顧客管理ツールとは?メリットや無料/有料ツールおすすめ14選を紹介

「顧客管理ツールとはどのようなものか、導入メリットを知りたい」
「顧客管理ツールとは具体的にどのようなものがあるのだろう」

このように考えている方もいるのではないでしょうか。

顧客管理ツールとは、取引先の情報をデータベースとしてシステム上で保存する仕組みのことです。デバイスごとに個別保存するタイプクラウドを活用した複数デバイスでデータ共有できるタイプがあります。

本記事では顧客管理ツールについて、以下の内容をご紹介します。

  • 顧客管理ツールを使用するメリット
  • 顧客管理ツールとSFA・MAの違い
  • 顧客管理ツールの選び方
  • おすすめの顧客管理アプリ

顧客管理ツールの概要やおすすめを知りたい方は、ぜひご一読ください。なお「先におすすめの顧客管理ツールを知りたい」という方には、顧客接点クラウド「カイクラ」をおすすめします。

カイクラは、電話業務の効率化に特化した顧客管理ツールです。電話の自動録音やテキスト化、他のコミュニケーションツールとの連携による情報の一元管理などができます。気になる方は、以下をチェックしてください。

\導入社数2000社以上!/
カイクラの詳細を見る
▲無料ダウンロード資料あり

「他にもおすすめの顧客管理ツールを知りたい」という方は、以下からおすすめの顧客管理ツールをチェックしてみましょう。

おすすめの顧客管理ツール10選

顧客管理ツール(CRM)とは?メリットや他ツールとの違いも紹介

顧客管理ツールとは、顧客情報をまとめて管理するシステム・アプリのことを指します。顧客情報とは、具体的には以下のものを指します。

  • お客さまの名前や生年月日
  • 所属企業
  • 取引実績
  • 対応履歴

顧客管理ツールのメリットや似たようなツール(SFA・MA)との違いについて、詳しくご紹介します。なお「顧客管理について理解を深めたい」という方は、以下記事をご一読ください。

顧客管理ツールを使用するメリット

顧客管理ツールを導入するメリットは、主に以下の3つが挙げられます。

  1. 情報共有が容易になり、生産性アップが期待できる
  2. ニーズに沿った的確な提案を行いやすくなる
  3. 情報漏洩リスクを低減できる

顧客管理ツールを導入するメリットは、情報共有や管理が容易になることです。過去どのような取引を行ったのか確認しやすくなるため、今までのやりとりを踏まえた上での的確な提案を行いやすくなります。

一般的に顧客管理ツールはセキュリティ対策が施されているため、データのコピーや流出による情報漏洩リスクを抑えることができます。

顧客管理ツールとSFA・MAの違い

「顧客管理ツールは営業支援システム(SFA)やマーケティングオートメーション(MA)と何が違うのだろう」と疑問を感じている方もいるのではないでしょうか。

SFAやMAは、ツールによって顧客管理の機能も備えているケースがあるため、混同しがちです。重複した部分もあるうえで違いを挙げると、以下のとおりです。

  • SFA:案件管理、営業管理の機能など、営業活動を支援する機能に優れている
  • MA:顧客獲得やリードナーチャリング(顧客育成)に優れた機能を備えている

顧客管理を重視するのであれば、顧客管理ツールを選ぶことをおすすめします。営業活動の効率化やマーケティング支援といった機能を重視するなら、SFA・MAといったツールの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

SFAと顧客管理ツールの違いについては、以下で詳しく解説しております。


無料で使える顧客管理ツール4つ

ここからは、無料で利用できる顧客管理ツールを4つご紹介いたします。

  1. Excel
  2. Googleスプレッドシート
  3. Notion
  4. Trello

無料の顧客管理ツールは、プロジェクトごとの運用方法にあわせてテンプレートを一から制作する必要があります。しかし用途に合わせて柔軟に利用しやすい点が、無料ツールの魅力です。

各ツールの概要について、詳しく見てみましょう。

【無料ツール1】Excel

出典元:Microsoft Excel

既に自社PCにインストールされている前提ですが、無料で利用できるおすすめ顧客管理ツールの1つはExcelです。

Excelは表計算ソフトとして広く認知されているため、既に他の業務で利用されている会社もあります。基本操作を理解している社員が多い点が、メリットとして挙げられます。

