今注目のカスタマーサクセスを扱った本の最適な選び方

カスタマーサクセスは日本で注目されているビジネス手法です。
自分が今いる会社が、これから新たにカスタマーサクセスを始めるかもしれません。
就職や転職をしようとしている時に、将来性のあるカスタマーサクセスの分野で働きたいと思っている人も大勢います。
そこでカスタマーサクセスについて勉強するために、本を読むことをおすすめします。
どんなジャンルの本を読んだら良いのか説明していきましょう。

カスタマーサクセスについて扱っている本ってあるの?

まだまだカスタマーサクセスは、日本ではメジャーなビジネス手法とはなっていません。
そのため、カスタマーサクセスについて扱っている本があるのか知りたいと思われることでしょう。
アメリカやヨーロッパでは、カスタマーサクセスは大分前から普及し始めています。
それで海外で出版された本が翻訳されているケースが多いです。
外国の筆者が書いていても、日本語で読めるカスタマーサクセスについての本が幾つかあります。
それらの本を読むと、カスタマーサクセスを実践していく際に覚えておくべき原則や、あらゆるビジネスへ応用する方法を学べます。
アメリカの本はすでにカスタマーサクセスを実践した具体例が多く含まれているため参考になります。

日本で書かれた本も多くはありませんが存在します。
カスタマーサクセスの導入例が日本なので、すぐに実践できるアイデアが多く含まれています。
今更ほかの人には聞けないカスタマーサクセスとはそもそも何なのか、というところから丁寧に説明されています。

カスタマーサクセスついて知るにはサブスクリプションの本を読んでおこう

カスタマーサクセスを導入している企業の多くが、サブスクリプションサービスを行っています。
そのため、サブスクリプションサービスについて説明している本も読んでおくと良いでしょう。
サブスクリプションとは、毎月あるプロダクトに対して課金するサービスのことです。

動画見放題や音楽聴き放題、さらに雑誌読み放題などのサブスクリプションサービスが日本では人気です。
これらのプロダクトモデルについて理解しておくなら、カスタマーサクセスを効果的に実践していけます。

サブスクリプションサービスについて扱った本の特徴とは

サブスクリプションについて扱った人気の本の特徴とは何でしょうか。
それは、このプロダクトモデルのマーケティングやセールスについて具体的に説明している点です。

ただ単にプロダクトだけを紹介するのではなく、そのモデルが完成するまでのセールスの過程やマーケティングの設定の仕方などが書かれています。
本を読んでサブスクリプションについて詳しくなっておくと、自分の会社の他部門の人とカスタマーサクセスプロジェクトで連携するときに会話がスムーズにいきます。

カスタマーサクセスへ繋がる本もチェックすべき?

カスタマーサクセスへ直接関係ない本でも読んでおくと役立つものがあります。
例えば、カスタマーサクセスが注目される前から、顧客本位のプロダクト開発の大切さを説いているCRMという考え方があります。
CRMとはCustomer Relationship Managementの略です。
顧客と企業の良い関係を維持できるよう管理していくことを意味しています。
企業のプロダクトユーザーの行動を細かく分析して、ユーザーが必要とする商品やサービスを薦めていこうという考え方です。
顧客満足度をアップさせるという点では、カスタマーサクセスに非常に似ているアプローチです。
このCRMについての本を読んでおくと業務を行うときに役立ちます。

他にも、おもてなしについての本も読んでおくと良いでしょう。
デジタル時代におもてなしをどのように行い、企業の収益を上げていくかを解説した本があります。
カスタマーサクセスと聞くとなんだか分かりにくく感じますが、顧客へのおもてなしと考えると身近になります。
企業とおもてなしに関する本は参考になります。

スタートアップ系の本も参考にしよう

スタートアップ企業がカスタマーサクセスをいち早く導入しています。
もしスタートアップのプロセスを理解しているなら、その企業にぴったりのカスタマーサクセスをすぐに実践していけるでしょう。
スタートアップの方法論について解説した書籍を幾つか読んでおくのもおすすめです。

さらにスタートアップに関連するテーマとしてバリュープロポジションがあります。
バリュープロポジションは、起業に当たってコンセプトを練ってストーリーを演出しながらビジネスを初めて行く方法です。
スタートアップの経営に関する考え方を知るのに役立つテーマとなっています。
もし余力があるなら、バリュープロポジションについての書籍を読んでおくと良いでしょう。

なぜカスタマーサクセスについて本で学ぶべきなの?

