音声検索とは?スマートスピーカーとの関係性や日本語との関係性を徹底調査

コンピュータに向かって話しかけるのはSF映画の中だけというのは昔の話です。今は音声検索が普通のことになり始めています。

まだまだ一般的になっているとは言えませんが、これから急速に音声検索は普及していくことでしょう。
どうして音声検索が注目されているのか、音声検索の仕組みはどうなっているのかを調査してみました。
この情報を読めば、企業がこの分野のプロダクト開発を行っていくことが急務であると分かります。

音声検索が注目されているって本当?

家の中でスマートスピーカーに話しかける様子や、車でナビに声だけで指示をしている様子をCMで見ることがあります。スマートフォンやタブレットで声だけを使って検索をする人を時々見ることがあります。

このように音声検索は、生活の中で身近なツールになりつつあるのです。
どうして音声検索がこれほど注目されるようになってきたのでしょうか。

スマートスピーカーが身近な存在に

スマートスピーカーが普及していることが一つの要因です。
今やスマートスピーカーを使えば家から近い薬局やコンビニをすぐに教えてもらえます。仕事に行く前に今日の天気を聞くことも可能です。
音楽を聴いているなら、その曲名やアーティスト名を検索してもらうことも出来ます。

これらを声だけで行えるのです。
スマートスピーカーの便利さが認知され、スピーカーの価格が下がってくることで音声検索は着実に普及しています。

音声検索の仕組み

音声検索はどのような仕組みになっているのか解説します。
ほとんどのスマートスピーカーは、大手の検索エンジンの検索アルゴリズムを活用しています。
そのアルゴリズムはハミングバードアップデートと呼ばれるものです。
文字で検索するのとは違い、音声検索は文章が長くなりがちです。交互のため検索キーワードがはっきりしない場合もあります。

しかし、ハミングバードアップデートは音声入力された文章の中から、関連性の高い情報を検索できるようになっています。
文章が長くても、交互でキーワードがはっきりしていなくても、関連性の高い言葉を自動でピックアップして検索してくれます。

仕組みを応用したシステム開発が必要

多くの企業はこの音声検索のアルゴリズムを理解して、システム開発をしていかなければなりません。音声検索で自社の公式ホームページや、プロダクトがヒットするようにシステムを作っていく必要があります。

検索アルゴリズムが理解しやすいような構造かデータを作るなら、上位検索されやすくなります。
音声検索でキーワードとして扱われやすい言葉を含めたコンテンツ作りが重要になってきます。必ずメジャーなキーワードを入れながら、コンテンツを作ってください。

企業が特に音声検索を意識して作るべきコンテンツをピックアップしました。

★ニュース

★ポッドキャスト

★プロダクト紹介

★レシピ

企業の最新ニュースを紹介したり、社員によるポッドキャスト配信の解説をしたりするときに音声検索を意識しましょう。
自社のプロダクト紹介のサイトやレシピ紹介の際にも、アルゴリズムを考えてコンテンツを作っていかなければなりません。
音声検索で優先して検索してもらえるように、ページをあまり重くしすぎないことも大切です。

人気のスマートスピーカーの特徴とは?

音声検索の普及に貢献しているのがスマートスピーカーです。
今人気なのは、どんなスマートスピーカーなのでしょうか。

基本的なことですが、日本語の音声認識がきちんと出来る製品が人気です。
聞き間違いが少なかったり、一回で聞き取ってくれたりする機能が重要となります。
あらかじめアカウントを登録しておくと、声でどのアカウントかを認識してくれる機能も評判が良いです。複数の人が同じスマートスピーカーを使うときに便利な機能です。
SNSやカレンダーのアカウントを声を使って自動で認識し、自分のアカウントの情報だけを教えてくれます。
購入した電子書籍を読み上げてくれる機能もあります。

どんなときにスマートスピーカーを使うのか

スマートスピーカーを使うのは、どのような場面でしょうか。
基本的には家の中で家電と連携させたり、見たい映画や音楽を呼び出したりするために使われます。

最近では、一人暮らしの高齢者の家族と繋がるために使われることもあります。
忙しい主婦が料理や子育てで両手が塞がっているときに、電話をしたり必要な情報を検索したりするために活用されてもいます。

子供が自分で目覚ましをセットして、朝起きられるようにするために使用される例もあります。
各部屋にスマートスピーカーを置いておいて、寝ている家族を起こすために音楽をかけるといった使い方もあります。
スマートスピーカーを通じて各部屋で会話をすると言うことも可能です。

日本語は音声検索に向いてる言語?

