AIアシスタントとは?スマートスピーカーやチャットボットとの関係性や特徴を徹底解説

AIアシスタントはスマートスピーカーやチャットボットで使われています。
システムなどに詳しくない人が、AIアシスタントと言われてもピンとこないかもしれません。
AIアシスタントとは人工知能による様々なサポートのことを言います。

人工知能の活用は今後のビジネスに必要不可欠な要素です。
ビジネスマンとして知っておきたいAIスピーカーの特徴や、AIアシスタントのビジネスの可能性について説明していきます。

AIアシスタント搭載のスピーカーが人気

一番身近なAIアシスタントはスマートスピーカーです。
AIスピーカーと呼ばれることもあるITガジェットです。スピーカーに人工知能が搭載されており、必要な情報を音声検索で探すことが出来ます。

2017年頃からスマートスピーカーは販売されていますが、今の機器はよりスムーズに音声検索が出来ます。
スピーカーとの会話が、これまでよりも自然に行えるようになっています。
実際にAIスピーカーを使っている人の8割が、使い勝手に満足しているとの調査結果があります。

お気に入りの音楽を再生したり、今日のスケジュールをチェックしたりすることに使われています(出勤前の準備中にニュースを再生している人も多くいます)。
車にもAIスピーカーは搭載されている場合もありますが、ほとんどの人は家の中で使っているようです。

このスピーカーを通して、AIアシスタントが生活の中にいつの間にか普及し始めています。

評判の良いAIスピーカーの特徴を解説

評判の良いAIスピーカーの特徴は、使い勝手の良さです。
音声検索をしてもエラーが出ないことや、スムーズな会話が出来ることが大切なポイントです。

家の中に置くため、デザイン性も人気を左右します。どの家具ともマッチするような精錬されたデザインの製品が人気ですが、キャラクターを採用した愛らしいデザインも評判が良いです。
なじみのあるキャラクターをモチーフにしているスピーカーがよく売れています。

SNSの大手企業が出しているAIスピーカーは、テキストメッセージを音声だけで送受信できます。
子供に絵本を読み聞かせしてくれる機能がついているスピーカーは子育て世代に人気があります。

若者たちはAIスピーカーをコンテンツ消費のために使っています。
使用頻度の高いコンテンツは二つあります。

★動画

★音楽

動画や音楽といったコンテンツを楽しむためにAIスピーカーが使われます。
見たかったり聞きたかったりするコンテンツを探しやすいスピーカーが人気です。

AIアシスタントのビジネスの今とは?

AIアシスタントを使って、どのようなビジネスが行われているでしょうか。
スマートスピーカーの分野だけではなく、様々なシーンで活用が始まっています。

下記の分野の企業がAIアシスタントを使い始めています。

★産業

★医療

産業分野の企業では、工場で製造されたプロダクトの不良品を探すためにAIアシスタントを使っています。

医療分野では撮影したレントゲンやスキャン映像から、肉眼では見えないような病気をAIアシスタントが発見する取り組みが行われています。

他にも店舗にAIアシスタントが搭載されているタブレットを置くことで、カスタマーサクセスを行っている企業もあります。

飲食店に入った顧客がタブレットに話しかけると注文が完了したり、洋服屋に入った顧客が目当ての商品がどこかを話しかけると案内してくれたりするサービスが実施されているのです。

AIアシスタントで業務を効率化させよう

AIアシスタントで業務を効率化させている企業も多くあります。

人工知能搭載のチャットボットを採用し、人間が行っていた非効率的な業務をシステムへ丸投げしている企業が増えています。
ある程度パターン化されている業務に関しては、AIアシスタントへ任せることが出来ます。
それ以外の人間でしか出来ない非パターン化の仕事を、社員たちが行えるようにしている企業が少しずつ増えてきているのです。

企画を考えたりクライアント企業と交渉したりするのは、AIアシスタントでは行えません。
既存のサービスの調整や新しいプロダクトの開発も人間でしか行えない作業です。

チャットボットの活用方法

チャットボットを採用している企業は、AIアシスタントに顧客のよくある一般的な質問に答えさせています。

しかし、それ以外の活用方法もあります。それは社員同士の情報共有のために使っていく方法です。
外出時に他の社員のスケジュールを確認したり、部署への連絡事項を伝えたりするのにチャットボットを使えます。
共有している情報を口頭で変更することも可能です。
出張先で必要な書類を検索してもらうことも出来ます。

AIアシスタントのビジネス活用を加速させよう

AIアシスタントは、これからあらゆるビジネスシーンで活用されていくと考えられます。

例えば、住んでいるアパートに特化したAIスピーカーを用意しておくことが出来ます。
各部屋にAIスピーカーを設置しておき、そのアパートの住民が知っておかなければいけない情報を検索出来るようにするのです。
ゴミの収集日や粗大ゴミについての情報などが検索できるようになると便利です。
部屋にあらかじめついているエアコンや電気などをスピーカーで操作したり、アパートの管理会社にスピーカーを通して連絡したり出来るサービスも始まるかもしれません。

近所の居酒屋やおすすめレストランについての情報を教えてくれるサービスなどもあると嬉しいですね。
水漏れや電気のトラブルがあったときに、業者へすぐにスピーカーを通して依頼できるというシステムも構築できるかもしれません。

建設の作業現場などでは両手が塞がる作業が多いので、AIスピーカーでマニュアルをチェックできると便利です。

農業の分野では、ハウスの中の温度や湿度管理をAIを使って自動で出来れば農家の負担を減らせます。

AIアシスタントはビジネスの可能性を大きく広げるテクノロジーです。

AIアシスタントについて学べる人気のセミナーの特徴

初めてAIアシスタントについて知った人は、セミナーで基礎から学んでみたいと思われるかもしれません。
人気のセミナーは、海外と日本のAIアシスタント事情を丁寧に解説してくれます。
日本の市場でAIアシスタントを使ったアプリ開発や製品開発のヒントも与えてくれますよ。
世界のビジネスの現場でAIアシスタントがどのように使われているのか、マネタイズの可能性はどれくらいあるのかなども解説されていきます。

ワークショップも開かれ、AIアシスタントを体験できます。
将来的にAIアシスタントをビジネスに活かしたい人や、今後の可能性を知りたい人におすすめのセミナーです。
AIアシスタントはスマートスピーカーで一気に身近な存在になっています。
一度スマートスピーカーを使い始めると、便利で手放せないと感じる人がいます。

なぜならAIアシスタントが搭載されており、持ち主の必要な情報を学習して適切な検索を行ってくれるからです。
使う頻度が増えるほど使い勝手が良くなっていきます。

AIアシスタントはスマートスピーカーだけではなく、あらゆる分野で使われています。
産業や医療の分野ではすでに使用されているのです。
カスタマーサクセスを実現するために、飲食店や衣料品店などでもAIアシスタントが使われています。
チャットボットを使って業務を効率化させている企業も増えています。

AIアシスタントを活用しビジネスの可能性を広げていきましょう。

関連記事

  1. VoCとは?収集方法と活用の重要性について

  2. 会話テックとは?音声認識の先にあるコンテンツ分析の可能性

  3. 音声テックとは?導入メリットや特徴など徹底解説

  4. 音声を感情分析する方法と活用方法について徹底解説します!

  5. 【プレスリリース】【企業における固定電話の活用調査2019】それでも固…

  6. 音声ビジネスとは?メディア変遷と未来の方向性など徹底解説

最近の記事

オススメの記事

  1. SMS活用

  2. ニュース・業界動向

  3. 音声テック

×
PAGE TOP