カスタマーサクセスを推し進めるセールスフォースとは?特徴や事例など

セールスフォースとは、カスタマーサクセスにいち早く取り組んできた営業支援システムのことです。

サブスクリプション型サービスが増えてきており、カスタマーサクセスの重要性が日増しに高まっています。

そのようなビジネスの現場の中にあって、セールスフォースの存在が目立ってきています。

これからカスタマーサクセスに取り組む企業は、まずセールスフォースを導入することから始められるかも知れません。

セールスフォースの特徴や使い方について調べてみました。

セールスフォースという企業について知っておこう

セールスフォースとは、営業支援システムや顧客管理システムのことです。

世界の10万社以上の会社が営業活動や顧客のデータを管理するために、このシステムを導入しています。

国際的な成功を収めているこのシステムは、セールスフォースドットコムという企業が作っています。

セールスフォースドットコムは、1999年3月に設立されたカリフォルニアの企業です。

いち早くクラウドを使ったシステムを開発し、各企業に提供してきました。

セールスフォースドットコムの日本法人は2000年に設立されています。

当初からカスタマーサクセスを重視していました。

自社の顧客の成功体験を追い求めた製品開発や、自社のプロダクトを通して利用企業の顧客も満足できるようなサポートをしていたのです。

その取り組みが今注目されています。

カスタマーサクセスを推し進めるセールスフォースの特徴とは?