音声検索に日本語は向いていると考えられています。
アルファベットを書くより、日本語を書く方が時間がかかります。

しかし、音声で検索をすると日本語を書いて検索するよりも数倍速く検索できます。ある研究では、文字検索よりも音声検索の方が3倍も速いと言うことが分かっています。
英語やスペイン語より日本語の方が、音声検索の便利さを実感しやすいのです。

さらに日本語は発音がはっきりしているため、音声検索時にエラーが出にくくなっています。
発音にシビアな言語である中国語はエラーが出やすいのに対し、日本語は音声検索システムの聞き間違いが少ないのです。

日本語は漢字の数が多いため、文字検索をしようとすると漢字間違いが起きやすくなります。音声検索であれば漢字の書き間違いを防ぐことが出来、スピーディに検索をしていけます。
AIを多くのシステムは採用していますから、使い込んでいけば本人の声を認識する精度は高くなっていきます。

これからの音声検索はどうなるの?

これからの音声検索は、精度がより一層上がっていくことでしょう。
話しかけられる声の調子やアクセントなどから、相手の出身地や感情、そして健康状態などを認識するようになっていきます。

企業のプロダクトユーザーが音声検索を使用する頻度が増えるほど、詳細な顧客の情報を得ることが出来るのです。
そのデータを元にして、顧客が必要とするプロダクトの情報やサポートなどを提案していけます。

顧客が自分で気がつく前に、企業側から積極的にアプローチできるようになるのです。
例えば、最近主流のカスタマーサクセスも実践していけます。
声のトーンがいつもより低いときには明るい音楽を提案したり、気分転換が出来そうな場所を提案したりするサービスをしていけるのです。

音声検索システムを活用していけば、顧客満足度を高められるような施策を色々していけるでしょう。

スマートスピーカーの普及に伴い音声検索が注目されています。
ハミングバードアップデートを使った検索アルゴリズムによって、音声検索の精度は一気に向上しました。
音声検索の便利さが認知されるようになっていくと、ますます利用者は増えてくることでしょう。

企業としては、プロダクト開発やシステム開発の際に音声検索で表示されやすいようにしていかなければなりません。ポッドキャストやプロダクト紹介の時には、特に検索アルゴリズムを意識してください。

AIの音声解析の技術を活かして、カスタマーサクセスを行うことも大切です。利用者の声から得られる情報を、顧客満足度をアップさせる施策に活かしてく必要があります。

音声検索の普及は新たなサービスの分野を開くことになります。

PR:電話音声をそのままテキスト化「通話録音クラウド」

”通話録音クラウド

 

関連記事

  1. AIアシスタントとは?スマートスピーカーやチャットボットとの関係性や特…

  2. 音声を認識するとは?仕組みと活用方法について解説します

  3. スマートスピーカーとは?最新モデルの機能について【2020年】

  4. 【イベントレポート】次のトレンド『音声テック』の今と未来とは~接客、音…

  5. 音声を感情分析する方法と活用方法について徹底解説します!

  6. 会話テックとは?音声認識の先にあるコンテンツ分析の可能性

リモートワークにおける固定電話活用調査2020 詳しくはこちら
顧客を逃さず、売上UP「SMS活用法」とは?/SMSマーケティングの基本5か条をDL
通話録音クラウドの導入で業務効率UP!ビジネスを加速!詳しくはこちら

最近の記事

オススメの記事

  1. ニュース・業界動向

  2. テレワーク

  3. テレワーク

×
PAGE TOP