ただしExcelはあくまで表計算ソフトです。顧客管理ツールとして利用するためには、必要な項目の追加やルールの制定など、運用のフォーマットを用意する必要があります。

顧客管理ツールとしてExcelの利用を考えている方は、以下記事もあわせてご一読ください。

【無料ツール2】Googleスプレッドシート

出典元:Google

Googleスプレッドシートは、Googleが提供している無料の表計算アプリです。Excelのように一部関数も利用可能。URLを発行するだけで簡単に情報共有できる点が魅力です。

ただしExcelと同じく、顧客管理ツールとして活用するにはフォーマットを制作する必要があります。また情報共有が手軽な反面、URLが外部に漏れるとすぐに情報漏洩するリスクも考えられます。

Googleスプレッドシートを活用した顧客管理について、詳しくは以下記事をご一読ください。

【無料ツール3】Notion

出典元:Notion

Notionとは、ニーズに応じて多様な使い方ができるワークプレイスです。ドキュメントとして利用できるのはもちろん、ToDo管理やスケジュール管理、複数のゲストと共有ができます。

必要に応じて柔軟な使い方ができる点が、Notionの魅力です。テンプレートも豊富に公開されているため、自社業務にあったモノを活用すれば手軽に顧客管理を行えます。

一方でテンプレートがあるといってもある程度のカスタマイズが必要になる可能性もあります。また一定以上の人数と共同利用するには、有料プランの契約が必要です。

【無料ツール4】Trello

出典元:Trello

Trelloとは、チームのプロジェクト管理・タスク管理に強いツールです。チームで共有しているあらゆるタスクを管理・追跡しやすく、生産性の向上が期待できます。

基本無料で利用できる点、チーム全体で顧客管理しやすい点が魅力的です。ただし自社業務にマッチするよう、運用方法やテンプレートの制作など、カスタマイズの手間が発生します。またある程度以上の機能を求めると、有料プランへの加入が必要になります。

ここまで、無料で利用できる顧客管理ツールをご紹介しました。

無料ツールは自由度が高い反面、自社業務にマッチするよう利用する場合はカスタマイズの手間が発生します。また実際の運用に耐えられない、使い勝手が良くない、といった理由で「導入したけれど利用しなくなった」というケースも考えられます。

顧客管理をより効率化するのであれば、有料ツールの導入も同時に検討したいところです。しかし有料ツールはお金が発生する分、導入には慎重になるものです。そこで次は、ツール選びの失敗を避けるため、有料の顧客管理ツールの選び方をご紹介します。

「顧客管理ツールの導入失敗リスクを少しでも下げたい」と考えている方は、ぜひご一読ください。

有料の顧客管理ツールの選び方5つ

ここからは、有料の顧客管理ツールの選び方を5つご紹介します。

  1. 必要な機能で選ぶ
  2. 操作性で選ぶ
  3. 既存ツールと連携できるかで選ぶ
  4. サポート体制で選ぶ
  5. セキュリティ体制で選ぶ

有料ツールの導入失敗は避けたいもの。選ぶツールを間違えるリスクを下げるため、顧客管理ツールの選び方をチェックしてみましょう。

【選び方1】必要な機能で選ぶ

必要な機能を備えているかどうかは、顧客管理ツールを選ぶうえで重要なポイントです。

顧客情報をまとめるだけでなく、自社業務にマッチした機能を備えていると生産性アップが期待できます。顧客対応の効率化を考えている企業であれば、以下の機能を備えている顧客管理ツールがおすすめです。

  • 電話対応に役立つ顧客情報のポップアップ表示機能
  • メールの配信機能
  • アンケート作成や分析

顧客管理ツールを選ぶときは、導入の目的にあった機能を備えたツールを選ぶことが大切です。

【選び方2】操作性で選ぶ

顧客管理ツールを選ぶときは、操作しやすいか事前にチェックすることをおすすめします。

操作性が悪いと従業員がうまく使いこなせず、生産性の低下やシステムが利用されなくなるリスクがあるものです。

有料の顧客管理ツールの中には、一定期間は無料トライアルを設けているケースもあります。操作性は実際に触ってみないと分かりにくいところです。有料の顧客管理ツールを導入するなら、トライアルを活用して操作性を事前に確認しましょう。

