Zoomウェビナーへの参加方法をご紹介:初めてのZoomウェビナーマニュアル

このマニュアルでは、オンラインでセミナー(ウェビナー)が観覧できる「Zoom」の使い方について解説します。

Zoomウェビナーに参加する流れ

Zoomウェビナーに参加する流れは下記の通りです。

  1. Zoomアプリをインストールする
  2. ウェビナー開催者から受け取った招待リンクをクリックする
  3. ウェビナー入場後、オーディオなどの設定をする

ウェビナーの参加はそこまで時間がかかりません。下記にて各手順を解説します。

Zoomアプリをインストールする

まずはZoomアプリをインストールします。

PCでZoomアプリをインストールする方法は下記の通りです。

  1. Zoomの公式サイトにアクセスする
  2. ページ下部にある「ダウンロード」をクリックする
  3. 「ミーティング用Zoomクライアントアプリ」にある「ダウンロード」をクリックする
  4. ダウンロードしたファイルを開く
  5. アプリのインストールが完了する

これでZoomアプリのインストールは完了です。

サインアップ(プロフィールの登録)を済ませている人は、登録したメールアドレスとパスワードを入力すればすぐにウェビナーに参加できます。

サインアップしていない人は、アプリを起動した画面にある「サインアップは無料です」をクリックして登録を済ませましょう。

サインアップのさいに必要な情報は下記の通りです。

  • 姓名
  • パスワード
  • メールアドレス

サインアップが完了したら、いつでもサインインが参加可能になります。

スマートフォンとタブレットでもZoomアプリはインストールできる

Zoomアプリはスマートフォンやタブレットでもインストール可能です。

Androidの場合は「Google Play ストア」で、iPhoneの場合は「App Store」でZoomを検索すると、アプリが表示されます。

各ストアの手順に従ってダウンロードすると、アプリが使用できます。アプリを起動すると、サインアップかサインインを選択する画面が出るため、PC操作と同じように選択しましょう。





Zoomウェビナーの招待リンクをクリック

Zoomウェビナーに参加する場合、ウェビナー開催者から「招待リンク」と呼ばれるURLが事前にメールなどで共有されます。

招待リンクをクリックするだけで、観覧者はウェビナーに参加可能です。

もし、招待リンクが来ていない場合は、ウェビナー開催者にメールなどで聞いてみましょう。

アプリをインストールしなくても参加は可能

Zoomアプリをインストールしなくても、観覧者はウェビナーに参加可能です。

Zoomアプリなしでウェビナーに参加する手順は下記の通りです。

  1. ウェビナー開催者から送られてきた招待リンクをクリック
  2. ブラウザでZoomページが開き、ポップアップの「キャンセル」をクリック
  3. ページ下部にある「ブラウザから参加してください」をクリック

ブラウザから参加するリンクを表示させるには、Zoomの設定を変更する必要があります。

また、アプリを使わずZoomウェビナーに参加する場合、下記のブラウザの使用が推奨されています。

  • Google Chrome
  • Firefox
  • Chromium Edge

他のブラウザは推奨環境ではないため、機能に不具合が生じる可能性があります。

Zoomウェビナー参加したさいにチェックしたい機能

Zoomウェビナーへ参加したさいにチェックしたい機能は、以下の3つです。

  1. オーディオの設定
  2. チャット機能
  3. Q&A機能

それぞれの機能について詳しく解説します。

1.オーディオの設定

オーディオ設定はウェビナーの音量や音声の出力先について設定する機能です。ウェビナー画面左下の「オーディオ設定」をクリックすると、詳細なメニューが表示されます。

メニューの中にある「オーディオ」をクリックして「Speaker」の欄から出力音量を調節しましょう。

「スピーカーのテスト」をクリックすることで、ウェビナー開始前に音量を確認できます。

ウェビナー開始後も音量を調節したい場合は、「オーディオ設定」を変更しましょう。

2.チャット機能

チャット機能は、自由に文章を記入できる機能です。

一般的には、ウェビナーにおける合いの手やパネリストへの意見などを述べるさいに使用されます。

一方で、チャットは打ちすぎてしまうとウェビナーの進行に支障が出るケースがあるため、必要なタイミングで使用することをおすすめします。

また、ウェビナーによってはチャットの利用を禁止するケースもあるため、ウェビナー開催者の指示に従いましょう。

3.Q&A機能

Zoomウェビナー画面の下部に「Q&A」ボタンがあり、クリックするとパネリストに向けて質問できます。

引用:Q&A機能を使う(ウェビナー)- Zoom-Support
https://zoom-support.nissho-ele.co.jp/hc/ja/articles/360022685412-Q-A%E6%A9%9F%E8%83%BD%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%86-%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%93%E3%83%8A%E3%83%BC-

