してくれた方が分かりやすいと感じる人がいるのです。

例えば、料理中の主婦がスマートスピーカーで、ある食品企業のホームページを検索するとします。
検索された企業のホームページが音声コンテンツを持っていれば、その主婦は画面を見ずにスマートスピーカーだけでホームページの内容をチェックできます。

わざわざパソコンを使わずにスマートスピーカーで、音声だけで必要な情報に触れられるというのはカスタマーエクスペリエンスであり、この便利さを体験したユーザーは、その企業へのロイヤルティを高めるでしょう。

人気の音声テックの特徴を解説

現在人気の音声テックには、どのようなものがあるのでしょうか。

女性を中心に人気のコンテンツとして、深夜のカフェで女子がしている小声の会話を収録したものが人気です。

ラジオのプログラムにするほど作り込まれていない会話ですが、たわいもない会話なのでBGM代わりに聞くことが出来るようになっています。
このプログラムが、1人で部屋にいる寂しさを紛らわせられると人気なのです。

ファストフードの大手企業は、音声テックを広告のために活用しています。
例えば、あるときにはポッドキャストを使って、自社の製品を中心としたストーリー仕立てのプログラムを作りました。
そして、ストーリーの中に出てきた実在しない商品を、一日限定で販売するといった企画を行ったのです。
意外なことに大勢の人がその商品を買うために店に訪れ、商品が足りなくなるといった事態が発生しました。
限定品の販売が終わった後から、ネットユーザーを中心に再販売を望む声が高まったのです。

音声テックから始まった強烈なカスタマーエクスペリエンスとなりました。
このように音声テック発信のリアルな購入体験を通して、事業を促進させていこうという取り組みが企業で行われています。

音声テックを企業に導入するメリット

動画が重視される時代にあって、音声テックを企業に導入するメリットは何なのか疑問に思われるかも知れません。

音声テックというのは、映像と違って情報のインパクトが大きいというメリットがあります。
人間の声やキャラクターの声は、ほかの人が複製しにくいものです。
声紋という言葉があるほど、生身の声は人それぞれ違います。
つまり話している人のパーソナリティが、そのまま聞いている人の印象に残るのです。
視聴者が好きになった声や気に入った声で企業の情報を発信できれば、効果的な宣伝が行えます。
宣伝を前面に出さなくても、音声テックを使うことで自社に共感してくれる顧客を作り出していくことが可能です。

現在いくつもの企業が、自前の音声テックを試作したり音声コンテンツを制作したりしています。
英会話を学ぶプログラムや企業の社員が雑談しているコンテンツを作っています。

ラジオ番組ほどの完成度ではないにもかかわらず、その手作り感が親近感を持てるといった反応が視聴者からあります。
音背テックは企業の人間味を伝えるために有効な手段と見なされているのです。

音声テックを導入したいときに使いたいサービスとは?

音声テックを導入したいときには、どのようなサービスを使用したら良いでしょうか。

いくつかの音声クラウドサービスがあります。
安定した通信回線を手供するキャリアサービスや、あらゆるデバイスからコンテンツを制作できるツールなども提供されています。
クラウドなので、24時間365日サーバーの安全管理をしてもらえる点も評価されているポイントです。

コンテンツを作るときには、コンセプトをきちんと作っておくことが大切です。
企業のブランドリフトをするわけですから、どうやったら顧客が共感してくれるか考えるようにしましょう。
音声に加えてSNSを連動させたり、ホームページで詳細情報を提供したりさせることも出来ます。

こういった音声テックによる事業の促進方法や様々な事例について扱ったセミナーなどがあれば、チェックしておきたいですね。

また、顧客のエンゲージメントを高め、さらに購買意欲を促進させていく上で、音声テックが有効だと認められてきています。
音声を使ったコンテンツ制作や技術開発をしていく音声テックは、これから企業にとって見過ごせないツールになります。
エンターテインメントのコンテンツが増えているので、視聴者は音声テックに抵抗を感じていません。

企業が音声テックに関係したプログラムを開発していくことで、顧客は企業に共感するようになっていきます。
人間味を感じるようなコンテンツを聞き、企業のプロダクトへのロイヤルティを高める可能性があります。

今後はスマートスピーカーが一般化してくるため、ますます音声テックの重要性が高まっていくことでしょう。

最新の音声テック事例 「シンカの通話録音サービス カイクラ」

シンカの通話録音サービス カイクラは、音声テックの1事例です。
顧客接点クラウド「カイクラ」とは、電話の着信時にかけてきた顧客情報が、着信と同時にパソコンやタブレット、スマートフォンの画面に表示される顧客接点クラウドサービスです。

顧客の名前や年齢、性別に加え、商品購入・サービス利用の履歴、ご要望、これまでの打合せ内容などが、即座に表示されます。

担当者がいない場合でもスムーズな電話応対ができることはもちろん、着信情報は本店や支店間など拠点が違うところでも共有できます。

シンカの通話録音サービス カイクラは、クラウド型でいつでもどこでも使え、お客様接点の改善強化につながります。
そして、新規顧客獲得と顧客離反防止の両方に大きな効果があります。

音声テックの最新事例として、1100社以上が導入しています。

https://www.thinca.co.jp/omotenashi_tel/strength.html

まとめ「音声テックはさらに導入が加速」

ここまで音声テックについて、その意味やなぜ注目されているのか、そしてメリットなどをご紹介してきました。

事業のブランドリフトになりかつ、顧客エンゲージメントを高めるような音声テックのご導入をご検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 音声を認識するとは?仕組みと活用方法について解説します

  2. スマートスピーカーとは?最新モデルの機能について【2020年】

  3. 【プレスリリース】12月16日(月)新サービス「カイクラ」発表会�…

  4. 【プレスリリース】【企業における固定電話の活用調査2019】それでも固…

  5. ボイステックとは?音声技術の活用と今後について

  6. AIアシスタントとは?スマートスピーカーやチャットボットとの関係性や特…

リモートワークにおける固定電話活用調査2020 詳しくはこちら
顧客を逃さず、売上UP「SMS活用法」とは?/SMSマーケティングの基本5か条をDL
通話録音クラウドの導入で業務効率UP!ビジネスを加速!詳しくはこちら

最近の記事

オススメの記事

  1. ニュース・業界動向

  2. テレワーク

  3. テレワーク

×
PAGE TOP