音声ビジネスとは?メディア変遷と未来の方向性など徹底解説

音声で情報を発信する音声ビジネスを活用する企業が増えてきています。

有名人を招待してコンテンツを作る企業だけではなく、素人の社員を上手く使ってプログラムを作る企業が出てきました。
国内では最近になって音声ビジネスが注目されていますが、すでにアメリカでは音声コンテンツを使った広告市場が成長してきているのです。

どうして音声メディアを制作する企業が世界的に増加してきているのでしょうか。

音声ビジネスの変化について解説

実はいつの時代も音声ビジネスは存在し、一定の成果を出してきました。
今から30年ほど前はアナログ通信を使ったラジオプログラムや広告が主流でした。

90年代に入るとインターネットを活用したデータ通信を使った音声ビジネスが始まります。
着メロなど軽い音源データを使ったサービスが若者を中心に人気でした。

2000年代に入ると、大容量のデータをインターネットでダウンロードしたりアップロードしたり出来るようになってきます。

これまでは一部の音源だけをダウンロードしている着メロが人気でしたが、音源をまるごとダウンロードできる着うたが人気となります。
さらにインターネットで視聴できるラジオサービスも確立されていきます。

最近の10年の音声ビジネスは、どう進歩してきたでしょうか。

スマートフォンが普及し、高品質な映像や音声をダウンロード出来るようになってきました。
通信料を気にせずに音声ビジネスを制作できる環境が整いました。
それと同時に高い技術で差別化する時代も終わり、コンテンツの質で特徴を出す時代に入ってきたと言えます。

いつの時代も音声ビジネスが成功するワケ

どうしていつの時代も音声ビジネスが成功するのでしょうか。

なぜなら、映像制作より時間とコストをかけずに高い効果を得られるからです。
映像を作るときにはセットを作り、出演者のメイクと衣装にこだわる必要があります。
音声ならその必要がなく、映像制作ならかかったはずの時間とコストを節約できます。

さらに、音声は文字と違って情報が残りにくいため、視聴者の反感を買ったり炎上したりするリスクが低くなっています。
炎上しにくい別の理由として、音声ビジネスを作るときには、言葉だけで情報を発信するため映像以上に気を遣います。
発信者の意図が視聴者に伝わるように言葉に気をつけて話します。

そのため視聴者はパーソナリティの気持ちを受け止めやすくなり、誤解が生じにくくなるのです。
音声コンテンツを聞いている人とパーソナリティの信頼関係は時間とともに強くなり、長寿番組が生まれやすくもなっています。

映像以上に音声ビジネスは、人と人を結び合わせる効果的な手法なのです。

これからの音声ビジネスはどうなっていくの?

インターネット回線がこれまでのLTEから5Gへバージョンアップすることによって、音声ビジネスの形が変わっていくでしょう。

5Gネットワークになると、高速に大容量のデータをやりとり出来ます。
同時にいくつものデバイスを接続しても、リアルタイムに音声データをダウンロードしたりアップロードしたり出来るのです。
遅延が生じにくいため、ビジネスの現場でも使いやすくなっています。

スマートスピーカーや音声アシスタントが、ますます生活に普及していくことでしょう。

音声で情報を検索したり音楽を聴いたり出来ますし、家電の操作なども音声だけで行っていく時代が来ると考えられます。
AIのプログラムと音声でやりとりをする事が普通になる生活が5G時代には来るかもしれません。

そこで注目されるのが音声ビジネスです。

従来の物売りの時代からサブスクリプション型へとビジネスモデルの大変革が起こっている時流の中で、企業にとっての新たなビジネス創出のチャンスでもあります。
カスタマーエクスペリエンスの質を高め、LTVを向上させ、カスタマーサクセス促進できるかが企業成長の鍵とされています。

音声ビジネスはこのビジネスモデルの変革期の時代において、テクノロジー成長を背景にあらたな企業成長ツールとして活用できると考えています。

では、どのようすればカスタマーエクスペリエンスの質向上やカスタマーサクセス促進をさせ、LTV向上に結びつけることができるのでしょうか?次にその秘訣をご紹介します。

音声ビジネスを成功させる秘訣は?