今カスタマーサクセスについて本で学んでおくべきなのはどうしてでしょうか。
少し前でも説明したように、サブスクリプションモデルのプロダクトが増加しているからです。
プロダクトを購入するのではなく、毎月の料金を支払いながら定額でプロダクトを使えるサービスが市場に受け入れられています。
サブスクリプションサービスが増えれば増えるほど、カスタマーサクセスの考え方が重要となります。

顧客がプロダクトを利用して満足し、成功したと感じられるように働きかけていくのがカスタマーサクセスです。
カスタマーサクセスを実践していくなら、顧客はプロダクトを使い続けてくれます。
解約率は低くなり企業の収益は安定していきます。
プロダクトの機能に習熟したユーザーは新たな機能を追加したり、より優れたプランに変更したりして企業にプラスの収益をもたらします。
つまりサブスクリプションで利益を出すには、カスタマーサクセスは欠かせないのです。

そんなカスタマーサクセスについて本で学んでおくなら、これからのキャリアに大いに役立つでしょう。

本を読んでカスタマーサクセスについて学ぶメリットとは?

カスタマーサクセスについて学べる方法は幾つかありますが、どうして本を読むのがおすすめなのでしょうか。
それには幾つかの理由があります。

★カスタマーサクセスに関連する用語・手法を学べる

★時流のビジネス動向を学べる
 →その後のサブスクの流れに繋げられる

カスタマーサクセスについての書籍を読んでおくなら、カスタマーサクセスに関連する用語・手法を学べます。
本を読んでカスタマーサクセスに関連する用語や手法の知識が増えてくると、誰かにこのビジネス手法について説明するときに説得力があります。
同じプロジェクトの部門や他部門の人、さらには上層部にカスタマーサクセスの重要性を分かってもらうときにカスタマーサクセスに関する知識がたくさんあった方が有利です。
カスタマーサクセスに関係する本を読んでおくことで、時流のビジネス動向の知識が身につきます。

企業の採用面接の際に、カスタマーサクセスだけではなく、サブスクリプションやスタートアップについてもよく知っていることをアピールできます。
カスタマーサクセスは、これからますます多くの企業が必要とするビジネス手法です。
本を読んで学んでおくなら転職や就職の際に有利になります。
カスタマーサクセスに直接関係しなくても、サブスクリプションやCRM、そしてスタートアップの経営についての本を読んでおくことも大切です。

本を読んでいるならプロジェクトを進めるときに、豊富な語彙と教養を使って説得力のあるプレゼンが出来るようになります。
採用面接の際にカスタマーサクセスやそれに関連する知識が豊富だと、面接に通る確率も高くなるでしょう。
少しでも多くの書籍を読むことによって、カスタマーサクセスに関する知識と理解を深めるようにしていきたいですね。

PR:カスタマーサクセスを成功に導くクラウドツール「顧客接点クラウド」

”顧客接点クラウドでMRR向上、チャーンさせない。

関連記事

  1. 注目!カスタマーサクセス管理ツールの果たす役割とは

  2. カスタマーサクセスが達成すべきKPI

  3. カスタマーサクセスを推し進めるセールスフォースとは?特徴や事例など

  4. カスタマーサクセス人材を採用する際に注意すべきポイントとは

  5. カスタマーサクセスとSaaSビジネスとの関係とは?

  6. カスタマーサクセス支援ツールを徹底解説|なぜツールは必要なのか。

最近の記事

オススメの記事

  1. SMS活用

  2. ニュース・業界動向

  3. 音声テック

×
PAGE TOP