セミナー

人を増やさず、利益を増やす!
~1人当たり粗利1.5倍を実現する「経営者層」のためのデジタルツールと活用のポイント~

特別ゲスト 船井総合研究所様

内容

デジタルシフトの成果として目指すべきは「人時生産性」の向上(いかに少ない労働時間で粗利を最大化するか)です。
目安となる指標は粗利1.5倍。粗利を2割増、総労働時間を2割削減すれば達成できます(1.2/0.8=1.5)。

そのポイントは、「生産性向上/業務効率化」と「顧客対応力の向上」

本セミナーでは「粗利2割増」「総労働時間2割削減」を実現するツールのご紹介や具体的な活用のポイントを地方・中小零細企業の成功事例を元に分かりやすく解説します。

デジタルシフトを進めたいと漠然と考えている方、
取り組んでみたけど成果が出なかった方、
顧客対応力向上させて売上拡大を目指したい方、

生産性を高めたい経営者の方は是非ご参加ください。

講座

【第1部】
経営者がコロナ禍で知っておくべきこと

ゲスト講師

富澤 幸司
(株式会社船井総合研究所
デジタルイノベーションラボ シニアエキスパート)

・拡がる「デジタル格差」
・「7割経済」対応
・デジタルシフトにおける目標設定

地方・中小零細のデジタルシフト成功事例2選
・ヒトを増やさず粗利3倍を実現している企業
・オンライン営業で案件数、受注単価130%を実現した企業
・使用しているツールと活用のポイント

【第2部】
時短×効果的な顧客対応をめざす
~生産性&顧客対応力向上のための顧客接点クラウド活用術~

講師

今村 聖
(株式会社シンカ インサイドセールスグループ)

売上アップのためには、顧客関係強化が重要です。

そのためには、電話やメールなど、さまざまな顧客接点を有効活用する必要があります。
顧客接点クラウドを活用すると、顧客接点時に効果的な対応を行うことが可能なだけでなく、顧客対応にかかっていた時間を大幅削減することが可能です。

そこで、本講座では、
・顧客接点クラウド「カイクラ」とは?
・顧客対応力向上のためのポイントとは?
・顧客満足度を向上させる顧客接点とは?
・顧客対応を効率化し、時短を実現する方法とは?

といった生産性&顧客対応力向上について、
成功している企業様の事例とあわせてお届けします。

【第3部】
経営者を劇的に効率化させたデジタルツール5選

ゲスト講師

富澤 幸司
(株式会社船井総合研究所
デジタルイノベーションラボ シニアエキスパート)

・日々のコミュニケーションをデジタルで効率化する方法
・日々の情報収集をデジタルで効率化する方法
・他3選

日程

2020年12月18日(金) 16:00-17:30

主催

株式会社シンカ

参加費

無料

会場

オンライン開催
※ご登録いただいたメールアドレス宛に、オンラインで視聴できるURLをお送りします

「カイクラ」をご検討されているお客様へ

カイクラで、顧客情報と対応履歴を一元管理し、
チームで常に最新情報を共有しませんか?

お電話でのお問い合わせ: 03-6721-0415 (平日9:30〜17:00)