セールスフォースには、どのような特徴があるのでしょうか。

クラウドとAI技術を組み合わせた高度なシステムを使っている特徴があります。

企業が保有している顧客データをAIが分析して、特定の顧客をいつ誰から営業していったら良いかを分析してくれます。

過去の受注データから、1年のシーズンの中でいつが一番受注が多いのかを教えてくれます。

どの顧客を最初に回れば効率よく営業成績を上げていけるのか提案してくれ、無駄のない一日の計画が立てられるようサポートしていきます。

大企業になると営業の各担当者の扱うデータは膨大な量になります。

そのすべてを整理してジャンル分けし、すべての担当者が情報を共有できるようにしてくれます。

セールスフォースのシステムがあることで、営業担当者が連携して働きやすくなったり、一日の活動報告を作成したりする必要がなくなります。

無駄な書類作成の時間や、会議の時間を節約できるのです。

顧客からクレームがあっても、違う担当者が過去の履歴をチェックしてスピーディに対応できます。

ある顧客の担当者が休暇中でも、別の担当者が顧客の受注傾向を確認できるため、営業チャンスを逃すことがありません。

カスタマーの側も、必要なときに取引先の方から色々提案してくれるので助かります。

結果としてカスタマーサクセスを実現できます。

セールスフォースは世界各国で使われています。

アメリカや日本だけでなく、アジアの各国でも使用されているのです。

そのためインターフェースが洗練されていて分かりやすいです。

どの国のどの言語の人が見ても、システムが使いやすくなっています。

直感的に操作しやすいアイコンが使われている特徴があります。

導入したその日から社員たちが気軽に使えるようになっています。

セールスフォースの使い方を知っておきたい

具体的なセールスフォースの使い方について解説します。

どのようにして商談レポートを作ることが出来るでしょうか。

まずシステムにログインし、セットアップを起動します。

それからセールスを選び、レポートをクリックします。

このときにレポートのタイプをいくつか選ぶことが出来ます。

テンプレートが充実しているので使いやすく感じます。

必要なテンプレートを選んだら、データを入力していくだけです。

簡単にカスタマイズしていくことも可能です。

プログラミングの知識が無くても、ソフトを自分が使いやすいように編集していけます。

必要なボタンを作ったり、リストビューを作成したり出来ます。

設定画面のオブジェクトマネージャから、カスタムオブジェクトを選んでください。

そこから必要なカスタムを行っていけます。

セールスフォースでは、色々な便利な使い方を簡単に学べるようになっています。

社内SNSを作って始める方法や、データを集計してグラフ化させる方法などを公式サイトで学べます。

かわいいイラストや、分かりやすい図で説明してくれているので助かります。

セールスフォースが人気の理由

どうしてセールスフォースがここまで人気なのでしょうか。

なぜなら導入した企業が、使いやすいようにカスタマイズすることが手軽にできるからです。

社員がモバイル端末を使って作業するなら、動作が重くなりすぎないようなインターフェースに出来ます。

コールセンターを中心に活動している企業なら、各担当者とコールセンターの連携が上手く取れるようなシステムを作成していけます。

システムのカスタムの幅と、自由度の大きさが人気の理由です。

クラウドを利用しているため、会社にいない社員がいつでもデータにアクセスできます。

海外にいる担当もリアルタイムの情報を共有していけます。

情報共有のために使えるアプリも充実しています。

セールスフォースのアプリが他社アプリと連携しているので、使い勝手が良いことも評価されていますよ。

社内SNSが気軽に利用できますから、簡単な会議がすぐに始められます。

サポート体制の充実も評判の良い点です。

セールスフォースのシステムを使っていて、困ったことがあったり分からないことがあったりしたらすぐに問い合わせられます。

24時間365日対応してくれますし、問題が発生したときには1時間以内にサポートしてくれます。

カスタマーサクセスを実践している企業ならではのサポートです。

セールスフォースの導入事例をチェック

すでに国内の多くの企業がセールスフォースを導入しています。

ある老舗の旅館では、顧客管理の精度が飛躍的に上がりました。

予約情報を旅館内で共有できるので、重複を防いだりキャンセルの際の対応をスピーディに出来たりするようになったのです。

この旅館のカスタマーサクセスは、セールスフォースを導入することによって実現しました。

別の企業は車の販売店です。

ディーラーでは外回りの担当者の顧客が来店したときに、別の担当者が応対しなければいけないことがあります。

情報が共有できていないと適切な営業活動や応対が出来ません。

セールスフォースを導入することで、どの担当者でも顧客のニーズに合った対応が出来るようになりました。

物流関係の会社やブライダル系の企業なども、セールスフォースを導入して成果を実感しています。

これまで顧客に提供してきたサービスや、客から受けたクレームの情報を共有することが、カスタマーサクセスにいかに繋がるかを理解しているのです。

カスタマーサクセスにいち早く取り組んできたのがセールスフォースドットコムです。

この企業の営業支援システムであるセールスフォースは世界的にヒットしています。

その理由は、このシステム自体カスタマーサクセスを意識しているプロダクトだからです。

セールスフォースを導入した企業は次々に成功体験をしていきます。

それだけでなく、セールスフォースを使って営業活動をすることで、導入企業の顧客たちがカスタマーサクセスを経験します。

セールスフォースのプロダクトに関係する人たちが、成功を実感するような仕組み作りがそこにはあります。

自社にどのようにカスタマーサクセスを導入しようか悩んでいるなら、まずはセールスフォース

を使ってみるのが良いかも知れません。

カスタマーサクセスを成功に導くクラウドツール「顧客接点クラウド」

”顧客接点クラウドでMRR向上、チャーンさせない。

関連記事

  1. カスタマーサクセス(CS)はテレワークでも実現できる?成功のポイントな…

  2. カスタマーサクセス支援ツールを徹底解説|なぜツールは必要なのか。

  3. 年々増加するカスタマーサクセスが増える理由とスキルセットとは

  4. カスタマーサクセスを実現するCSM(カスタマーサクセスマネージャー)と…

  5. カスタマーサクセスの事例を業種別に徹底まとめ

  6. 注目!カスタマーサクセス管理ツールの果たす役割とは

リモートワークにおける固定電話活用調査2020 詳しくはこちら
顧客を逃さず、売上UP「SMS活用法」とは?/SMSマーケティングの基本5か条をDL
通話録音クラウドの導入で業務効率UP!ビジネスを加速!詳しくはこちら

最近の記事

オススメの記事

  1. ニュース・業界動向

  2. テレワーク

  3. テレワーク

×
PAGE TOP