【選び方3】既存ツールと連携できるかで選ぶ

既存ツールと連携できるかどうかも、顧客管理ツールを選ぶうえで見るべきポイントです。

顧客との連絡ツール(メールやメッセージアプリなど)と顧客管理ツールを連携できない場合、2つのツールを移動しながらデータを入力する必要があります。異なるツール間での連携ができないと、生産性の低下や入力ミスによるインシデントの発生リスクも考えられます。

現在利用しているツールと連携できるかどうか、顧客管理ツール導入前にぜひチェックしてみましょう。

【選び方4】サポート体制で選ぶ

サポート体制が充実しているかどうかも、顧客管理ツールを選ぶうえで重要なポイントです。

サポートを受け付けている時間帯が限られていたり、迅速にサポートしてくれる仕組みがなかったりすると、トラブルに対して迅速に対処できません。

トラブルの復旧が遅れると、業務効率の低下はもちろん場合によっては顧客からの信用を失う恐れもあります。サポート体制が充実しているかどうか、顧客管理ツールを契約する前のチェックをおすすめします。

【選び方5】セキュリティ体制で選ぶ

顧客管理に限らずツールを導入するうえで最重要なポイントは、セキュリティ体制が充実しているかどうかです。

企業の場合、顧客情報が流出すると顧客からの信用を失うだけでなく、事業の存続が脅かされる事態まで発展する恐れがあります。セキュリティ体制がしっかりしているかどうかは、ツールを導入するうえで最重要視したいところです。

セキュリティ対策で確認したいポイントの例を挙げると、以下の5つが挙げられます。

  1. 通信は暗号化されているか
  2. IPアドレス制限など、不正アクセスへの対策はあるか
  3. クラウドの場合は、実績のある大手データセンターを利用しているか
  4. バックアップデータはどんな頻度で行っているか
  5. 信頼のあるプライバシーマークを取得しているか

ここまで、顧客管理ツールの選び方についてご紹介しました。次はおすすめの顧客管理ツールについてご紹介します。

おすすめの顧客管理ツール10選

ここからは、おすすめの顧客管理ツールを10つご紹介します。

    1. カイクラ
    2. Zoho CRM
    3. GENIEE SFA/CRM(旧ちきゅう)
    4. KnowledgeSuite
    5. kintone
    6. HubSpot CRM
    7. SATORI
    8. Senses
    9. SalesforceCloud
    10. eセールスマネージャー

どれも優れた顧客管理ツールですが、特徴や月額料金が異なります。そこで次は、各サービスの概要を説明しております。自社業務にマッチする顧客管理ツールを探してみましょう。

【おすすめ1】カイクラ

出典元:カイクラ

ツール名 カイクラ
特徴 電話業務の効率化・顧客情報の一元管理に強い
料金 月額21,000円
初期費用161,000円
※1拠点あたりの料金です

顧客接点クラウド「カイクラ」は、電話業務の効率化に強い、クラウド型の顧客管理ツールです。カイクラを導入すると、電話の自動録音や通話内容の自動テキスト化が可能。さらにツールごとの顧客とのやりとりを、一つの画面で一元管理できます。

カイクラでは以下のように、他システムとの連携も可能。Chatwork上の顧客とのやりとりやSalesforceに記載したデータも、カイクラ上で共有できます。これにより、業務の効率化や記入ミスの防止はもちろん、担当者の不在時でも的確に業務を引き継ぎやすくなります。

「電話業務をより効率化したい」
「複数ツールで顧客とやりとりしており、対応履歴を管理しきれていない」

このように悩んでいる方は、この機会にカイクラの導入を検討してみませんか。カイクラの詳細について気になる方は、以下をチェックしてください。

\業務効率化と顧客満足度アップを実現!/
カイクラがよくわかる資料はこちら
▲たった4つの回答で無料ダウンロード可能

【おすすめ2】Zoho CRM

出典元:Zoho CRM

ツール名 Zoho CRM
特徴 営業支援に強い
料金 スタンダード:1,680円/月
プロフェッショナル:2,760円/月
エンタープライズ:4,800円/月
アルティメット:6,240円/月

