カスタマーサクセスのセミナー開催方法と求められる情報とは

カスタマーサクセスに関するセミナーがたくさん開催されています。
セミナーに参加することによってカスタマーサクセスをどのように立ち上げたり、成果が出るように目標を設定したりしたら良いかが学べます。
初めてこのアプローチを試す人たちが参加し、すでに成功した事例からアイデアを得ています。
これまでに評判が良かったセミナーや、人気があったセミナーに関する情報をまとめてみました。
どんなセミナーに参加するかを決める参考にしてください。

成功するカスタマーサクセスのやり方セミナー

成功するカスタマーサクセスについて学べるセミナーが人気です。
自社で初めてカスタマーサクセスに取り組んでいくときに、どうすれば上手くいくかを学べます。
このセミナーでは、どんな点が扱われるのでしょうか。
顧客の成功を求める取り組みが、具体的に企業の成長にどう関係するのかが説明されます。
ターゲットにする顧客を決める方法や、ヘルススコアの作成方法も教えてくれますよ。
カスタマーサクセスを促進していく社員が、効率よく働ける環境をどのように作れるか実例を使って解説してくれます。
実際に部署を立ち上げて成功したリーダーの講義も聴けます。
上手くいかなかったKPIと、成功したカスタマーセグメンテーションの作り方などの情報は貴重です。

セミナーで教える顧客目線のカスタマーサクセスとは?

カスタマーサクセスは気をつけないと、企業の独りよがりな発想になってしまいます。
勝手に自分たちが顧客は必要とするだろう、喜ぶだろうと考えてアプローチしてしまうことがあるのです。
実際には顧客は他のサービスを望んでいたので、思うような成果が出ないことがあります。
顧客目線を忘れないカスタマーサクセスの仕方を学べるセミナーが評価されています。
このセミナーでは、カスタマーサクセスの主役はあくまでもカスタマーであることが強調されます。
これまでに企業からカスタマーサクセスのアプローチを受けてきた顧客の話が聞けます。
どんな取り組みが役立ったか、逆にどんなサービスは不要だと思ったかなど生のコメントが聞けるのが魅力です。

データを活かしたカスタマーサクセスの方法を教えるセミナー

カスタマーサクセスを実践するときに欠かせないのがデータです。
顧客の年齢層や購買傾向、解約理由や契約更新する場合の理由などのデータが必要です。
しかし、どんなに詳細なデータを揃えても、それを活かす方法が分からなければ意味がありません。
このセミナーでは必要なデータの取り方と、その使い方について説明されます。
企業が得た情報に基づいて精度の高い仮説をし、顧客の分析をどのようにしていけるのか説明されます。
部署のリーダーが、企画に携わる各社員がデータに基づいた計画を自分で立てたり、サービス活動を自分で管理したり出来るようサポートする方法も教えられていきます。

失敗から学べる成功するカスタマーサクセスを教えるセミナー

カスタマーサクセスに取り組んだすべての人や企業が成功したわけではありません。
いくつもの失敗があり、そこから教訓を学んで成功につなげてきました。
各企業や部署の失敗例を共有することによって、効率よくカスタマーサクセスを成功させる方法を学べるセミナーも人気です。
特にフットワークの軽いスタートアップ企業の具体的な事例を、当事者から聞けるコンテンツの評価が高いです。
このセミナーは毎回抽選で、申込者が多くなっています。

セミナーで学べるカスタマーサクセスの部署の作り方

カスタマーサクセスを始めるときに悩むのが部署の作り方です。
継続的にカスタマーサクセスに取り組んでいくためには良い組織作りが欠かせません。
どうやって理想的な組織作りが出来るのか教えてくれるセミナーが注目されています。
ただ単に部署を立ち上げるだけではなく、カスタマーサクセスの部署を中心にプロダクト開発が行えるようなアプローチの仕方を学べます。
顧客の視点を持って開発に関わることが出来るので、顧客の成功体験がより会社全体として実感できるようになります。
孤立した部署として動かずに、開発部署や営業部署とどうやって連携して働いていけるのかを教えてくれます。
一つの企画が終わった後のフィードバックの共有の仕方や、マーケティングの分析の仕方も扱われていきます。

色々な事例を学べるセミナーが人気なの?