音声ビジネスを成功させる秘訣は、音声コンテンツのプロにサポートしてもらうことです。

多くの企業の音声ビジネスをサポートしてきた企業には、どのような特徴があるでしょうか。

例えば、カスタマーサクセスに繋がる音声ビジネスのコンサルティングなど、音声配信をするための技術提供だけではなく、顧客の音声体験をデザインしてくれます。
企業がターゲットにする顧客に確実に届くコンテンツを考えてくれますし、企業のプロダクトの宣伝を効率よくするコンテンツを制作してくれます。
人工音声を使うプログラムや、プロのパーソナリティを使ったコンテンツを作れます。
インフルエンサーや影響力の強い顧客自身を使ったプログラムも制作することが可能です。
コンテンツ制作は特別なスタジオで行うのではなく、どこでも行えるので企業の中でも作っていけます。
より柔軟にスピーディに企業の最新の情報を提供できます。
あらゆる端末へ発信できるコンテンツになるので、リーチ出来る顧客が多いのが音声ビジネスのメリットです。

しかし、ただ単に音声ビジネスを一方的に流すだけではありません。
どんな視聴者にコンテンツが聞かれているのか、どのような反応が見られているのかといったデータを可視化してくれます。
データを参考にして企業は音声ビジネスを通し、より高度なカスタマーエクスペリエンスの質向上やカスタマーサクセス促進を追い求めていけます。

音声ビジネスに今取り組むべき理由まとめ

世界的に音声ビジネスが注目されています。

どうして今音声ビジネスに真剣に取り組んでいくべきなのでしょうか。
少し前にも説明しましたが、5Gネットワーク時代が始まりつつあるからです。
5Gネットワークが主流になってくると、AIスピーカーがさらに使用されるようになるでしょう。
スマートスピーカーが生活の中心になることで、生活スタイルが音声でのやりとり中心に変革していきます。

現に、今はスマートスピーカーによる音声広告の技術が次から次に開発されています。
広告に対する顧客の反応を音声解析技術で分析したり、広告に対する音声による質問に答える双方向の広告が実施されたりしているのです。

スマートスピーカーの検索履歴に応じて、利用者が必要とするであろう広告だけを提供する試みもなされていますよ。
さらに、スマートフォンでラジオのアプリや、ポッドキャストのアプリを使う人が増えています。

個人で音声コンテンツを制作する人も増加しており、音声を聞くことが今まで以上に市場に浸透していることも観察されています。
車の移動中に活用できる音声サービス、スマートデバイスリンクの技術も進歩してきました。
自動運転化される車の中で、音声コンテンツを使用する時間はこれから増えていくことでしょう。

最新の音声ビジネス事例 「シンカの通話録音サービス カイクラ」

シンカの通話録音サービス カイクラは、音声ビジネスの1事例です。

顧客接点クラウド「カイクラ」とは、電話の着信時にかけてきた顧客情報が、着信と同時にパソコンやタブレット、スマートフォンの画面に表示される顧客接点クラウドサービスです。
顧客の名前や年齢、性別に加え、商品購入・サービス利用の履歴、ご要望、これまでの打合せ内容などが、即座に表示されます。
担当者がいない場合でもスムーズな電話応対ができることはもちろん、着信情報は本店や支店間など拠点が違うところでも共有できます。

シンカの通話録音サービス カイクラは、クラウド型でいつでもどこでも使え、お客様接点の改善強化につながります。そして、新規顧客獲得と顧客離反防止の両方に大きな効果があります。

音声ビジネスの最新事例として、1100社以上が導入しています。

https://www.thinca.co.jp/omotenashi_tel/strength.html

まとめ

音声ビジネスを使ってカスタマーサクセスを達成している企業が世界的に増えています。

いつの時代も音声ビジネスは有効な広告ツールでした。
映像よりも低コストで制作できますし、顧客との強い結びつきを促進することが出来るからです。
特に今は炎上しやすい時代なので、顧客との信頼関係を作りやすい音声ビジネスは企業にとって使いやすいツールになってきています。

5Gネットワークが一般的になってくると、音声ビジネスのニーズが高まっていくと予想されます。
低遅延でスマートスピーカーとやりとりが出来るので、カスタマーの生活はスマートスピーカーが中心になってくるでしょう。

音声で情報を検索し、その検索履歴に基づいた広告を音声で提供するスタイルが定着してくる可能性があります。
これからは音声ビジネスを使って便利なサービスを提供し、顧客体験をより良いものにする事を目指していく事が主流になりそうです。

関連記事

  1. ボイスビジネスの種類と今後の展望について

  2. VoCとは?収集方法と活用の重要性について

  3. 音声を認識するとは?仕組みと活用方法について解説します

  4. 【イベントレポート】次のトレンド『音声テック』の今と未来とは~接客、音…

  5. 音声検索とは?スマートスピーカーとの関係性や日本語との関係性を徹底調査…

  6. 【プレスリリース】12月16日(月)新サービス「カイクラ」発表会�…

最近の記事

オススメの記事

  1. SMS活用

  2. ニュース・業界動向

  3. 音声テック

×
PAGE TOP