【プレスリリース】シンカとJBアドバンスト・テクノロジーが協業、第一弾として「カイクラ」と「Salesforce」の連携サービスを提供

顧客接点クラウド「カイクラ」を開発・販売する株式会社シンカ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 江尻高宏、以下シンカ)は、JBアドバンスト・テクノロジー株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:吉松正三、以下JBAT)と協業し、カイクラとSalesforce間で顧客情報等のデータ連携を実現するサービスを提供します。

「カイクラ」は、顧客からの電話着信時に顧客情報・対応履歴情報をPCなどの画面に表示し、電話対応をサポートする完全クラウド型のシステムです。基本となる顧客情報は「カイクラ」の画面から直接入力して登録する他、外部システムの顧客情報をCSVファイルにダウンロードし、手動で「カイクラ」に取り込むこともできますが、手間がかかる上、取り込み忘れによりシステム間でデータに差異が生じる場合があります。APIを利用して外部システムの顧客情報を自動で取り込むことも可能ですが、API連携は高度なプログラミング技術が必要なため「自社開発するのはコストがかかる」、「実現に時間がかかってしまう」という声をお客様より多くいただいていました。

このようなシステム間でのデータ連携の課題を解決し、「カイクラ」をより便利に利用いただくため、JBATのクラウド連携プラットフォーム「Qanat Universe」を活用し、「カイクラ」と他システム間で手間なくデータ連携を実現するサービスを提供します。「カイクラ」を利用するユーザーは他システムとの連携のための個別開発が不要となり、低コストかつ短期間で他システムと連携することが可能です。第一弾として提供する「カイクラ」とセールスフォース・ドットコム社の「Salesforce」との連携サービスは、日々の営業活動で更新される「Salesforce」の最新の顧客情報のみを取り込むことができ、営業活動と連動した電話対応を実現できます。
※本サービスは、すでに一部の「カイクラ」ユーザー様へのご導入頂いております。

【価格】 初期費用15万円、1ユーザーあたり月額8千円~ (いずれも税抜)

 ※「カイクラSalesforce連携」のご利用には「カイクラ」本体(CTI機能)のご契約が必須となり、別途「カイクラ」の費用が必要となります。

シンカとJBATは、今後も協力し、「カイクラ」と他システムの連携サービスを拡充していく予定です。

「カイクラ」をご検討されているお客様へ

カイクラで、顧客情報と対応履歴を一元管理し、
チームで常に最新情報を共有しませんか?

お電話でのお問い合わせ: 03-6721-0415 (平日9:30〜17:00)