Zoho CRMは、顧客管理だけでなく営業支援(SFA)、マーケティングリサーチ(MA)に必要な機能も備えているツールです。

顧客データと紐付けて管理できるのはもちろん、蓄積されたデータから営業活動を支援したり、マーケティングに必要な情報を管理したりできます。顧客管理のみならず、営業活動により力を入れていきたい企業向けのツールといえます。

Zoho CRMの詳細はこちら

【おすすめ3】GENIEE SFA/CRM(旧ちきゅう)

出典元:GENIEE SFA/CRM

ツール名 GENIEE SFA/CRM
特徴 シンプルな操作性かつ短期間で利用開始できる
料金 ライト:1,480円/月
スタンダード:2,980円/月
プロ:4,980円/月
エンタープライズ:9,800円/月

GENIEE SFA/CRMは、シンプルな管理画面が特徴の営業管理ツールです。

顧客管理だけでなく、商談のプロセス管理やタスク管理、レポート機能なども備えています。低価格かつ短期間で運用開始できる点も特徴です。営業力の強化を考えている企業向けのツールといえます。

GENIEE SFA/CRMの詳細はこちら

【おすすめ4】KnowledgeSuite

出典元:KnowledgeSuite

ツール名 KnowledgeSuite
特徴 テレワーク向けの機能が充実している
料金 グループウェア:10,000円/月
SFAスタンダード:50,000円/月
SFAプロフェッショナル:80,000円/月

KnowledgeSuiteは、SFAやCRMの機能を含んだ、オールインワンのシステムです。

顧客管理はもちろん、名刺のデジタル管理・活用や営業報告のデジタル化、テレワークを支援する機能などが提供されています。パソコンはもちろん、スマホやタブレットでも利用可能。テレワークや業務のデジタル化を考えている会社向けのツールといえます。

KnowledgeSuiteの詳細はこちら

【おすすめ5】kintone

出典元:kintone

ツール名 kintone
特徴 クラウド上での情報共有・管理に強い
料金 ライトコース:780円/月
スタンダードコース:1,500円/月

kintoneは、メールやエクセルなどに散らばっている情報を一つにまとめる機能に強いツールです。

SNSのように社内でコミュニケーションをとったり、情報をクラウド上でまとめてブラウザからアクセス・情報共有できたりします。社内の情報管理をクラウド上で行えるため、「テレワークを進めたい」「情報を一元管理したい」と考えている方におすすめです。

kintoneの詳細はこちら

【おすすめ6】HubSpot CRM

出典元:HubSpot CRM

ツール名 HubSpot CRM
特徴 営業力の強化に繋がる機能が豊富
料金 Starter:5,400円/月
Professional:96,000円/月
Enterprise:384,000円/月

HubSpot CRMは、顧客情報の管理や営業支援に強いツールです。

ダッシュボードは視覚的に分かりやすく、営業全体の最新状況を一目で把握しやすいです。営業活動の全体俯瞰はもちろん、個人の成績や売り上げ目標の達成状況の把握も可能。営業リーダーが業務に集中できるよう考えられています。

HubSpot CRMの詳細はこちら

【おすすめ7】SATORI

出典元:SATORI

ツール名 SATORI
特徴 マーケティング支援に強い
料金 初期費用:300,000円
月額費用:148,000円

SATORIは、見込み顧客の管理・育成を支援するマーケティングオートメーション(MA)ツールです。

リード(見込み顧客)を増やすための支援機能はもちろん、獲得したリードを一元管理する機能も搭載。見込み顧客の獲得・管理に便利なツールです。マーケティングに力を入れていきたい企業向けのツールと言えます。

SATORIの詳細はこちら

【おすすめ8】Senses

出典元:Senses

ツール名 Senses
特徴 営業活動を効率化する機能が豊富
料金 スターター:25,000円/月~
グロース:100,000円/月~
エンタープライズ:300,000円/月~

