年々増加するカスタマーサクセスが増える理由とスキルセットとは

多くの企業でカスタマーサクセスの求人を出すようになっています。
カスタマーサクセスという業務に携われる人材をどこの企業も必要としているのです。
これから就職する方や転職先を探している方は、求人情報でカスタマーサクセスという言葉をよく目にすることでしょう。

この分野での求人が増えているのはなぜか、応募するときにはどのようなスキルが必要なのかを調べてみました。求人を出している事業の具体例なども紹介していきます。

カスタマーサクセスの求人が増えている理由

どうしてこれほどカスタマーサクセスの求人が増えているのか考えてみましょう。
現在の市場において主流のサービスになりつつあるのが、サブスクリプションです。
サブスクリプションモデルの事業を成功させようとすると、カスタマーサクセスが欠かせません。できるだけ解約を阻止し、継続利用をしてもらうにはカスタマーサクセスが必要となってきます。
顧客が特定のプロダクトを利用して良かったという成功体験をしてもらうことが必要なのです。

つまりプロダクトの契約が取れて終了ではなく、契約者がそのまま継続してプロダクトを使い続けてもらうよう働きかけていく努力をしなければなりません。継続利用に直結するのが、カスタマーサクセスなのです。

現在多くの企業がサブスクリプションサービスを始めています。
それと同時にカスタマーサクセスを行える人材を求めており、求人を出しているのです。

求人に応募するときにどんなスキルが必要?

求人に応募するときには三つのスキルが重要となります。

★情報分析スキル

★コミュニケーションスキル

★開発スキル

カスタマーサクセスでは、顧客の細かなデータを分析していくスキルが大切となります。
データ解析を上手くすることで、潜在的なニーズを把握することが出来るからです。

例えば、企業の公式ホームページの利用者が、あるページに長い時間とどまっているというデータが上がってきます。
このデータが意味するのはそのページが分かりにくい、操作しづらいと言うことかもしれません。その分析に基づいてページを確認し、適切な変更を行ったり、サイト訪問者に新たな説明を提示したりすることが出来ます。
情報分析スキルが無いと、これらの潜在的なニーズを読み取ることが出来ません。

カスタマーサクセスを行っていくためには、社内の他部署とのコミュニケーションや顧客とのコミュニケーションが重要です。
会話のスキルが低いと行き詰まってしまいます。
プロダクトユーザーの要望や不満を把握した後は、新たなサービスや商品の開発をしなくてはなりません。
そのために開発スキルが必要となってきます。

カスタマーサクセスの求人に応募すべき理由って何?

カスタマーサクセスの求人に応募すべき理由は幾つかあります。

★営業経験を活かせる

★キャリアアップが出来る

それぞれのポイントについて説明していきます。

営業経験を活かせる

これまで営業の分野でキャリアを積んできたなら、その経験とスキルを活かせます。
サービスの販売をしてきたりソリューションタイプの営業をしてきたりしているなら、サブスクリプションサービスの分野でカスタマーサクセスが出来ます。
プロダクトの利用者の課題を把握したり、顧客の意図をくみ取ったりする経験があるからです。
カスタマーサクセスではこれらの能力が必要となります。

キャリアアップが出来る

カスタマーサクセスが必要なのは、主にサブスクリプションサービスの分野です。
もしサブスクリプションの分野で経験を積むなら、キャリアアップに役立ちます。
動画や音楽配信の事業だけではなく、車販売や食品販売の分野でもサブスクリプションサービスは始まっています。
これからさらにこのシステムを導入する企業は増えていくでしょう。
一度サブスクリプションサービスでカスタマーサクセス事業を行うなら、他の企業でもよい働きをすることが可能です。

カスタマーサクセスの求人を出している事業とは?

カスタマーサクセスの求人を出している事業は、どんな分野が多いのかチェックしておきましょう。これまで紹介した事業だけではなく、多岐にわたった企業がカスタマーサクセスの求人を出しています。

例えば、英語学習塾や予備校などが提供しているオンライン学習事業でカスタマーサクセスの求人があります。

なぜオンライン学習事業でカスタマーサクセスが必要なのでしょうか。
一回契約した生徒が継続して利用して欲しいからです。
また、契約をした後に数回は使ってはみたものの、数ヶ月したら使わなくなったという事態を避けたいからです。
利用者がアクティブに少しでも長く使ってもらうためには、カスタマーサクセスが欠かせません。

カスタマーサクセスをすることで、利用者はこのサービスは使えば使うほど便利で役立つと感じるからです。

カスタマーサクセスの求人の具体例を紹介

カスタマーサクセスの求人の具体例を幾つか紹介します。
ある求人は、ソフトウェアの企画開発をする企業から出されています。
エンジニアと顧客の間に入りカスタマーサクセスを行っていく業務です。
ヘルプページの作成やカスタマーサポート業務をしていきます。
年収は400万円前後です。

別の求人は、各企業にカスタマーサクセスのコンサルティングをする人材を求めています。
年収は400万円から800万円と差があります。
おそらくカスタマーサクセスの経験者ほど年収が高くなるのでしょう。

名刺をクラウドで管理する企業もカスタマーサクセスの求人を多く出しています。
大学院生か大学院卒業の条件がありますが、年収は700万円前後と高いです。

カスタマーサクセスの求人で転職エージェントって役立つの?

カスタマーサクセスの求人を探していると、転職エージェントが役立つというコメントをよく見かけます。
本当に転職エージェントはカスタマーサクセスの求人において助けになるのでしょうか。
個人差はありますが、多くの人はカスタマーサクセスへの就職において転職エージェントは役立ったと感じています。

なぜならエージェントしか持っていない求人の案件があるからです。
カスタマーサクセスに必要な人材を探している企業が、転職エージェントにだけ伝えている情報があります。
中途採用などは募集人数が少ないため、公開はされずにエージェントだけに依頼されるケースが多いのです。

こういった情報は自分で求人情報を探しても見つけられません。

企業と転職エージェントの業者の間には信頼関係があるので、エージェントを通すと選考に通りやすいということもあります。面接の日程調整や就職の条件面の調整がしやすいというメリットもあります。

カスタマーサクセス業務に携わる人材の求人が増加しています。
サブスクリプションサービスを導入する企業が増えているために、カスタマーサクセスを実践できる人材が求められているのです。
情報分析スキルやコミュニケーションスキル、そして開発スキルに長けている人は自分の能力を大いに活かすことが出来るでしょう。

カスタマーサクセスの分野で経験を積むなら、キャリアアップをしていけます。
これからあらゆる事業形態でサブスクリプションモデルのプロダクトが増えてきます。
少しでもカスタマーサクセスの分野で経験があるなら、多くの企業で自分の経験を活かせます。
自分の培ってきた経験と技術次第で年収アップを実現することも可能です。
カスタマーサクセスの求人は非常に将来性があります。

PR:カスタマーサクセスを成功に導くクラウドツール「顧客接点クラウド」

”顧客接点クラウドでMRR向上、チャーンさせない。

関連記事

  1. カスタマーサクセスを実現するCSM(カスタマーサクセスマネージャー)と…

  2. 注目!カスタマーサクセス管理ツールの果たす役割とは

  3. カスタマーサクセス人材を採用する際に注意すべきポイントとは

  4. カスタマーサクセスとSaaSビジネスとの関係とは?

  5. カスタマーサクセスが達成すべきKPI

  6. カスタマーサクセスのセミナー開催方法と求められる情報とは

最近の記事

オススメの記事

  1. SMS活用

  2. ニュース・業界動向

  3. 音声テック

×
PAGE TOP