Q&Aを開くとウェビナー観覧者が投げた質問リストが表示され、ウェビナー中に出た質問はいつでも確認可能です。

また、自分が提出した質問だけ確認できる機能もあるので、質問の回答がもらえたか確認するのに利用しましょう。

チャット機能とQ&A機能の使い分けですが、

  • 質問事項:Q&A
  • 合いの手など:チャット機能

が一般的です。

ウェビナー開催者から「質問はQ&A機能でお願いします」などの指示があった場合は従いましょう。

Zoomウェビナーでよくあるトラブルと解決法

Zoomウェビナーでよくあるトラブルとして

  1. 音声が聞こえづらい
  2. デバイスに負荷がかかりすぎる

が挙げられます。

ウェビナーのトラブルを未然に防ぐため、対策手段を把握しておきましょう。

1.音声が聞こえづらい

ウェビナーへ参加しているさいに音声が聞こえづらいケースがあります。

音声が聞こえづらい理由は、下記のようなものが多いです。

  1. イヤホンが接続されていない
  2. スピーカーがミュートになっている
  3. スマートフォンやタブレットでマナーモードになっている
  4. お使いのデバイスにスピーカーが搭載されていない

基本的に「オーディオ設定」で音声の出力先や音量はチェック可能です。

ウェビナー開始前に時間がある場合は「スピーカーのテスト」を実施して、音量や聞こえ方をチェックしておくと、トラブルなくウェビナーに参加できます。

また、パネリスト側の音声に問題があるケースもあるため、チャットなどでパネリストに聞いてみると良いでしょう。

2.デバイスに負荷がかかりすぎる

スマートフォンやタブレットでZoomウェビナーに参加するさいは、デバイスに大きな負荷がかかります。

デバイスに負荷がかかった結果、Zoomのアプリが落ちることも少なくありません。

デバイスの負荷によって、Zoomのアプリが落ちる要因としては下記の通りです。

  • 余計なタスクを開いている
  • ネット回線が悪い
  • アプリのバージョンが最新ではない
  • デバイスのスペックが低い

上記の問題点の対策としては、

  • Zoom以外のタスクを切る
  • Wi-Fi回線を使用する
  • アプリを最新バージョンにアップデートする
  • スペックの高いデバイスを用意する

が挙げられます。

基本的に最新のPCやスマートフォン、タブレットを使用し、Wi-Fi回線を通してウェビナーに参加すれば問題なく視聴できます。

まとめ

今回はZoomウェビナーの参加方法について解説しました。

Zoomウェビナーへの参加方法は下記の通りです。

  1. Zoomアプリをダウンロードする
  2. ウェビナー開催者から受け取った招待リンクをクリックする
  3. ウェビナー入場後、オーディオなどの設定をする

マニュアルを参考にして、ウェビナー参加までの流れを理解しましょう。

シンカのウェビナー情報公開中。
会話のデジタルトランスフォーメーションからIT補助金活用ノウハウまで様々なウェビナーを公開中。
シンカのウェビナー情報はこちら

関連記事

  1. 【セミナーレポート】DXなくして成功なし!新卒採用大変革期の「採用戦略…

  2. 【イベントレポート】不動産テック最前線の代表者集結!3社の代表が考える…

  3. 【セミナーレポート】驚異の到達率95%!いま注目のSMS販促!〜70文…

  4. 【イベントレポート】次のトレンド『音声テック』の今と未来とは~接客、音…

  5. 【イベントレポート】第1回カイクラ不動産カンファレンス~コロナショック…

  6. 【イベントレポート】〈不動産企業さま向け〉業務効率と生産性UPを実現す…

電話の選び方ガイド
電話の選び方ガイド
リモートワークにおける固定電話活用調査2020 詳しくはこちら
顧客を逃さず、売上UP「SMS活用法」とは?/SMSマーケティングの基本5か条をDL
通話録音クラウドの導入で業務効率UP!ビジネスを加速!詳しくはこちら

最近の記事

オススメの記事

  1. 顧客対応・顧客管理

  2. 顧客対応・顧客管理

  3. 顧客対応・顧客管理

×
PAGE TOP