固定電話恐怖症も?企業の固定電話利用調査結果まとめ【最新版】

固定電話恐怖症」という言葉が最近話題になっているようです。

企業の固定電話に掛かってくる電話はどうしても「緊急」だったり「クレーム」だったりする傾向にあるため、うまく対応ができずに怒鳴られたり、叱られてしまう体験をすることで、固定電話に出るのが怖くなってしまうことを指します。ひどい場合には、電話に出る、もしくは出ようとすると、心身症状を伴う苦痛を感じることも。スマホ世代では、「誰からの電話かがわからない」「どんな用件かわからない」というのが大きなストレスになってしまうようです。

誰でもクレーム電話の対応を行う際には、心理的に負荷が掛かるものですが、社員が「電話に出るのが嫌」で離職を考えるほどになってしまうのは問題です。企業側もなんらか対策を講じる必要があるかもしれません。

では、どのような対策を行うのが良いのでしょうか?

まずは、現状を把握するために、客観的なデータに当たるのが良いのではないでしょうか?企業の固定電話の活用状況について1,000人以上に聞いた調査データをまとめました。

ご興味のある方はダウンロードいただけます。

無料資料ダウンロード|企業における固定電話の活用調査

大切な新入社員をやめさせない!「固定電話恐怖症」対策セミナー

2020年4月10日(金)、弊社では「固定電話恐怖症」対策セミナーを実施します。ぜひご参加ください。詳細はこちら

 

固定電話恐怖症について以下記事に詳細をまとめていますので、よろしければご覧ください。

関連記事

  1. 【セミナーレポート】DXなくして成功なし!新卒採用大変革期の「採用戦略…

リモートワークにおける固定電話活用調査2020 詳しくはこちら
顧客を逃さず、売上UP「SMS活用法」とは?/SMSマーケティングの基本5か条をDL
通話録音クラウドの導入で業務効率UP!ビジネスを加速!詳しくはこちら

最近の記事

オススメの記事

  1. カスタマーサクセス

  2. SMS活用

  3. ニュース・業界動向

×
PAGE TOP