これまでにあらゆるジャンルの企業やベンチャーが、カスタマーサクセスを導入して成果を出してきました。
具体的な事例を取り上げて、上手くいくカスタマーサクセスについて学べるセミナーがあります。
初めて取り組む企業は試行錯誤して顧客の成功体験を作り出そうとします。
しかし、前もって成功事例に知っているなら、自社のプロジェクトに落とし込めそうなアイデアを見つけられます。
仮にジャンルの違う企業であっても、役立つアプローチをしていることに気がつくことがあります。
日本でカスタマーサクセスに取り組み始めたのはここ最近です。
外資系企業はすでに何年も前からカスタマーサクセスを実践しています。
経験豊富な企業の事例を分析して、失敗しにくい仕組み作りを学びます。

長続きするカスタマーサクセスについて知れるセミナー

カスタマーサクセスは一時的な取り組みではありません。
継続して取り組んでいくからこそ成果が出てきます。
どのようにしたら長続きするカスタマーサクセスの仕組みが作れるかを学べるセミナーがあります。
このセミナーでは、自社の商品やサービスの特徴と魅力について分析するところから講義をスタートさせます。
その後、顧客がそれをよく知っているかどうかを考えます。
もし企業の自社プロダクトについての理解と顧客の理解に差があるなら、その差をどのように埋めていくかを分析します。
差を埋める方法を磨けば磨くほど、カスタマーサクセスの数値が上がっていくことを教えてもらいます。

今後の日本に必要なカスタマーサクセスについて考えるセミナー

まだまだカスタマーサクセスの考え方は日本に定着していません。
どうやってこの取り組みを日本で盛り上げていけるかを考えるセミナーが開かれています。
このセミナーでは、カスタマーサクセスの部署のリーダーに依存せずに、各社員が自分で考えて動くことの大切さが扱われます。
各自がカスタマーサクセスを実践し成功体験をすることで、日本のビジネスの現場にこの新しいアプローチが定着していくのです。
別の定着させる方法として、カスタマーたちが居心地良く感じるコミュニティを作ることが教えられます。
一旦コミュニティの仕組みが出来ると、カスタマーたちだけで成功体験を感じてくれるのです。

カスタマーサクセスのセミナーが色々な切り口で開かれています。
成功する部署の立ち上げ方や、カスタマー目線のアプローチの仕方などを学べます。
企業が収集したデータを活かす方法は是非とも知っておきたい内容です。
すでに取り組みを行ってきた企業の失敗談や、成功事例を知ることが出来るのもセミナーのメリットです。
意味のある情報が多ければ多いほど、自社でカスタマーサクセスを成功させられる確率が上がります。
自社での新たな取り組みが一時的になったり、尻すぼみになったりしないようにセミナーの情報を活かしてください。
カスタマーサクセスを継続していくことによって、安定して利益を生み出せるような仕組みを作っていきましょう。

PR:カスタマーサクセスを成功に導くクラウドツール「顧客接点クラウド」

”顧客接点クラウドでMRR向上、チャーンさせない。

関連記事

  1. カスタマーサクセスが達成すべきKPI

  2. カスタマーサクセス支援ツールを徹底解説|なぜツールは必要なのか。

  3. カスタマーサクセスとSaaSビジネスとの関係とは?

  4. カスタマーサクセスを推し進めるセールスフォースとは?特徴や事例など

  5. 注目!カスタマーサクセス管理ツールの果たす役割とは

  6. カスタマーサクセスの事例を業種別に徹底まとめ

最近の記事

オススメの記事

  1. SMS活用

  2. ニュース・業界動向

  3. 音声テック

×
PAGE TOP