Sensesは営業・マーケティング支援機能に強いツールです。

Sensesに入力した情報は、チーム内で一元管理が可能。営業プロセスの可視化や過去の取引先とのやりとりなども管理できます。パソコンに限らず、スマホやタブレットからも作業可能です。営業活動に注力したい企業向けのツールといえます。

Sensesの詳細はこちら

【おすすめ9】SalesforceCloud

出典元:SalesforceCloud

ツール名 SalesforceCloud
特徴 営業支援の機能が豊富
料金 Essentials:3,000円/月
Professional:9,000円/月
Enterprise:18,000円/月
Unlimited:36,000円/月

SalesforceCloudは、顧客情報の管理だけでなく商談管理やプロセスの自動化など、営業活動を支援する機能に富んだツールです。

SalesforceCloudにはAIが活用されており、購入確度の高いお客様の洗い出しや売上予測などを把握できます。顧客管理はもちろん、より確度の高い営業活動を支援するツールと言えます。

SalesforceCloudの詳細はこちら

【おすすめ10】eセールスマネージャー

ツール名 eセールスマネージャー
特徴 情報の一元管理に強い
料金 ナレッジシェア(閲覧のみ):3,000円/月
スケジュールシェア(グループウェアのみ):6,000円/月
スタンダード:11,000円/月

eセールスマネージャーは、顧客情報などを一元管理できるのはもちろん、業務の効率化や営業戦略の立案をサポートするツールです。

機能が豊富なだけでなく、導入から運用までのサポート体制も充実しています。専属のチームがお客様の目的を達成するまでフォローアップ。直感的に使いやすいシステムや手厚いサポートが、eセールスマネージャーの特徴といえます。

eセールスマネージャーの詳細はこちら

まとめ:顧客管理ツールを導入して顧客満足度向上を図ろう

本記事は、顧客管理ツールについてご紹介しました。ここで紹介した内容をまとめます。

  • 顧客管理ツールを使用する主なメリットは「業務効率化」「セキュリティ対策」
  • 有料ツールを選ぶポイントは以下の5つ
    • 必要な機能で選ぶ
    • 操作性で選ぶ
    • 既存ツールと連携できるかで選ぶ
    • サポート体制で選ぶ
    • セキュリティ体制で選ぶ
  • おすすめ顧客管理ツールは「カイクラ」

顧客管理ツールは、機能面・セキュリティ面で優れている有料ツールがおすすめです。無料ツールも悪くはありませんが、業務効率アップやセキュリティ面での安心感を重視するなら、有料の顧客管理ツールをおすすめします。

「結局どのツールを検討すべきか分からない」と悩んでいる方は、この機会に顧客接点クラウド「カイクラ」の利用を検討してみませんか。カイクラでは、複数のツールで行っている顧客とのメッセージ履歴を一元管理できます。

カイクラは、電話業務の効率化にも強いです。たとえば以下の機能を利用できます。

  • 顧客からの着信時に、パソコン上へ顧客情報を表示
  • 自動通話録音、通話の自動テキスト化に対応
  • ChatworkやSalesforceなど、他のシステムとも連携しやすい

「顧客管理をより効率化したい」
「電話業務の負荷を少しでも下げたい」

このように考えている方は、カイクラの導入を検討してみませんか。サービスの詳細は以下から確認できるため、この機会にチェックしてみませんか。

\業務効率化と顧客満足度アップを実現!/
カイクラがよくわかる資料はこちら
▲たった4つの回答で無料ダウンロード可能

関連記事

  1. コミュニケーション手段や顧客情報の一元管理で業務の効率化を。おすすめの…

  2. 士業が顧客管理システムで解決できる課題とは?メリットや選び方も解説

  3. 【BtoB向け】顧客満足度調査で自社の強みがわかる?手順や回答率アップ…

  4. メルマガの開封率をアップさせるには?チェックポイントやノウハウをご紹介…

  5. 顧客対応のストレスの根本原因と令和時代の対処方法

  6. 人材派遣・人材紹介、双方の経験者が語る!電話業務を見直して、求職者に愛…

PAGE TOP